お知らせ|文京学院大学

お知らせ|文京学院大学

文京学院大学トップページ 文京学院大学| お知らせお知らせ|すべての学生記者一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべての学生記者一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8

2016年3月25日から27日にかけ、東京ビックサイトで行われた日本最大級のアニメイベント「Animejapan2016」で「学ワリ~学生だけどワリとやる~」として、文京学院大学からブースが出展されました。文京学院大学は、2006年(旧「東京国際アニメフェア」)から出展を行っています。私は第一回目のプレゼンテーション発表に取材に行きました。

 

 

animejapan01.jpg

▲文京学院のブース

 

animejapan02.jpg

▲発表の様子

 

 

 取材に当たり、まずAnimeJapan2016の概要について調べてみました。AnimeJapanとは世界最大級のアニメイベントで、今年度の来場者は135,323人にも上りました。このようなイベント自体、私も初めての参加で、前日に情報を調べて規模の大きさに驚きました。私は二日目の午前中に訪れましたが、朝早くから多くの人で溢れており、コスプレをして楽しむ人や、外国語学部の生徒としてとても興味を持ったのは外国人訪日客も多いということです。それだけ日本のアニメの文化は広がっていると実感もしました。

 そんな中、文京学院大学のブースでは、「学ワリ~学生だけどワリとやる~」としてブースを出展していました。学生のクリエイティブチームが社会とコラボレーションし、具体的にはトルコ共和国ユエヌ・エムレ インスティトゥート東京様、代官山 蔦屋書店様、禅トレプレナー協会様、株式会社シグナル・エムディ様、東日本大震災遺児支援プロジェクト「ブレーメンズ」協賛企業様とコラボレーションした本大学の学生によるプレゼンテーション発表があり、午後にはオリジナルグッズ販売も行いました。

 

 

animejapan03.jpg

▲トルコ班の発表

 

animejapan04.jpg

▲シグナル班はアニメーションの制作

 

animejapan05.jpg

▲蔦屋書店班の発表

 

animejapan06.jpg

▲ZEN班の発表

 

animejapan07.jpg

▲ブレーメンズ班の発表

 

 

 今回の取材のためにお台場ビックサイトに行き、本学がこのような大きなイベントで出展していたことを初めて知りました。企業と学生が手を結び、学生の目線で企画したり物を制作したりすることは学校生活だけではできない経験だと思います。この経験は将来をこれから決めていく学生にとってとても貴重な時間になることと思います。私は普段、外国語学部で主に多様な文化の勉強をしているので企業や会社について触れることは経営学部の学生より少ないのですが、同じキャンパスで様々な学びをしている学生がいるということを知り、とても刺激になりました。大学生は授業に参加して単位を取得するだけではなく、学外で様々な活動を行うことができます。社会人ではないからこそ、今しかできない貴重な経験ができる時間だと私も思っています。

 

 

animejapan08.jpg

▲私もチラシ配りをしました!

 

animejapan09.jpg

animejapan010.jpg

 

 

記事執筆・写真◆外国語学部3年 瀬田川碧(本郷キャンパス 学生記者)

 

  2016年2月8日~2月29日の3週間、本学姉妹校であるB.S.I.S(Bunkyo Spring Intensive Study)に参加しCollege of Saint Benedict / Saint John’s University(CSB/SJU)に行ってきました。これは学生記者として参加したのではなく、一人の外国語学部生として授業を受け、現地の学生と交流してきたものです。3週間は本当にあっという間に終わってしまい、とても楽しく、たくさんのことを学びました。その中でも私の中で特に印象に残っていることを紹介したいと思います。
 
 
ryugaku01.jpg
▲今年度参加したBSIS生と引率の金先生
 
 
 まず、CSB/SJUについて簡単に紹介します。この大学はアメリカ合衆国ミネソタ州セントジョセフにあります。ミネソタはアメリカ中西部に位置し、カナダと隣接している州です。2月は多くの雪が降り、マイナス15度など珍しくありません。自然が豊かで、その中に広大なキャンパスがあります。かつてはCSBは女子大、SJUは男子大となっていましたが現在は共学となっており、二つのキャンパスで授業を行い、寮は男女分かれているという、少しユニークな大学です。キャンパスの行き来はリンクバスという無料学内バスで行い、約15分ほどです。私も滞在中は一日に何度もこのリンクバスを利用しました。CSBの女子学生をBenniesと呼び、SJUの男子学生をJohnniesと呼んでいました。文京学院でいう「文京生」のようなものなのでしょうか。ほとんどの学生が学内の寮で生活し、数人で一つの部屋をシェアしています。私たちも滞在中は寮生活を体験しました。私は本学学生と3人部屋でしたが、参加した本学の男子学生は現地のアメリカ人と同部屋で、様々な交流があったようです。
 
