お知らせ|文京学院大学

お知らせ|文京学院大学

文京学院大学トップページ 文京学院大学| お知らせお知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

<前へ10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20

文京学院大学学位記授与式(令和3年3月卒業生・修了生対象)を


令和3年3月13日(土)、14日(日)に挙行いたします。


本学では、新型コロナウイルス感染被害抑止を最優先として、

卒業生・修了生のみでの学位記授与式といたします。

また、会場や集合日時を、学部学科・研究科毎に分けて執り行います。


ご父母の皆様は会場にご来場できませんが、新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策として、

ご理解いただけますと幸いです。


※今後の新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、

開催の有無・規模等を変更する可能性があります。


令和3年3月13日(土)学位授与式(会場:本郷キャンパス)

(午前の部)

 対象の学部・研究科 

 会場

 開式

 外国語学部・外国語学研究科 

 仁愛ホール

 10:00

(午後の部)

 対象の学部・研究科

 会場

 開式

 経営学部・経営学研究科

 仁愛ホール

 13:30


令和3年3月14日(日)学位授与式(会場:ふじみ野キャンパス)

(午前の部:式典11時開式)

 対象の学部・研究科

 会場

 集合時間

 保健医療科学研究科

 

 ふじみ野キャンパス

 東館1Fアトリウム

 9:40

 臨床検査学科

 9:50

 看護学科

 10:10

 作業療法学科

 10:30

 理学療法学科

 10:50

(午後の部:式典15時開式)

 対象の学部・研究科

 会場

 集合時間

 人間学研究科

 

 ふじみ野キャンパス

 東館1Fアトリウム

 13:40

 児童発達学科

 13:50

 コミュニケーション社会学科

 14:10

 人間福祉学科

 14:30

 心理学科

 14:50

※ふじみ野キャンパスは、スクールバス利用時の密回避、学科毎の写真撮影を行うため、集合時間が異なっております。



新型コロナウイルス感染症対策のお願い 

新型コロナウイルス感染症対策の観点から以下の点についてご協力をお願いいたします。

◆式典当日、体調がすぐれない方は出席をお控えください。
◆会場では、マスクの着用をお願いします。
(フェイスシールド、マウスシールドのみの着用はご遠慮ください。)
◆受付にて、手指消毒をお願いします。
◆会場への保護者、親族、友人などの入場は、お断りさせていただきます。なお、介助等の理由により入場を希望される方は、受付にてお申し出てください。

◆座席の距離を確保して開催します。

◆会場では、感染拡大防止のため、大きな声での会話は慎むようご協力をお願いします。

◆式典前、式典後は会場や入退場口付近に滞留せず、すみやかに入退場いただきますようお願いします。
◆会場内は、換気のため扉や窓を開放させていただきますので、暖かい服装にてご出席ください。
◆記念撮影時のみ、係りの指示により、マスクを外していただきます。その際は、私語は慎むようご協力をお願いします。
◆式典終了後の飲食を伴う懇親会・送別会等は感染リスクを抑えるため延期または中止を前提とし、政府・自治体の推奨する感染症対策を遵守して下さい。

3/3『全私学新聞』掲載


生涯学習センターが4月から9月まで開講する「春・夏期講座」について紹介されました。


生涯学習センターについて

学園紙「文京学院」765号が発行されました 


今月号には「経営学部生課題解決プロジェクトで上位入選」「外国語学部生TOP50賞入賞」「人間学部生文京まちあるきMAP制作」「公野ゼミ生MV制作」「新井准教授優秀賞受賞」等が掲載されています。

是非、ご覧下さい。

紙面はこちら

新型コロナウイルス感染拡大防止にともない、学内施設(本郷キャンパス・ふじみ野キャンパス)の一般貸出中止期間を以下の通り延長させていただきます。

 
 2021年7月31日まで原則一般貸出中止(3月末から延長)


皆様には大変迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力賜りますよう、お願い申し上げます。
なお、今後の状況により、期間等を変更することがありますので、その場合は、あらためてホームページでお知らせいたします。

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。


〈タイトル〉

研究者が集う情報処理学会「第91回 電子化知的財産・社会基盤研究会」
経営学部3年生が登壇し、「情報銀行」をテーマに発表
~情報銀行が普及しない理由について、第三者提供の観点から考察~

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、2月19日に開催された情報処理学会の「第91回 電子化知的財産・社会基盤研究会」に、経営学部3年の橋本涼子がオンラインで登壇し、「情報銀行に預託されたパーソナルデータの第三者提供の条件の整理と可視化」をテーマに発表したことをお知らせいたします。


