お知らせ|文京学院大学

お知らせ|文京学院大学

文京学院大学トップページ 文京学院大学| お知らせお知らせ|すべてのニュースリリース一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのニュースリリース一覧

<前へ10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

外国語学部教授 甲斐田万智子が登壇
子どもの権利条約採択 30周年記念シンポジウム
「今改めて考える 子どもの声を聴くことの大切さ」
『世界中の子どもの権利をまもる30の方法』出版記念
 
 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、本学外国語学部教授の甲斐田万智子が、2019年10月12日(土)に開催される、『世界中の子どもの権利をまもる30の方法』(合同出版)の出版を記念した“子どもの権利条約採択 30周年記念シンポジウム「今改めて考える 子どもの声を聴くことの大切さ」”に登壇することをお知らせします。

 

 

ニュースリリースはこちら 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

「大学生観光まちづくりコンテスト2019」 訪日インバウンドステージ
国際経済学研究室から2チームがポスターセッションへ選出!

 

 

 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、「大学生観光まちづくりコンテスト2019」訪日インバウンドステージに応募し、128チームの中から本学経営学部 国際経済学研究室(指導教員 鈴木紫助教)より2チームの学生が同コンテストの「ポスターセッション」に選出されました。これを受け、9月24日に「かつしかシンフォニーヒルズ」にて行われる「ポスターセッション」に参加しました。

 
 

ニュースリリースはこちら 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

AEDの場所をすぐに把握できるアプリ「AED N@VI」を活用

AEDの登録数を競う「AED-1グランプリ」を開催

~経営学部の学生が渋谷~原宿間で29台の新規登録に貢献~

 

 

 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、本学経営学部の学生が2019年9月3日および“救急の日”である9日に、AEDの場所をすぐに把握できるアプリ“AED N@VI”を活用した「AED-1グランプリ」を開催し、渋谷~原宿間に新たに29台のAED情報のアップデートに貢献したことをお知らせします。

 

 
 

ニュースリリースはこちら 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

9月25日(水)「ねば~だるま型うちわ」5,000枚無料配布で「ラグビーのまち釜石」を応援

~釜石市長を表敬訪問し、プロジェクトの活動報告も実施~

 

 

 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、2011年から東日本大震災支援活動団体「ブレーメンズ」を立ち上げ、様々なプロジェクトを学生たちが行いながら東日本大震災復興支援団体へ寄付する活動を始め、9年目を迎えています。この度学生たちは、釜石市根浜地区の方々と「ラグビーのまち釜石」を応援する「ねば~だるまプロジェクト」の一環として、2019年9月25日(水)「ねば~だるま型うちわ」5,000枚を、ファンゾーンが開設される釜石市民ホール「TETTO」等で無料配布することをお知らせします。

また、9月18日には、「ブレーメンズ」で活動する学生3名が釜石市根浜地区の方々、三陸鉄道株式会社の方々と釜石市長を表敬訪問し、「ねば~だるまプロジェクト」の活動報告と学生が手作りしている「ねば~だるま」の起き上がり小法師や、「ねば~だるま型うちわ」、「ねば~だるまアニメーション『ラグビーのまち釜石』応援編」を野田武則市長に贈呈しました。

 

 
 
 

ニュースリリースはこちら 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

「美術でつながる ~日・韓における障害者美術活動の地域実践から~」を開催

2019年9月28日(土) 13:00~14:30 於:文京学院大学 ふじみ野キャンパス

 

 

 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、ボランティアによる福祉サービスを求めている地域コミュニティと、社会貢献やボランティア活動に意欲的な学生および地域住民をつなぐ役割を担うため、地域連携センターBICS(ビックス)を設置しています。今回、地域連携センターBICS(センター長:梶原隆之)は、「美術でつながる~日・韓における障害者美術活動の地域実践から~」と題した、障害者の美術活動や地域での取り組み事例を通して、これからの地域連携活動を考えるシンポジウムを、2019年9月28日(土)にふじみ野キャンパスにて開催します。