 

ryugaku02.jpg

▲リンクバスです。ドアに近い人から左右交互に降りるという独自のルールがあります。 
 
 
 
ryugaku03.jpg▲SJUのキャンパス
 
 
 
 現地では毎日授業があります。今年度B.S.I.Sが受けた授業を紹介します。
 
  ◆Japanese…現地の生徒の「日本語クラス」で日本語のアシストを行う。

  ◆Intercultural communication…現地の学生が正規に受けている異文化理解のようなクラスです。私たちが異文化の対象とされ、日本の文化や習慣についての様々な質問を受けたり、逆に私たちがアメリカの文化について話を聞きます。

  ◆English as a Second language…名前の通り、英語が母国語ではない学生が英語で様々なトピックについてディスカッションを行ったり、プレゼンテーションを行って英語をブラッシュアップするクラスです。私たちのクラスは日本人、中国人、韓国人がいました。

  ◆Film…指定された映画を鑑賞し、内容についてディスカッションします。これはBSIS用にある授業ですが、現地の学生もディスカッションに参加して私たちを助けてくれました。
 
 それぞれのクラスで楽しみ方や学生との交流の仕方は違いますが、共通して言えることはディスカッションが中心で一人ひとりとても発言が多く、活発な授業でした。日本の大学では(学部やクラスによって異なるとは思いますが)みんな先生の方向を向いて授業を受けますが、学生同士が顔を向け合って授業を行うというのがとても新鮮で、いい緊張感でした。
 
 今回参加した学生は外国語学部9名と人間学部1名でした。英語やアメリカ、留学に興味があれば、学部は関係ありません。
私の現地での英語の学びにおいての目標は、今まで勉強してきた英語をとにかく使うこと、間違ってもいいから授業で発言したり、積極的に話しかけたりして友達を作ることでした。  
明確な目標をもってプログラムに参加したのでたくさん英語を使って交流し、友達を作ることができました。その中に多くの気づきや学びがありましたが、特に大事だと気付いた点が一点あります。それは、留学先で交流するうえで一番大切なのは「聞き取る力」だということです。もちろん自分から話しかたり、応答ができなければ会話にならないので「話す力」はとても重要でしたが、外国人である私たちを多くの場で支えくれたのは、メンターというCSB/SJUの学生たちでした。彼らのほとんどが日本に興味があり、または昨年度文京学院に交換留学として来ていた、もしくは今年度本学に来る予定の生徒で、彼らは様々な場面で時には日本語を交えながら助けてくれ、様々な場所へ連れて行ってくれました。ほとんどのメンターは日本語に堪能というわけではないため、彼らが英語で教えてくれる翌日の集合場所や集合時間、そこでの注意などを聞き落としてしまうといわゆるミスコミュニケーションにつながります。そのため、いつも真剣になって彼らの言葉に耳を傾けていました。
英語が速すぎて聞き取れなかった場合に聞き返したりすることは決して恥ずかしいことではありません。これは英語に限定したことではなく、外国語学習者としてとても重要なことに気付けたと私は思っています。
 
 
 
 
ryugaku04.jpg
▲Taste of Japanでは、SJUの学食で日本食の配膳をしました
 
 
ryugaku05.jpg
▲SJUのキャンパス
 
 
 
 
 ミネソタ州に滞在している間、多くのアクティビティや行事を通じて私が一番印象に残っているのは人との出会いです。3週間でこんなに新しい出会いや別れを経験することは二度とないかもしれないと思えるほど、私は人との出会いを楽しみました。日本に興味があってもなくても、放課後にバスケや夕食に誘ってくれたり、ホームパーティーを開いてくれたり、お土産をくれたり手紙をくれたり、とても優しい人たちに囲まれた生活でした。特に、文京学院に留学したことのある学生との再会や、今年度の交換留学やMay term(5月に行われるCSB/SJUの学生が日本でフィールドワークを実施するプログラム)を予定している学生との交流は、提携校に留学する一つの大きな魅力だと思います。
 私は今、彼らとの再会がとても楽しみで、彼らが私たちを様々な場所に誘ってくれたように、日本を紹介したり、困った時は力になりたいと思っています。
このようなプログラムを通して三週間ではありましたが学ぶべきことはたくさんあったと思います。そして私にとって大学生活だけでなく、人生においてとても貴重で大切な思い出ができたと思っています。
 
