お知らせ|文京学院大学

お知らせ|文京学院大学

文京学院大学トップページ 文京学院大学| お知らせすべてのお知らせ一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

 2018公開講座ウェークエンドフォーラムが6月30日(土)ふじみ野キャンパスで開催されました。このイベントは、平成3年から始まったもので、近隣の住民の方が参加されます。現在、登録会員は1500名以上になっています。今回は141名ほどの方が参加して下さいました。さらに、作業療法学科2年生37名もサポートスタッフとして参加しました。今回のテーマは「今日から始める健康習慣」でした。

 1日の流れをご紹介します。第一部と第二部の二部構成で行われました。

 第一部では、作業療法学科准教授の野部裕美先生による講義「年齢と共に変化するからだの機能を知ろう」が行われました。参加者の女性にお話を伺ったところ、「持っている万歩計を活用してもっと歩こうと思った」といった前向きな声が聞かれました。また、持ち帰って頂くことができない配布資料の一部を回収したところ「持ち帰りたかった」と勉強熱心な方も多くみられました。

 

20180630_ウィークエンドフォーラム_001.jpg


 第二部では、作業療法学科助教の嶋﨑寛子先生による講義「あたま・からだ・こころを使う運動」が行われました。記憶力を測るテストを行うなど、賑やかな雰囲気で進行しました。テストの中には難易度が高いものもあり、結果が思わしくない人もいらっしゃいましたが、「できなくてもいいんです!やることに意味があります」と先生からの声掛けもあってか、みなさんゲーム感覚で楽しんでいらっしゃいました。「思ったよりもテスト結果が良くて嬉しい」と言って笑顔を見せてくれた方も多かったです。

 

20180630_ウィークエンドフォーラム_002.jpg

 
 
 第二部は講義だけでなく本校アトリウムにてレクリエーションも行いました。20組ほどのグループに分かれ、サポートスタッフとして学生も加わり、円になって座りました。そこで行われたのが「一人じゃんけん」です。片方の腕を曲げ、反対側の腕を伸ばします。合図があったら逆にします。そのとき伸ばしているほうの手はグー、チョキ、パーの順番で変えていきます。曲げているほうの手は、伸ばしているほうの手にじゃんけんで勝つ手の形にします。慣れてきたらリズムに合わせて足踏みをします。「年甲斐もなくキャーキャー言ってしまった」、「楽しくできたからよかった」と話してくれました。


20180630_ウィークエンドフォーラム_003_2.jpg
 
▲作業療法学科の嶋﨑寛子先生


 

20180630_ウィークエンドフォーラム_004.jpg

▲アトリウムでのレクリエーションの様子
 

 最後に、1日を通してどうでしたか?と尋ねると「いつもは同年代の人としか話さないけど、若い人といることで刺激がもらえてよかった」、「孫くらいの年の子達と話せて楽しかった」、「また参加したい」と楽しそうに話してくださる方が多く、私たちも嬉しい気持ちになりました。作業療法学科の学生はウィークエンドフォーラムに初めて参加しましたが、地域の方々とお話ができてたくさん学ぶことがありました。次もたくさんの方に参加してもらい、もっと地域が元気になっていけばいいなと思いました。

 


◆取材・記事執筆  作業療法学科2年  岡 梨央
作業療法学科2年  佐藤明穂

 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

文京学院大学×ロンドン芸術大学の連携プログラム
第2回「KAWAGOE Wayfindingプロジェクト」始動
~2020年のインバウンド増加を見据えた、新たなKAWAGOE散策の提案~
 
 

〈内容〉

文京学院大学(東京都文京区/学長:工藤 秀機)では、7月30日(月)からロンドン芸術大学との連携プログラムである、「KAWAGOE Wayfindingプロジェクト」が始動いたします。
 

 

ニュースリリースはこちら 

 

THE SHIMADA CUP ENGLISH ORATORICAL CONTEST 2018

第24回島田杯争奪英語弁論大会 発表者募集のご案内

拝啓 盛夏の候、皆様におかれましてはいよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、私共、文京学院大学E.S.S.同好会では昨年度に引き続き、第24回島田杯争奪英語弁論大会(オラトリカルコンテスト)を下記の通り開催することにいたしました。昨年度は大盛況の内に幕となりましたことを改めて感謝申し上げます。本年度も更に御満足いただける大会を目指してE.S.S.同好会部員一同全力で大会開催に努めて参りたいと思いますので、奮ってご応募頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。    

敬具

≪開 催 日 時≫

日時: 2018年12月8日(土) 13:00~17:00(予定)

会場: 文京学院大学 本郷キャンパス ウィングホール(B館8階)

