教育支援|文京学院大学

教育支援|文京学院大学

文京学院大学トップページ 在学生の方| 教育支援

学生支援緊急給付金

2020年7月8日更新

【学生支援緊急給付金(2次募集)のお知らせ】 ※募集は終了しました

 文部科学省により創設された学生支援緊急給付事業「「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』」の申請については、

 既に日本学生支援機構への推薦を終えておりますが、この度、2次募集の実施を行うこととなりました。要件を満たす者は、

 下記期限までに申請してください。(要件を一つでも満たさない場合は推薦対象外となる可能性があります。)

 

【学生支援緊急給付金とは】

  特に家庭から自立した学生等においては今回の新型コロナウイルス感染症拡大による影響でアルバイト収入が

 大幅に減少し、大学等を中退せざるを得ないような事態も想定されることから、修学の継続が困難になっている

 学生等に対し、独立行政法人日本学生支援機構から現金を支給することで支援を行うものです。

 ※各大学に推薦枠が割り振られ、厳正なる審査により支給者を決定します。

  

【申請期間】 

 LINE申請  令和2年7月15日(水) 17:00迄

 郵送申請   令和2年7月15日(水) 消印有効

 ※募集は終了しました 

 

 今回の募集は、1次募集時に申請が間に合わなかった者を対象とします。

 なお、既に1次募集において申請を行っており、推薦の対象外となった学生は、今回の2次募集の申請に関して別途手続きは

 必要ありません。(そのまま2次推薦の選考対象となります。ただし申請内容に不備がないか再度の確認を行ってください。

 その場合の追加・修正は可能です。)

 申請用フォームURLを他人と共有・使い回ししないでください。適切な手続きができず、申請できなくなる場合があります。

 締切日に申請内容に不備がないか最終確認をしてください。

  
【申請書類】

 申請につきましては2種類の申請方法がありますので、申請の手続き・注意事項をご確認のうえ、

 どちらかの方法で申請をしてください。

 

 ・【文京学院大学】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』申請の手引き  ダウンロード

 ・申請時における注意事項 ダウンロード (5月27日情報追加)

 

  

 <LINEでの申請を希望される方> 

  下記URLよりアクセスしてください。↓

  https://gakusei-kyufu.lineml.jp/t/57314881

  
  【注意事項】
   ※申請の際は、必要書類を全てお手元に用意した上で申請手続きを行ってください。
   ※必要書類は写真で撮影し、アップロードしていただきます。
   ※LINE申請 設問3「申し送り事項」には、証明書提出が困難な理由等、詳しく記入をしてください。
   
  
   操作方法について、下記URLより説明動画を確認した上で申請を行ってください。

   https://www.youtube.com/watch?v=I1n5tiDzQx4&feature=youtu.be 

   

 <郵送で申請を希望される方>

  ・ 様式1 申請書  【 ダウンロード

  ・ 様式2 誓約書  【 ダウンロード

   

  ※郵送で申請される方は、様式1申請書、様式2誓約書に加え、必要な添付書類(申請書P3確認)を揃えて、

   申請書類一式としてご提出ください。なお、申請書類一式の提出は、特定記録郵便、レターパック等、

   記録の残る方法で郵送してください。

 
【支給額】
 住民税非課税世帯の学生等:20万円
 上記以外の学生等    :10万円

  1次推薦によって10万円が支給された学生の内、住民税非課税の世帯であることの証明書が追加提出できる学生には、

  10万円を追加給付する推薦をしますので学生支援グループまでお申し出ください。

 
【支給対象者の要件】
 家庭から自立してアルバイト等により学費を賄っていることや、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でその収入が大幅に

 減少していることなどの要件を満たすことを求めていますが、最終的には申請内容を踏まえて大学等において判断します。

 
  

 1.以下の①~⑥を満たす者(留学生等については、①~⑤及び⑦を満たす者)

  ① 家庭からの多額の仕送りを受けていない

   ※家庭からの多額の仕送りを受けるとは、年額150万円以上が対象になります。対象外の場合は「受けていない」

    を選択してください。

 

  ② 原則として自宅外で生活をしている

   ※自宅外で生活しているとは、あなたが生計維持者のもとを離れて家賃を支払って生活している状態のことをいいます。

    申請にあたっては自宅外通学であるということの証明書類(アパート等の賃貸借契約書のコピー等)の提出が必要です。

    また、自宅で生活していても経済的に家庭から自立している場合は「該当する」を選択し、申し送り事項に、家族から

   学費等の援助を受けておらず、自ら賄っていることなどを具体的に記入してください。

 