 
 
ryugaku06.jpg
▲SJUの敷地内にある凍った湖
 
ryugaku07.jpg
▲現地の生徒に誘われたロッククライミング
 
ryugaku08.jpg▲週末はミネアポリスに行き、NBAを観戦しました
 
 
ryugaku09.jpg
▲朝食の一例。セルフ式です
 
 
 
記事執筆・写真◆外国語学部3年 瀬田川碧(本郷キャンパス 学生記者)
 
 
 
 
 

 平成28年3月13日日曜日、仁愛ホールにて学位記授与式が行われました!この学位記授与式は卒業式のようなものです。午前10時から外国語学部、午後1時30分から経営学部と大学院経営学研究科学位記授与式が執り行われました。私も学生記者として取材をしつつ、先輩の姿を目に焼き付けてきましたよ!
 
 当日は両学部共に、スーツを身にまとう男子学生と袴姿の女子学生が仁愛ホールに集まってきました。学生証の返却と受付を済ませ、いよいよ開式の時間です。
 
2577bf77361f9d3aac2d29ba1d52fed71241c66b.jpg
8d62a4ccb67aa87d632faec430d2dfb8111a68f4.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
式次第は以下の通りです。
 
 
g01B.jpg
 
 式の中で表彰された学生は皆、堂々としていてすごく素敵でした!表彰が終わると学長から式辞をいただき、祝辞では外国語学部、経営学部共に同窓会会長からお言葉をいただいていました。社会に出た先輩からの自分の経験をもとにしたお話は、多くの卒業生の胸に響いたのではないでしょうか。在校生送別の辞は学生自治会会長の曽根優さんが行いました。常に私たち後輩のお手本となってくれていた先輩にむけた素晴らしい送辞だったように思います。
 そして私が取材をしている中で、最も印象に残っているのが「My statement」です。このMy statementとは代表に選ばれた卒業生が、これから社会に出ていくうえでの夢や決意を表明するというものです。今までの学生生活を振り返りながら、友人や先生、家族に感謝の思いを伝えつつこれからの夢を語る姿に、思わず見入ってしまいました。2年後、私も皆さんのように胸を張ってこの場に立っていたいと思いました!
最後には式歌として「蛍の光」を合唱し、平成27年度学位記授与式は幕を閉じました。
 
921a0f42df426ec0e78a2e6957667d6f68692355.jpg
cd005ca4927e251fcb532281d814623face012c9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 そして場所をB’s Diningに移し替え、卒業パーティーのスタートです!学位記授与式の雰囲気とは打って変わり、和やかな雰囲気でしたよ!スライドショーで盛り上がり、ご飯を食べて盛り上がり、楽しそうな卒業生の皆さんの笑顔が印象に残っています。写真を撮る学生も多く、私は学生記者として取材をしながらカメラマンという大役を担っていました。卒業パーティーは1時間ほどで終了しましたが、楽しい時間が過ごせたのではないでしょうか。
 

image013.jpg

image011.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 4年前、桜の花が舞う4月、これから始まる学生生活に対する期待と不安に胸を膨らませながらこの文京学院大学に入学された4年生の皆さん。あれから4年が経ち、今、皆さんの心にはどのような思い出が映し出されているでしょうか?楽しかったこと、嬉しかったこと、時には悩んだことや苦しかったこともあったでしょう。そんな1つ1つすべてが皆さんにとって、かけがえのない思い出になっていることと思います。そして、今はこれから始まる新生活に胸を膨らませているのではないでしょうか。文京学院大学で学んだこと、感じたことをこれからの生活で活かしていただけたら後輩としてとても嬉しいです!
 そして、皆さんのこれからのご活躍を心から期待しています。4年間、本当にお疲れ様でした!
 
学生記者 池田真子(外国語学部2年)
 
 

 

※3/17に、本学ホームページに掲載しました『2/22開催「ニューリーダー研修会」を取材しました!【本郷・ふじみ野 学生記者合同取材】』の取材後記です。取材記事と合わせてご覧下さい!