住所: 〒113-8668東京都文京区向丘1-19-1  

詳しいアクセス方法はこちら→https://www.u-bunkyo.ac.jp/about/page/campus.html

   

・優勝者には優勝カップと楯を授与します。その他豪華賞品もあります。

・大会終了後は、17:00(予定)より発表者を囲んだレセプションを行いますので、審査員を始め他大学の学生と交流して頂けます。(参加費無料)

 

 

≪大 会 形 式≫

・6分程度のPrepared Speech (演題自由・既発表可) 

   *6分を過ぎても減点はないが、6分に収めるようにお願いします

   *5分を過ぎた時点でタイムカードで時間をお知らせします

・スピーチの後にジャッジにより簡単な質疑応答がございます

・同じ大学から複数のエントリー可(但し、大会発表者は最大2名)

・壇上への原稿持ち込み可

・エントリーの際原稿審査あり

 

 

≪申 込 方 法≫

申込書.xlsx と スピーチ原稿 を『文京学院大学E.S.S.同好会係』まで郵送またはメール添付で送付してください。

・郵送 の場合  〒113-8668 東京都文京区向丘1‐19‐1 

・メールの場合  ess.bgu@gmail.com

 

 

≪締 め 切 り≫

2018年9月28日(金)必着 (メールの場合は28日(金)送信分まで)

 

≪お問い合わせ≫

その他不明な点がございましたら、メールにて質問を承ります。

メールアドレス  ess.bgu@gmail.com

 

皆様のご応募を、部員一同お待ちしております。

文京学院大学E.S.S.同好会

 
 平成30年7月の西日本豪雨により犠牲になられた方々に深くお悔やみ申し上げるとともに、被災された全ての皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
 
文京学院大学学長 工藤秀機

IMG_1691_2.jpg
 平成30年7月2日(月)にふじみ野キャンパスにおいて、マレーシア国民大学から来日した留学生4名のWelcome Partyが開催されました。おもに、ふじみ野キャンパスの保健医療技術学部の学生たちと楽しそうに交流していました。


IMG_1272.jpg

 

 私たち1年生が代表して、留学生にインタビューをしました。まず日本に来て感じたことを聞くと、前日に東京ディズニーシーに行ったということもあり、「Very excited!」、「Very fun!」と答えてくれました。また、好きな日本食は「Tempura」、好きな日本語は「アイシテル」と話していました。




IMG_1273.jpg
 留学生4名はマレーシアで理学療法、作業療法を学んでいるということもあり、共通の目標を持つふじみ野キャンパスの学生たちと、軽食を取りながら終始楽しそうに交流していました。

 今回、私たち1年生が学生記者としてWelcome Partyに参加しました。滞在中の留学生とふじみ野キャンパスの学生との交流を見て、医療人を目指す仲間として海外と日本の情報や意見を交換できたことは、貴重な機会になったのではないかと感じました。

 そして、このような国際交流の場に積極的に参加して英語でコミュニケーションを取ることが、今後の国際化社会では重要になると実感しました。
 互いに成長した姿で、また会えることがとても楽しみです。
 

IMG_1267_2.jpg


   


◆取材・記事執筆  理学療法学科1年 山口 友梨子

 6月9日(土)に、さいたま新都心で埼玉県作業療法士会主催の研修会が行われ、学生会員として文京学院大学作業療法学科3学年の希望者(11名)が参加しました。この研修は年に2回、基礎編と応用編に分けて行われています。今回は基礎編で、《精神疾患を持つ方との関わり方について学び、理解を深めること》を目的に行われました。
 午前の部と午後の部に分けてご紹介したいと思います。


【午前の部】
①総論〜精神科と精神障害者の作業療法〜

 

精神研修会 総論.jpg

▲埼玉県立精神医療センター 宇田英幸先生(埼玉県作業療法士会会長)



 先生が担当されている患者様の症例をご紹介いただきながら、精神障害を持つ方との関わり方、患者様自身はどのようなことで困っているのか、などのお話を聞くことが出来ました。
 患者様の「出来ない部分」をサポートするのではなく、「症状と向き合いながら、夢や希望を持ち、色んなことに取り組むこと」をサポートすることが、理解や支援に繋がる”リカバリー”という考え方が非常に印象的なお話でした。

②松本ハウスから学ぶ 統合失調症を持つ人への理解と支援

精神研修会 松本ハウス.jpg

▲埼玉県立精神医療センター 佐藤竜也先生(研修会委員長)