 

 
 
 
 

ニュースリリースはこちら 

 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

“第10回 「農」と里山シンポジウム ~三富(さんとめ)を未来に~”

文京学院大学の教員、研究員、OB2名の計4名が登壇

 

 

 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、2019年9月14日(土)に文京学院大学 ふじみ野キャンパスにて開催される「第10回 『農』と里山シンポジウム~三富(さんとめ)を未来に~」に、人間学部 コミュニケーション社会学科長 中山智晴教授、まちラボふじみ野研究員 岩舘豊、本学OB2名の計4名が登壇することをお知らせします。

当日は、「次世代の担い手たちによる農ある地域づくり」と題して問題提起を行うとともに、対話型ワークショップに参加します。

 
 
 
 

ニュースリリースはこちら 

 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

作業療法士の大橋幸子教授が指南

自治体等での活用を考えた

認知症における「作業療法リハビリ」啓発リーフレットを発表

 

 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、2019年9月5日に、国が促進する認知症対策への1つの提言として、作業療法士による「作業療法リハビリ」啓発のため、認知症対策を進める自治体や認知症に悩む家族と本人に向けて発信するリーフレット「私がわたしのままで過ごすために」を発表します。

世界アルツハイマーデー(9月21日)にあわせ、9月21日(土)10:00より本学ホームページにてPDF版でのダウンロード提供(無料)を開始します。その他にも9月下旬より、5,000部の冊子をご希望に合わせ配布します。

 
 
 
 

ニュースリリースはこちら 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

“モダンテクニック”を活用したワークショップを実施
文京学院大学・淑徳大学 共催公開講座 2019
~世界に一つの“宝箱”や“ウインドウアート”を制作~
 
 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、淑徳大学(学長:磯岡哲也)とともに「文京学院大学・淑徳大学共催公開講座2019」を2019年10月5日(土)と12日(土)のニ日間、それぞれの大学キャンパスにて開催します。第一日目は、「わたしの色でつくる宝箱」を、第二日目は「ステンドグラス風のウインドウアート」をテーマに実施します。
 
 
 
 

ニュースリリースはこちら 

 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

消費者行動研究がエスカレーターの安全利用啓発で活躍
六本木ヒルズ・渋谷ヒカリエ・中野坂上駅のエスカレーターで「人の行動を変えるデザイン」が続々導入

 

 

〈内容〉

文京学院大学(学長:櫻井隆)は、2017年度より 経営学部新田都志子教授(流通・マーケティング研究)のもと、「消費者の行動をデザインの力で変える」という観点で実施している「エスカレーター安全利用啓発活動」の本年度の取り組みとして「両側乗車促進」を目標に掲げており、この度六本木ヒルズのメトロハット・NHKイベント会場(渋谷ヒカリエ)・都営大江戸線 中野坂上駅内にあるエスカレーターへデザインを提供致しました。デザイン監修は経営学部倉嶋正彦教授・研究室で行っています。
また、独自に行った「エスカレーターの安全利用に関する調査」にて、エスカレーターの「片側あけ」における意識の高まりを示唆する結果が出たことを発表いたします。
 
 
 
 

ニュースリリースはこちら 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

授業を通じて学生の主体性を引き出す“アクティブ・ラーニング”に関する書籍を発行
『アクティブ・ラーニングで学生の主体的学びをつくりだす -BGUの魅力ある授業づくり-』

 

 

〈内容〉

文京学院大学人間学部FD委員会は、近年新たな教育方法として注目を集めている“アクティブ・ラーニング”について執筆した『アクティブ・ラーニングで学生の主体的学びをつくりだす-BGUの魅力ある授業づくり-』を2019年7月16日に発行しました。

 

 
 
 

ニュースリリースはこちら 

<前へ10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20