ニュースリリースはこちら

2/24『月刊コンビニ』掲載 

  

川邉信雄名誉教授の連載記事「コンビニFCシステムにおける本部対加盟店の軋轢 最終回軋轢はなぜ繰り返されるのか」が掲載されました。

在学生、保護者の皆様
入学予定の皆様
教職員の皆様

〈2021年度 前期授業 運営に関する大学方針〉

  2021年度の前期授業は、原則として対面にて実施します。
  (ただし、ハイフレックス型授業*含む)。
 
1:本学として考える「ハイフレックス型授業*」とは、大学での対面授業とオンラインによるライブ授業を組み合わせて学生の様々な受講状況に対応する授業方法のことを指します。
そのため、履修者数の多い科目などは、授業回によって自宅で受講する場合もあります。ご自宅でのパソコンやネットワーク等の準備・整備をお願いします。


2:感染症対策は、教室の収容率も含め本学の感染防止対策プロトコール(手順)の徹底をはかります。
 

2021年2月18日

文京学院大学
学長 櫻井 隆

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。


〈タイトル〉

日本とマレーシアの「医療体制・社会・文化」について学生が意見交換
マレーシア国民大学とオンライン交流
2021年2月27日(土)に第3回目の交流会を開催予定


〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、コロナ禍における国際交流の一環として、マレーシア国民大学とオンラインでの交流会を実施しています。プログラムの中では、日本とマレーシアの「医療体制・社会・文化」などをテーマに据えて、両大学による発表等を実施しています。2021年2月27日(土)には第3回目の交流会開催を予定しています。今後も学生に対し、国際交流の場を継続して提供していきます。


ニュースリリースはこちら

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。


〈タイトル〉

ESPのためのアクティブ・ラーニングから、大学での英語教育について考える
「ESPシンポジウム」のオンライン開催決定
日時:2021年2月13日(土)  参加費無料・事前申込制


〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、「ESPシンポジウム」を2021年2月13日(土)にオンライン形式にて開催いたします。本シンポジウムは、本学でのESPの展開について検討し、職業上の専門領域においても活かせる総合的な英語力の向上、そして就職後に即戦力として活躍できる人材の育成について考えます。



ニュースリリースはこちら

こんにちは!本郷キャンパスの学生記者です!今回は2020年10月~12月に私が参加したBGU Conversation Clubの様子について紹介します。BGU Conversation Clubとは本学の国際交流部の学生が姉妹校であるアメリカのセント・ベネディクト大学/セント・ジョンズ大学(以下CSBSJU)で日本語を勉強している学生にオンラインで日本語を教える交流会です。

現在新型コロナウイルスの影響で海外渡航が困難になっています。例年ではCSBSJUからの交換留学生がBGUを訪れて交流をしていたのですが、今年はそれが叶いませんでした。そこで、BGUの国際交流部とアメリカのCSBSJUの学生との交流が継続できるようにするために、CSBSJUの先生がオンラインでこのBGU Conversation Clubを主催して下さいました。


(BGU Conversation Clubの様子)

この交流会は週に1度約1時間行われ、Zoomを使用していました。行った活動はアメリカの学生がその週に学んだ日本語文法やテーマについて会話をすることです。テーマはCSBSJUの先生が提示してくださったので、話すことや質問を事前に準備して臨むことができました。BGU生はCSBSJU生が話した日本語の文法が誤っていたときや、分からない単語があった場合に軽く助言をしていました。また、テーマに関することだけでなくお互いをより良く知るために話題を変えて話すこともありました。そして、この交流会では毎回同じCSBSJU生ではなく、1か月ごとに日本語のレベルが異なる学生との交流をしていました。日本語に触れて間もない学生から上手く文にして話すことができる学生までさまざまでした。そのため、お互いが日本語だけでなく英語もフル活用することが非常に重要でした。

私は大学に入学してから外国人と交流ができるのか不安でしたが、オンラインでアメリカの大学と交流することができたことに感謝しています。実際に参加して生の英語を聞くことにより日本で触れている英語との違いを痛感し刺激を受けました。私は今まで外国人との交流が少なかったので、はじめは緊張しましたが、学生や先生方がとても優しく明るかったので楽しく会話することができました。また、これを機に新しい友人を作ることもできたので、貴重な経験になりました。

以上、国際交流部と姉妹校CSBSJU生とのBGU Conversation Clubの取材でした。この活動は2月以降も継続するので、これからももっと日本語を教えたり、海外の友人を作りたいです!

<前へ10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20