教育支援|文京学院大学

教育支援|文京学院大学

文京学院大学トップページ 在学生の方| 教育支援修学支援新制度(給付奨学金・授業料減免)を受けている方へ

修学支援新制度(給付奨学金・授業料減免)を受けている方へ

 

【採用後の年間スケジュール】

 

無題.jpg

 ※採用後の手続きに関しては、都度ご案内しますので、掲示板・HP・学生支援グループSNSにて確認をしてください。

 
【最新情報】 

 

【家計急変採用者向け案内】 

・・
★【支給開始月:4月度の方】「家計急変現況届」および「所得証明書類」の提出が必要です。

  家計急変による採用者は、3カ月ごと(家計急変の事由発生から15カ月経過後は1年ごと)に家計基準による

  支援区分の見直し審査が行われます。

・・

  ※支給開始月:2020年4月度・2021年4月度の方は、以下の審査書類を所属キャンパスへご提出ください。

   ・家計急変現況届 ・家計急変後の所得を証明する書類【4~6月分】 ・(自営業のみ)自営業等の所得金額計算書

  ・・

  提出締切2021年7月26日(月) 必着 

  提出書類は下記より、各自ダウンロード・印刷をして所得証明書類と合わせて提出してください。

   ♦家計急変現況届         ⇒ ダウンロード

   ♦(様式)自営業等の所得金額計算書 ⇒ ダウンロード ※自営業で帳簿提出する場合、提出必要

・・

 

・・

【修学支援新制度 採用者共通】
★2021年7月度は、受給資格継続のための手続き【2種類】を実施する必要があります。(※要対応)

 

 

1. 給付奨学生「在籍報告(令和3年7月報告)」手続きについて 
  新制度の給付奨学金採用者は、毎年4月・7月・10月に 「在籍報告」により在籍状況や通学形態について、
  インターネット(スカラネット・パーソナル)を通じて、日本学生支援機構へ届け出る必要があります。
  詳細は下記資料をご確認いただき、手続きを行ってください。
 
  【手続き対象】・給付奨学金を受給している者 ・ 休学中であり、給付奨学金の支給が停止している者 
         ・2020年10月の家計基準に係る支援区分見直し審査で支援区分外になっている者
  
  入力締切:2021年7月5日(月)~7月26日(月)
  資  料:「在籍報告(兼通学形態変更届)」手続き案内(7月)   ⇒ ダウンロード
       在籍報告(兼通学形態変更届)」の提出(入力)手続き   ⇒ ダウンロード
       給付奨学金 『自宅外通学証明書類』提出書」        ⇒  ウンロード
       給付奨学金 『在留資格証明書類』提出書」        ⇒  ダウンロード
   
   ※【2021年4月-6月に採用された方】は、先ず「スカラネット・パーソナル」の新規登録をしてください。
       資料:スカラネットパーソナル登録の案内書 ⇒ ダウンロード
・・・

  ※上記期間内に入力(提出)がない場合は、日本学生支援機構において翌月8月以降の給付奨学金の振込を止めます。

    その場合、学生支援グループにお問合せいただいても、対応しかねますので、ご了承ください。

 

 

2.「2021年度後期 授業料等減免『継続願』」手続きについて 
   新制度の給付奨学金採用者は、半期ごとに、給付の支援区分に応じた授業料等減免を受けることができます。
   2021年後期の授業料減免の適用を受けるためには、『継続申請書』を本学へ紙面にて提出する必要があります。
   詳細は下記資料をご確認いただき、手続きを行ってください。
 
  【手続き対象】・給付奨学金を受給している者 ・ 休学中だが、2021年後期中に復学予定の者 
         ・2020年10月の家計基準に係る支援区分見直し審査で支援区分外になっている者
  
  提出締切:2021年7月26日(月) 必着  
  資  料:「2021年度後期 授業料減免『継続願』」手続き案内   ⇒ ダウンロード
        授業料減免の対象者の認定の継続に関する申請書     ⇒ ダウンロード
      