  ③ 生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い

   ※普段からアルバイト収入の半分以上を生活費や学費に充てている場合は「割合が高い」を選択してください。

    また、今年度アルバイトを予定しており、予定していたアルバイト収入が得られなかった場合も、「割合が高い」を

    選択してください。その場合は申し送り事項に、そのような事情を記入してください。

 

  ④ 家庭(両親のいずれか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない

   ※アルバイト収入減少分の支援が見込めない場合は「期待できない」を選択してください。

  

  ⑤ コロナ感染症の影響でアルバイト収入(雇用調整助成金による休業補償を含む)が大幅に減少 

   (前月比の50%以上減少)している

   ※2020年1月以降で前月比50%以上減少している場合は「大幅に減少している」を選択してください。

   また、今年度アルバイトを予定しており、予定していたアルバイト収入が得られなかった場合も、「大幅に減少している」

   を選択してください。その場合は申し送り事項に、そのような事情を記入してください。

   なお、あなたが勤めるアルバイト先が雇用調整助成金の支援対象となっており、かつ雇用主から休業手当が支払われている

   場合は当該手当をアルバイト収入とみなします。

    

  ⑥ 既存制度について以下の条件のうちいずれかを満たす
   1)高等教育の修学支援新制度(以下、新制度)の第Ⅰ区分の受給者
   2)新制度の第Ⅱ区分または第Ⅲ区分の受給者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の併給が可能なものに

     あっては、限度額まで利用している者又は利用を予定している者

   3)新制度に申込みをしている者又は利用を予定している者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用

     している者又は利用を予定している者
   4)新制度の対象外であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者
   5)要件を満たさないため新制度又は第一種奨学金(無利子奨学金)を利用できないが、民間等を含め申請が可能な支援

      制度の利用を予定している者

 
  ⑦ 留学生等(日本語教育機関の生徒を含む)については、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、経済的に困窮して

   いることに加えて、以下の要件を満たすことが必要。(「外国人留学生学修奨励費」等と同様。)

   1)学業成績が優秀な者であること。具体的には、前年度の成績評価係数が 2.30 以上であること
   2)1か月の出席率が8割以上であること
   3)仕送りが平均月額 90,000 円以下であること(入学料・授業料等は含まない。)
   4)在日している扶養者の年収が 500 万円未満であること
   

 2.上記1.を考慮した上で、経済的理由により大学等での修学の継続が困難であると大学等が必要性を認める者

 

  ※第Ⅰ区分、第Ⅱ区分、第Ⅲ区分とは、高等教育の修学支援新制度における収入基準に基づく支援区分のことを指します。

   具体的な収入基準は以下のとおりです。

 

    第Ⅰ区分...あなたと生計維持者の市町村税所得割が非課税であること
    第Ⅱ区分...あなたと生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
    第Ⅲ区分...あなたと生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること

 

【お問い合わせ先・申請書類送付先】

 所属キャンパス学生支援グループまでお問合せください。
  

 本郷キャンパス 学生支援グループ> 

   住所 :〒113-8668 東京都文京区向丘1-19-1

   TEL :03-5684-4811(平日 9:00~17:00)

   Email :h-gakusei@bgu.ac.jp

   

 <ふじみ野キャンパス 学生支援グループ>

   住所 :〒356-8533 埼玉県ふじみ野市亀久保1196

   TEL :049-266-0035(平日 9:00~17:00)

   Email :f-gakushi@bgu.ac.jp

国の高等教育の修学支援新制度について

2020年4月から、真に支援が必要な低所得者世帯の者に対して、大学、短期大学、高等専門学校(4~5年生)、専修学校専門課程における授業料等減免制度の創設と併せて給付奨学金が拡充されます。新制度への申込を希望される方は下記詳細をご確認ください。(文部科学省のホームページはこちら
 
【修学支援新制度の資料請求・申請について】
  
 新修学支援新制度の資料請求・申請については各キャンパスの「学生支援グループ」にて受け付けております。申請を希望する方や、申請するにあたって相談のある場合は、下記リンクよりメールまたはお電話にてお問い合わせください。
 
 ※本郷キャンパスの方→ 【各相談窓口(本郷キャンパス)】
 ※ふじみ野キャンパスの方→ 【各相談窓口(ふじみ野キャンパス)】
 
 ◆資料請求の期限:前期定期採用の申請受付は終了しました。
          ※家計急変採用を希望される場合は所属キャンパス学生支援グループまでお問合せください。
  
