教育支援|文京学院大学

教育支援|文京学院大学

文京学院大学トップページ 在学生の方| 教育支援【NEW!】2021年度 奨学金採用情報

【NEW!】2021年度 奨学金採用情報

 

こちらのページは、

・国の高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金/授業料減免)

・日本学生支援機構(JASSO)の貸与型奨学金

 の2021年度における採用情報のご案内です。上記以外の奨学金の採用情報はこちらからご確認ください。

   

 

最新情報

【学生等の学びを継続するための緊急給付金」のお知らせ】  

  新型コロナウイルス感染症拡大の影響で 修学の継続が困難になっている学生を緊急に支援するため、国により「学生等の

  学びを継続するための緊急給付金」制度が創設されました。下記申込事項をよく読み、希望する学生は期限までに申請して

  ください。

  なお、日本学生支援機構の給付奨学金を受けている方で、12月10日(金)にお振込みがあった方は申請の必要はありません

  (別途連絡済)。

  

 【申込手順】

  ➀申請を希望する方は、下記のFormsから入力して下さい。

 

   申請書入力Formsはこちら

 

   申請書入力期限:2022年1月6日(木)23:59まで

    ※期日以降の申込は一切できません。期限内に入力してください。

   

  ➁申請後、期日までに下記書類を所属キャンパスの学生支援グループまで持参もしくは郵送してください。

 

   誓約書その他必要な書類:2022年1月11日(火)17:00必着

  

 【提出書類】

   ➀誓約書(申請者全員必須

    誓約書ダウンロードはこちら

   ➁自宅外通学であるということの証明書類(賃貸借契約書等)のコピー自宅外通学の方のみ

   ③通帳口座コピー日本学生支援機構修学支援新制度・貸与奨学生の方は不要

   ➃アルバイト先からの給与明細【任意 減額前、減額後がわかるもの】

 

 ≪学生の学びを継続するための緊急給付金概要≫

  ◆支給額:10万円

   ※申請者(学生)の本人名義の口座に振り込まれます。(本人名義の口座が無い人は口座を開設する必要があります。)

 

  ◆対象学生

   下記の支給対象者の要件を満たす学部生および大学院生。

   ただし、下記のすべての要件を満たさなくても、事情によっては給付が認められる場合がありますので、

    経済的支援が必要だと思う方は申請してください。

 

  ◆支給要件(基準)

   (1) 原則として自宅外で生活をしている(自宅生についても、経済的に家庭から自立している学生等は対象)

    ※自宅外で生活しているとは、学生が生計維持者のもとを離れて家賃を支払って生活している状態のことです。

    自宅外通学であるということの証明書類(アパート等の賃貸借契約書のコピー等)の提出が必要です。

   (2) 家庭からの多額の仕送りを受けていない

    ※多額の仕送りとは、家庭からの仕送り額年間150万円以上(授業料を含む 入学料を含まない)を目安とします。

   (3) 家庭(両親のいずれか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない

   (4) 新型コロナウイルス感染症によりアルバイト収入に影響を受けており、次の1)~3)のいずれかの状況となっている

    1)コロナの影響で想定していたアルバイト収入が得られない状況が継続している

    2)コロナ禍前と比較して、アルバイト収入が大きく減少(50%以上減少)し(※)、その状況が本年度になっても

      改善していない

    3)アルバイト収入が増加や一定水準に達していたとしても、家庭の経済状況が悪化したこと等の理由により、

      アルバイト収入を増やさざるを得ず、修学の継続が困難となっている。アルバイト先が雇用調整助成金の支援対象と

      なっており、かつ雇用主から休業手当が支払われている場合は、当該手当をアルバイト収入とみなします。

    (※)2020年1月以降で、アルバイト収入が大きく減少した月が「当月」となります。

   (5) 既存制度について右記1)~3)の条件のうちいずれかを満たす

    1)修学支援新制度に申込み又は利用予定の者で、第一種奨学金(無利子)の限度額まで利用している者

    2)修学支援新制度の対象外で、第一種奨学金(無利子)の限度額まで利用している者

    3)要件を満たさないため修学支援新制度又は第一種奨学金(無利子)を利用できないが、大学独自の奨学金や

      民間等を含め申請が可能な支援制度を利用(予定)している者

   ★詳細に関しては、文部科学省HPに掲載されている「申請の手引き(PDF)」を確認してください。

 

 

 【問い合わせ先】

  【年末年始休業期間】2021年12月28日(火)〜2022年1月6日(木)

   休業期間中は、お問い合わせ・メール等の対応はできませんのでご了承ください。

 

   本郷キャンパス 学生支援グループ

    TEL:03-5684-4811  e-mail:h-gakusei@bgu.ac.jp

    窓口時間:平日8:45~17:00

   【提出書類の郵送先(本郷キャンパス)】

    〒113-8668 東京都文京区向丘1-19-1

      文京学院大学学生支援グループ奨学金担当者宛

    

