教育支援|文京学院大学

教育支援|文京学院大学

文京学院大学トップページ 在学生の方| 教育支援奨学金・奨励金制度

奨学金・奨励金制度

shogakukin_photo01.jpg

 

経済的な支援制度として次の制度があります。詳しくは学生支援グループに問い合わせてください。

(1) 日本学生支援機構奨学金

  日本学生支援機構は、経済的理由により修学が困難な学生に学費を貸与し、修学を援助することを目的としている育英機関です。希望者は、4 月の説明会に必ず出席してください。日時・会場は、奨学金掲示板に掲示します。奨学金は、卒業後返還する義務があるということを自覚し、申請には慎重を期してください。

 

日本学生支援機構ホームページ

 

種類 貸与月額 貸与期間 申込受付 貸与決定
第一種奨学金
(無利子)
自宅通学者 大学 3万円、5.4万円から選択
自宅外通学者 大学 3万円、6.4万円から選択
大学院(修士) 5万円、8.8万円から選択
最短修業
期間
4 月

6月

(予定)

※第二種奨学金
(有利子)
大学 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択
大学院(修士) 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から選択

○奨学金を申込むときには、機関保証制度または人的保証制度(連帯保証人・保証人)を選択する必要があります。機関保証制度は、一定の保証料を支払うことで、自分の意思と責任において奨学金の申込みができる制度です。
※第二種奨学金の利率は、①利率固定型 ②利率見直し型のいずれかを学生が選択できます。

shogakukin_pic01.jpg shogakukin_pic02.jpg

平成29年度日本学生支援機構奨学金説明会について(本郷キャンパス)

奨学金の申し込みをしたい方は、こちらのページをご参考のうえ説明会に参加してください。

 

(2)本学独自の支援制度

奨学金名称   出願時期 奨学金額
B'sエデュケーション 教育支援奨学金

前期成績発表後
(9月中旬)から

10月15日迄

年額36万円
B'sライフ 島田依史子記念奨学金 例年5月〜6月 授業料の年額または半期額
B'sアブロード


*留学に関わる奨学金・奨励金
については「最新版の留学制
度案内」をご参照ください。
(GSIオフィスにあります)
留学特別奨学金 1月/10月

・50,000円/3週間

(ブルガリア)

・200,000〜300,000円/1セメスター

(留学先の国により異なる)

・300,000〜500,000円/2セメスター

(留学先の国により異なる)

長期一般派遣留学奨学金 4月・10月 前期/後期の授業料
短期留学奨学金 12月 50,000〜100,000円
(留学費用の実績に基づく)
セメスター認定留学奨学金 1月・6月

100,000〜200,000円

(留学先の国により異なる)

B'sフィールド フィールドワーク奨学金 年度の6月 200,000円
B'sインターンシップ 海外インターンシップ奨学金 修了年度の3月末迄 50,000円〜100,000円
B'sインターナショナル 私費外国人留学生奨学金 減免を受ける年度の前年度
の2 月末迄。新入生は入学
年度の4月末迄
授業料の3割
B'sグラデュエイト 教育訓練給費制度 大学院修了年度の11月中旬 厚労相の定める額
B'sサーティフィケーション 検定試験等奨学金申請書 例年2月〜3月 受験料相当金額
上級ライセンス取得実践
(夏季集中講座)受講料半額
指定期間内随時 取得対策講座受講料半額減免
B'sパブリック 学長顕彰 前期・後期 商品券(3万円分)
B'sコラボレーション

国際協力・貢献コース

「国際協力フィールドワーク

実践」奨学金制度

「国際協力フィールドワーク
実践」科目修了時(後期)
渡航費の約2割
(30,000円〜60,000円)

 

(3)各都道府県の介護福祉士等修学資金貸付制度

  福祉・介護職を目指す介護福祉士養成課程の履修者(1 年生のみ)は、各都道府県の「修学資金貸付制度」を利用することができます。同制度は、卒業後貸付を受けた都道府県内で介護または相談援助の職に就こうとする者が対象。月額5 万円のほか、入学準備金として20 万円、就職準備金として20 万円の借り受けができます。貸付期間は入学時から4 年間です。なお、介護または相談援助の業務に5 年間就いた場合には、全学返済が免除されます。

 

(4)私費外国人留学生のための奨学金(学習奨励費)
  日本学生支援機構は、大学等に入学した「私費外国人留学生」で、学業・人物ともに優れ、かつ留学生活を続けていくために経済的な援助を必要とする学生に、学習奨励費(平成28年度月額48,000 円)を支給する制度を設けています。
  その目的は、学習効果を一層高め、わが国と諸外国との教育交流に寄与することです。応募方法は、掲示板に掲示します。学生支援グループで申請手続きをおこなってください。