  ※ 上記期日までに未提出の方は、2021年度後期の授業料減免の適用はありませんのでご注意ください。
   なお、2021年10月に実施される、家計基準に係る支援区分見直し審査の結果で適用有無を判断いたします。
   「継続願」の提出は2021年後期の授業料減免を保証するものではありませんので、ご了承ください。

 

 

・・・
【重要なお知らせ】
★2021年10月:家計基準に係る『適格認定』(支援区分見直し)が実施されます。

  修学支援新制度の採用者は、毎年10月に日本学生支援機構のほうで、提出されているマイナンバーを利用し、奨学生本人

  及び生計維持者(父母等)の経済状況応じた家計基準に係る「適格認定」(家計による支援区分の見直し審査)を行い、

  毎年10月から翌年9月までの1年間の支援区分を決定します。(年1回実施)

  ※本年度の適格認定では、2020年1月~2020年12月までの、家計状況(世帯収入)に基づき審査が行われます。

  

  ※2021年10月からの支援区分を確認してください。

  (次回の区分審査で、2021年10月~2022年9月までの支援区分が確定します。)

  支援区分の見直しの結果は、9月中旬頃になりましたら、スカラネット・パーソナルで確認することができます。

  ログイン後、「詳細情報」のタブから新制度の給付奨学生番号を選んだ後、「支援区分適用履歴」で確認してください。

 

 

支援区分の変更があった場合>

 

  ■支援区分の見直しの結果、支援区分に変更があった場合、2021年10月以降の給付奨学金の月額が変更されます

  ■支援区分の見直しの結果、支援区分に変更があった場合、2021年度後期以降の授業料免除額が変わります

  ■給付奨学金と併せて第一種奨学金を受けている場合は、第一種奨学金の貸与月額も変更される場合があります。

  ■いずれの支援区分にも該当しない場合は支援対象外となり、2021年10月以降の給付奨学金支給が止まり、

   2021年後期からの授業料減免の適用もありません。(2022年9月分まで)

  

 

<支援区分の審査等に疑問があった場合>

 

  日本学生支援機構がマイナンバーの情報に基づく収入状況(最新年度の市町村民税の課税情報等)を審査した結果となりま

  す。機構ホームページに家計基準をより具体的に確認できる方法として「支給額算定基準額の計算手順」を掲載しています。

  ⇒ご自身で結果を確認されたい方は こちら

 

 

【2021年度 採用者向け案内】

 

給付奨学生証送付のお知らせ

   2021年度 給付奨学金 予約採用者*・在学(新規)採用者の方は、給付奨学生証を送付しております。

  紛失なさらぬよう大切に保管して下さい。

  貸与奨学金を併用で利用されている方は、日本学生支援機構貸与型奨学金 貸与中の方へ】のページにて

  返還誓約書の手続きを進めてください。

 

  [自宅外通学の方]

  給付の方で自宅外通学の方は、採用時は自宅通学の金額が振り込まれています。

  自宅外通学について、採用後に日本学生支援機構より審査が入り、審査が通り次第採用された月から遡り入金があります。

 

  [給付奨学生のしおり]

  給付奨学生証の裏面QRコードより、「給付奨学生のしおり」へアクセスできます。

 

  ★2021年度給付奨学生のしおり(WEB版)はこちらからも閲覧できます。

   *予約採用とは、令和3年度大学へ進学した方で、高校在学時にすでに申請を行っており、「採用候補者決定通知」を受け取っている方の採用です。

  

 

・・
【問い合わせ先】
 ※現在の運営体制の都合上、下記時間内でもご対応いたしかねる場合があります。予めご了承ください。
 ※電話がつながらない場合は、メールにてお問い合わせください。
 
  本郷キャンパス 学生支援グループ
   TEL:03-5684-4811 e-mail:h-gakusei@bgu.ac.jp
   窓口時間:平日8:45~18:00
        土曜8:45~13:00 
 
  ふじみ野キャンパス 学生支援グループ
   TEL:049-266-0035 e-mail:f-gakushi@bgu.ac.jp
   窓口時間:平日9:00~18:00
        土曜9:00~13:00