 


 
 
 ニューリーダー育成研修会では、各学生団体の幹部の皆さんが本郷キャンパス、ふじみ野キャンパスの垣根を越えて共に活動していましたが、実はこの記事も本郷キャンパスの学生記者とふじみ野キャンパスの初・合同取材なんです!
普段は同じイベントを取材することがないこともあり、今回の経験は非常に貴重なものでした。そこで、参加者としてこのイベントに参加した本郷学生記者の池田に、取材を実施したふじみ野学生記者の玉川さんがインタビューをしてくださいました!いつもインタビューする側の池田はドキドキしております…。ぜひ、目を通していただけたらと思います!
 
 

 

Q:玉川(ふじみ野キャンパス 学生記者)A:池田(本郷キャンパス 学生記者)
 
Q. 池田さんは学生記者であり、参加者ということで、まず参加された感想をどうぞ!

A.実は私、去年のニューリーダー育成研修会も参加しているんです。なかなか2年連続で参加している人っていないですよね。勝手がわからないふじみ野キャンパスでしたし、正直、大変でした(笑) でも実際参加してみると、参加者の皆さんがすごく積極的だったので、楽しくこの研修会に臨めました!
 
 
Q.本郷キャンパスに通っている池田さんから見た、ふじみ野キャンパスの印象をお聞かせください。

A.ただただ、広い…!と思いました。本郷キャンパスは比較的各建物が密集しているので、ふじみ野キャンパスの構造の複雑さといったら…。私、当日3回迷子になりました(笑) 迷子になりましたけど、こういった広い校舎もいいなという感想を抱きました!
 
 
Q. グループワークについてお聞きします。池田さんの目に映る範囲で、学生の皆さんの印象はいかがでしたか?

A.最初は緊張している方もいたように感じましたが、ゲームや自己紹介を通していつの間にか打ち解けていきました。なので、緊張している時間は短かったのではないかな、と思います。
 
 
Q.話し合いを進めていくうえで意識していたこと、気を付けていたことはありますか?

A.私のディスカッションのグループは6人中4人がふじみ野キャンパスの1年生の生徒でした。私も去年参加してすごく肩身の狭い思いをしたので、積極的に話を振ったり気楽に話ができたりする雰囲気を作ろうと意識しました。結果的に雰囲気作りができていたかどうかはなんとも言えないのですが…。
 
 
Q.話し合いの中で「うまくいった!」または、「失敗したな・・・」といった点はありますか?

A.1つのテーマについて話し合う際に、全員が積極的に話し合いに参加できていたのはうまくいった点だと思います!しかし、テーマに対する総括に至る前に、時間切れになってしまったのは失敗した点です。「総括をどうしようか・・・」と話していたら、時間がきてしまいました(笑)
 
 
Q.他団体との関わりの中で得たものはありますか?

A.他団体の抱える問題点やその解決策が、自分の所属する団体も抱える問題であり、その解決策も今後活かせることに気付きました。
 
 
Q.午後の部についてお聞かせ下さい、難しいお話しも続いたと思いますが、重要なことということで、周りの雰囲気に違いなどはありましたか?

A.皆さん真剣にお話を聞いていましたよ!午前は和やかな雰囲気だったので、真逆な感じでしたね…。昼食後ということもあり、皆さんいろんな意味で大変そうでした(笑)
 
 
Q.規約テストというものもあったようで、プレッシャーも半端じゃないだろうな…と、取材をしていて感じたのですが、その辺りはいかがでしたか?

A.私の場合は去年も受けていたので、割と気楽にテストに臨みました。特に苦労はなかったです。気楽な気持ちでテストに臨んでいた人が多かったように思います。
 
 
Q.さて、今度は「参加者」ではなく、「学生記者」としての池田さんにお聞きします!参加される中で、学生記者の目線で感じたことはありますか?

A.開会式や閉会式の皆さんの表情の違いは個人的に面白かったです。特に本郷キャンパスの学生は閉会式の際に、「終わった…!」という達成感と、その後の帰宅時間の長さに対する憂鬱感が顔に滲み出ていました(笑) こういったところは学生記者の客観的な視点から気付いた点なのかな、と思います。参加しつつ取材しつつというのは、想像以上に大変でしたけど楽しかったです。玉川さんにも沢山フォローしていただきましたね、ありがとうございました!1日お疲れ様でした!
 
 
Q.いえいえ!お疲れ様でした。学年的には玉川の方が先輩ではありますが、学生記者としては…池田さんが先輩だと思います(笑)。なので、緊張しているところ申し訳ないのですが、このインタビューをまとめて頂いてもいいですか?