   ふじみ野キャンパス 学生支援グループ

    TEL:049-266-0035  e-mail:f-gakushi@bgu.ac.jp

    窓口時間:平日9:00~17:00

   【提出書類の郵送先(ふじみ野キャンパス】    

    〒356-8533 埼玉県ふじみ野市亀久保1196

     文京学院大学学生支援グループ奨学金担当者宛

 

【緊急特別無利子貸与型奨学金のお知らせ】

 <概要>

  新型コロナウイルスにより経済的な影響を受けている学生への緊急対応措置として、経済的困難な学生が安心して学業を

  継続できるよう、緊急的に一定期間(2022年3月まで)、特別の貸与を行う「緊急特別無利子貸与型奨学金」事業を日本

  学生支援機構が実施します。

  この奨学金は、日本学生支援機構貸与奨学金(第二種奨学金(有利子))制度を利用しつつ利子分を国が補填し、実質無利子

  にて貸与されるものです。

  ※推薦時、第二種奨学金の貸与を受けている方は申し込みできません!

 

  ≪採用要件≫

  以下のすべてに当てはまるもの。

  ・第二種奨学金の基準(人物・学力・家計)を満たしていること

  ・推薦時において、第二種奨学金の貸与を受けていないこと(令和3年度第二種奨学金予約採用候補者で進学届提出により

   採用予定の方も対象となりません)

  ・家庭から多額の仕送りを受けていないこと(仕送り額が年間150万円以上ではないこと)

  ・生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高いこと

  ・学生本人のアルバイト収入について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少したこと(「緊急事態宣言」

   「まん延防止等重点措置」の実施区域となったこと等により、令和3年度において新型コロナウイルス感染症拡大の影響で

   アルバイト収入が50%以上減少した。予定していたアルバイトにつけず見込んでいた収入が得られなくなった等)

 

  ≪貸与期間≫

   「緊急事態宣言」または「まん延防止等重点装置」の適用に伴い、アルバイト収入が大幅に減少した月以降で希望する月

   から2022年3月まで(2021(令和3)年度限りの貸与となります)

   ※貸与金額は、第二種奨学金と同様の額を選択できます。

  

   ≪貸与金額≫

   月額20,000円~120,000円で、1万円単位で選択することができます。

 

  (参考:第二種奨学金申込基準について)

   https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/koho_kettei/daigaku/index.html

 

  ≪資料請求期限≫

   2022年1月19日(水)まで随時受付(期限延長しました)。資料を希望する方は所属するキャンパスの

   学生支援グループまでお問い合わせください。

   

【全学年対象】

 <家計が急変したことにより、奨学金を希望する方へ>

   

   生計維持者の死亡や事故・病気、コロナウイルス感染拡大の影響等で家計が急変したことにより、給付奨学金、

   貸与奨学金を希望される方は、日本学生支援機構ホームページを確認をしていただき、事由に該当する場合

   所属キャンパス学生支援グループまで、お問合せください。

   申請書類提出後、3~4カ月程度の審査期間を要しますので、ご了承ください。

  

  <日本学生支援機構ホームページ>

   ■給付奨学金(家計急変)ページ    ⇒ 【こちら

   ■貸与奨学金(緊急・応急採用)ページ ⇒ 【こちら

   ■進学資金シミュレーター       ⇒ 【こちら

  

  

 <災害救助法適用地域で、奨学金を希望する方へ>

  災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより貸与、または給付奨学金を希望される

  方は、「罹災証明書」等の証明書類を提出することにより、採用となる可能性があります

   

  ■更新情報■

  ・令和3年福島県沖を震源とする地震に係る災害救助法適用地域について、情報が追加されています(適用日:2月13日)

  ・令和3年栃木県足利市における大規模火災による災害救助法適用地域について、情報が追加されています

  (適用日:3月2日)

  ・令和3年新潟県糸魚川市における地滑りに係る災害救助法適用地域について、情報が追加されています(適用日:3月4日)

  ・島根県松江市における大規模火災に係る災害救助法適用地域について、情報が追加されています(適用日:4月1日)

  ・熱海市における大雨による災害に係る災害救助法適用地域について、情報が追加されています(適用日:7月3日)

  ・青森県一部地域における温帯低気圧に伴う災害に係る災害救助法適用地域について、情報が追加されています

  (適用日:8月10日)

  ・8月11日からの大雨による災害に係る災害救助法適用地域について、情報が追加されています(適用日:8月12日、13日)

  ・長野県茅野市において発生した土石流にかかる災害救助法適用地域について、情報が追加されています(適用日:9月5日)

 

  ■1年以内の災害救助法適用地域
   https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/chiiki/genzai.html

  

   加えて災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒並びに同地域に勤務し勤務先が

   被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかったものについても、採用できる場合があります。

   また「JASSO災害支援金」についてもご案内いたしますので、詳細は下記リンクをご参照ください。

  

  ■JASSO災害支援金について
   https://www.jasso.go.jp/gakusei/shienkin/index.html

    申請を希望する方は、所属キャンパスの学生支援グループまでご相談ください。