 統合失調症に罹患しているお笑い芸人の”松本ハウスの加賀谷さん”を例に挙げ、発症時や体調を崩した時など、それぞれの時期の状態やその時必要だった支援についてお話しを聞くことが出来ました。
 作業療法的な視点ではなく、総合的な支援の視点を学ぶ事ができた講義でした。



【午後の部】
③あなたの知らない幻覚妄想の世界


精神研修会 幻覚妄想.jpg

▲埼玉県立精神保健福祉センター 岩佐里沙先生



 3人グループで”作業療法士役” ”患者役” ”幻聴役”に分かれて、幻聴の影響を体験するワークを行いました。作業療法士と患者が折り紙(ジャイロ)で作業をしている間、幻聴役は長い筒を通じて患者役の後ろから声をかけ続けます。
 幻聴の種類は「褒められる」「嫌なことを言われる」の2種類で、記者は「褒められる」幻聴を選択しました。褒めてくれるので気持ちが落ち込むことはありませんでしたが、作業療法士役との会話に集中できず手が止まってしまうことが何度かありました。
 「嫌なことを言われる」幻聴を選択した方からは、“作業の工程に自信が持てなくなった”“OTは褒めてくれても幻聴に否定されるのでどっちが正しいの?”と不安に感じた、という感想が挙がりました。



幻聴体験の様子.jpg    ジャイロ飛ばしの様子.jpg

▲(左)幻聴体験の様子、(右)休憩時間にジャイロを飛ばして遊んでいる様子

 

④暴言・暴力について

暴言・暴力.jpg

▲埼玉県県立精神医療センター 荻野洋子先生
 


 この講義では、心神喪失等の状態で重大な他害行為を起こした方が入院される医療観察法病棟に勤務されている先生からお話を聞くことができました。統合失調症、知的障害、依存症などの事例を取り上げ、それぞれの症例にタイトルをつけて非常に分かりやすく解説していただきました。“犯罪者”と聞くと恐ろしかったりすぐ暴れたりするイメージを持たれやすいですが、実際は“暴力的な人”ではなく“暴力的になってしまっている人”であるということ、また、暴言・暴力には「背景を考える」「落ち着いて状況を報告・共有する」ことが重要だということを学びました。



グループワークの様子.jpg    グループワークの様子2.jpg

▲グループワークの様子


 最近、身近で起こった怒りのエピソードの背景を考えてみよう、ということで、“怒りの出来事が起こる前の自分の状態”や“その時どうすればよかったのか”などを分析するワークを行い、グループ内で共有しました。

 記者の班では、ほとんどが日常の中でありふれている怒りでしたが非常にストレスに感じるエピソードでした。小さな怒りの出来事でも、積み重なると辛いことがよくあります。そうなる前に、引き金となった理由と目には見えにくい背景を明確にして対処することでストレス軽減につながると思いました。

 学校での知識の講義とは異なり、現場のリアルなお話を先生方からお聞きすることができて沢山のことを学ぶことができました。また、実際に作業療法士として勤務されている先輩方とグループワークや意見交換をすることができ、非常に有意義な研修でした。

 


◆取材・記事執筆  作業療法学科3年  植村望琴
作業療法学科3年 久保山由貴


 

 7月5日ふじみ野キャンパスの小体育館でマレーシア留学生との交流会に参加しました。今回は4名の留学生が来てくれました。最初は理学療法学科中心に4チームに分かれて体を動かすレクを行いみんなの仲を深めました。
 最初はピンポン玉リレーをやりました。スプーンでピンポン玉を運ぶので落とさないようにするのが大変でしたが、初めてとは思えない軽やかさでリレーしていました。



DSC00105.JPG    DSC00119.JPG
 

▲準備体操の様子(左)、ピンポン玉リレーの様子(右)



 次に男女に分かれてしっぽ取りをやりました。みんな想像以上に本気でやっていて白熱した試合が繰り広げられました。また、先生方にも参加していただいて大盛り上がりでした。

 

DSC00161.JPG    DSC00170.JPG
 

▲しっぽ取りの様子



 最後に大縄跳びをやりました。全員で大縄を連続何回跳べるかを競いました。前の2種目の疲れもあり大変でしたが、みんなで数を数えて頑張りました。
 

DSC00218.JPG    S__131940363.jpg
 

▲大繩跳びの様子



 レクが終わった後はアトリウムに移動して、作業療法学科中心にお菓子を食べながらお絵かき伝言ゲームをやりました。ゲーム中には好きな日本食や行ってみたいところなどについて話し盛り上がりました。日本のアニメや漫画を沢山知っていたので驚きました。

 

S__131940358.jpg    DSC00181.JPG
 

▲(左)(右)交流会の様子

 