 ◆メールでのお問い合わせの際は
   ①氏名
   ②学籍番号
   ③ご本人の連絡先
   ④保護者様の連絡先
   ⑤お問い合わせ内容
  を必ずご記入ください。資料送付希望の方は、送付先ご住所を明記してください。
 
 
【令和2年7月3日からの大雨による災害を受けた方へ】
 
 当該の災害により家計が急変し、奨学金を希望する者について、給付奨学金の家計急変採用、及び 貸与奨学金の緊急・
 応急採用の申込みを受け付けます。
 
 申込希望の方は所属キャンパス学生支援グループのメールアドレスまでご連絡をください。
    
新型コロナウイルス感染症に係わる影響を受けて家計が急変した方へ】
   
 予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には
 急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば給付奨学金の支援対象となります。
 家計急変に関する詳細はこちらからご確認ください。
 申込希望の方は、上記の各キャンパス【各相談窓口】よりお問い合わせください。
 ※申込後、採用結果まで3~4ヵ月程度掛かります。
    
【修学支援新制度(給付型奨学金・授業料減免) 説明会資料等】
   
  <予約採用>(高校で予約をされた方)
   ①日本学生支援機構 予約採用動画 ⇒ こちら
   ②予約採用者向け説明会資料    ⇒ 本郷キャンパス  :本郷】予約採用説明会資料.pdf
                      ふじみ野キャンパス:【ふじみ野】 予約採用説明会資料.pdf
  
  <新規採用>(新しく申込をされたい方)
   ①新規採用者向け説明会資料   ⇒ 本郷キャンパス  :本郷】修学支援新規採用説明会資料.pdf
                     ふじみ野キャンパス:【ふじみ野】修学支援新規採用説明会資料.pdf
   ②学修計画書(データ入力用)  ⇒ 学修計画書(EXCEL).xlsx
   
【訂正】〈貸与奨学金案内 スカラネット下書き用紙〉p5
    〈進学届入力下書き用紙〉p6
    に訂正がございます。   正誤表はこちら
  
【※注意※ 第一種奨学金との併給制限があります】
  
  新しい給付奨学金と併せて第一種奨学金を利用する人については、第一種奨学金の貸与を受けられる月額の上限額が
  制限されます(希望する月額が貸与できない場合があります)。
 
  第一種奨学金を利用している人が新しい給付奨学金を受給する際は、給付奨学金を受給している間、
  貸与月額が調整(減額又は増額)されます(「給付奨学金確認書」において承諾することになります)。
  
【申請にあたっての学業・家計等に係る基準の確認】
 
 <学業基準>
 ・2020年度入学者  ★次の1~3のいずれかに該当すること
 1)高等学校等における評定平均値が3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位1/2の範囲に属すること
 2)高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
 3)将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
 
 ・在学生  ★次の1~2のいずれかに該当すること
 1)GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
 2)修得した単位数の合計数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、
   活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
    ※ 標準単位数 = 卒業に必要な単位数 / 修業年限 × 申請者の在学年数 
 
年度終了後修得単位数.png
    ※過去に留年、現在留年中の方は申込みできません。
 <家計基準>
  ①所得要件
   住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生等
   具体的には、以下の支援区分(第Ⅰ区分~第Ⅲ区分)のいずれかに該当すること
   第Ⅰ区分:本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
   第Ⅱ区分:本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が 100円以上 25,600円未満であること
   第Ⅲ区分:本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が 25,600円以上 51,300円未満であること 
   ● 所得要件の確認は、原則として提出されたマイナンバーにより機構が確認します。
   ● 機構のホームページに掲載している「進学資金シミュレーター」で、対象となるかおおよその確認ができます。
     ⇒ こちらをクリック
  ②資産要件
   本人及び生計維持者の預貯金、有価証券、現金等の資産(不動産、負債は対象としない)の合計額が
   基準額未満であること(生計維持者が1人の場合:1,250万円未満、2人の場合:2,000万円未満)
 
【問い合わせ先】
 ※現在の運営体制の都合上、下記時間内でもご対応いたしかねる場合があります。予めご了承ください。
 ※電話がつながらない場合は、メールにてお問い合わせください。
  本郷キャンパス 学生支援グループ
   TEL:03-5684-4811 e-mail:h-gakusei@bgu.ac.jp
   窓口時間:平日8:45~18:00
        土曜8:45~13:00 
 
  ふじみ野キャンパス 学生支援グループ
   TEL:049-266-0035 e-mail:f-gakushi@bgu.ac.jp
   窓口時間:平日9:00~18:00
        土曜9:00~13:00