 今回の交流会に参加してみて、最初は言葉の壁を感じていましたがそのようなことはありませんでした。体を動かしたり、絵を描いたりと言葉以外のことでもコミュニケーションをとることができ、留学生と仲良くなることができてうれしかったです。英語でもコミュニケーションをとることができたらもっと楽しいのだろうと、英語の大切さを改めて感じました。
 来年も交流会がある際は、ぜひ沢山の人に参加していただき、普段できない経験や交流をしてしいなと思います。
 

   


◆取材・記事執筆  理学療法学科3年 高橋すみれ
理学療法学科年  柴﨑加帆


 

ニュースリリースを配信しました。

是非、ご一読ください。

 

 

〈タイトル〉

日本経済新聞社主催
「第18回 全国学生対抗円ダービー」中間発表にて第3位入賞
~経営学部生が大会参加チーム389チームの中で大健闘~
 
 

〈内容〉

文京学院大学(東京都文京区/学長:工藤 秀機)は、経営学部 鈴木紫ゼミ(国際経済学研究)に在籍する学生チームが、日本経済新聞社主催「第18回 全国学生対抗円ダービー」の第1回予測にて、3位に入賞したことをお知らせいたします。
 
 

 

ニュースリリースはこちら 

 

 SLF委員会では、今年度『ふじみ野キャンパスのカフェづくり』をテーマに活動しています。去る6月26日(火)には、アトリウムの一部エリア(学食寄り) で、臨時のカフェを設置しました。

カフェには35名の学生が訪れ、コーヒーの評判も上々でした。今後も、学内のどこかで試行的にカフェを実施する予定です。

1.jpg

2.jpg

 

 7月7日(土)に「特別養護老人ホーム陽光園」でふじみ野キャンパス吹奏楽部JBBによる演奏会が行われました。JBBには吹奏楽経験者が多く所属しており、今回の様な演奏会の依頼があるとメンバーの中から参加できる人が行って演奏を行います。また、JBBには所属していないけれどもボランティアで参加してくれる人もいます。今回の演奏会には4年生3人と1年生2人が参加しました。



20180707_JBB_001.jpg

 ▲音出しの様子


 陽光園について控室に案内されると、準備をしながら音出しを行っていました。緊張すると言いながらも和やかなムードで音を合わせ、進行や曲順・音のタイミングなどを確認しています。それぞれ気になる所の最終確認を行ってから演奏会に向かいます。



20180707_JBB_002.jpg    20180707_JBB_003.jpg

▲演奏会の様子(右からフルート、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ)


 会場であるエントランスには七夕の飾りが施され、中央の柱には大きな一本の竹に利用者さんの願いが書かれた短冊が沢山下がっていました。

 演奏会が始まり、一曲目はドラえもんの主題歌『夢をかなえてドラえもん』を全員で演奏、曲自体はそこまで古くないのでもしかしたら知らないかもしれないけれど、ドラえもんという作品は知っているのかなといった感じの反応。一つ一つ楽器の紹介をしながらどんな音を奏でるのかを聞いてもらい次の曲へ。二曲目は『アメイジング・グレイス』をフルートとチューバで演奏。三曲目は『花は咲く』震災があって作られた曲であることを紹介しつつ演奏していました。

 三曲目の演奏が終わると一度休憩を挟み、見ている利用者さんたちも飲み物を飲みながら休憩。

 後半の一曲目は『ディズニーメドレー』、二曲目は童謡の『海』、三曲目も童謡で『ふるさと』を演奏。曲に合わせて小さく頭を揺らしている人や、手でリズムを取る人もいました。童謡など利用者さんも知っているような曲は一緒に口ずさむ人もおり、楽しんで聞いてくれているようでした。また、職員さんの話しでは涙ぐんで聞いていた方もいたようです。部屋からこちらの様子をうかがっている職員の方もおり、エントランスまで来て演奏を聴くことが出来ない利用者の方もいるのだと気付きました。演奏者の姿は見えなくても音は施設内に届いていたと思います。楽しんで頂けたでしょうか。

 全六曲の演奏が終わると利用者さんたちからアンコールがあり、『たなばたさま』を演奏しました。利用者さんも歌詞を見ながら一緒に歌ってくれました。曲によってユーフォニアムを演奏していた学生がキーボードの演奏も行っていました。

 学生が用意した歌詞カードは少し字が小さかったため利用者さんには見にくかったようで、少し反省。この反省は今後の活動に活かしていけたらと思います。利用者さんに楽しんでもらうだけではなく、私たちの学ぶ機会にもなっていると感じます。

 


◆取材・記事執筆  児童発達学科4年 安野 隆史

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11