A.なんて無茶ぶりをするんですかっ…!ではせっかくなので、僭越ながら締めをさせていただきます。 今回、初の合同記事を書かせていただけて非常に楽しかったです!学生記者としてすごく刺激になりました。来年度も学生記者を続けていきますが、今まで以上に様々なことにチャレンジしていけたらと思います。これからもたくさんの方に本学の魅力を伝えられるような、良い記事を書けるように頑張りますので、よろしくお願いします!
 
 

 平成28年2月22日(月)、文京学院大学 ふじみ野キャンパスにて、「ニューリーダー育成研修会」が行われました!このイベントは、各部活動・サークル・同好会・委員会で代表などの幹部を務める学生が集まり、リーダーとしての<自覚>や<責任>を持つきっかけとして開催されています。文京学院大学には本郷キャンパス(東京)とふじみ野キャンパス(埼玉)があるものの、なかなか顔を合わせることがありません。この研修会は両キャンパスの学生が共に参加する数少ないイベントの1つです。本郷キャンパスからは約130名、ふじみ野キャンパスからは約140名、合計270名ほどの学生がこのイベントに参加しました!
 本郷キャンパス学生記者の私も、所属する部活動の代表者として参加してきました。直接取材を実施する、ふじみ野キャンパス学生記者と協力しながら、ニューリーダー育成研修会の内容をレポートしていきたいと思います!
 

 

 

◇AM9:30~ 受付開始
 受付が始まりました!各団体のメンバーが集合し当日使用する資料などを受け取ります。今回はふじみ野キャンパスということで本郷の学生は迷子になる人が続出していました。その為、駅、バス停などにふじみ野のリーダー学生が朝早くから立ち、案内を行っていました。
 
 
 
 
20160316_01.jpg
▲受付風景
 
20160316_02.jpg
▲本郷キャンパスから来る学生も多いこともあり、当日はリーダー学生が案内をしていました
 
 
 
◇AM10:10~ 開会式
 そして受付を終えた学生から開会式会場へ。開会式はW302講堂で行われました!
 
 

 
20160316_03.jpg

▲開会式中の様子

 

 

 

◇AM10:30~ ディスカッション
 続いて行われたのはグループディスカッションです。話し合いのテーマは、<幹部として団体をどのように運営していきたいか>です。グループは事前に振り分けられていて、本郷・ふじみ野の学生がランダムに配置されています。初めて話す人と議論が成立するのだろうか、という不安を抱えつつ、緊張しながら話し合いに臨みました。いざ始まると、普段から部活動等で中心になっているということもあり、全員人見知りなどすることなく、それぞれ積極的に話し合いができました!各々が、自分が中心になって所属する団体をまとめていかなければならないという自覚や責任をもっているからこそ、このような活気のある話し合いができたのではないかと思います。
各グループによって、雰囲気の違いはあったものの、どのグループも真剣に話し合い、個々が所属している団体の経験談から基づいた発言なども見受けられ、真剣に話し合いが行われていました。役員の絶妙なタイミングでの助け舟も素晴らしかったです!全グループ、話し合いの後は仲良くなっていましたよ。
 
 
 
 
20160316_04.jpg
1e09f3737f5eede39fbfbb1e008001e3e661556f.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4ec6d93de494d2111e8b891283858302e64f10eb.jpg
cddacf6585788fc0c353165c0e3f5ff0d24d2834.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇昼食
 グループディスカッションを終えると、待ちに待った立食形式の昼食です!約270名の学生が集まった食堂は移動が困難なほど多くの学生で溢れ返っていました。一心不乱に食事をとっている学生もいて、思わず笑ってしまいました。50分間の昼食を終えると、午後の部が行われる教室へ移動を開始しました。ここからは本郷・ふじみ野はそれぞれ別行動になります。

 

 

 

 

20160316_08.jpg

20160316_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

<午後の部>
 
 
 
◇PM1:00~ 規約説明
(本郷)
 午後の部を待ちかねていた学生は、大変残念ながら、本郷側にはいないのではないでしょうか・・・。それもそのはず。午後は学生自治会本部や文・体連合委員会から規約説明を受け、それに関するテストが行われたのです。全員眠気と戦いつつ、大事な話に耳を傾けていました。4人の平均点が高かった3団体には景品が贈呈されます。学生自治会、国際交流部、文・体連合委員会の3団体が景品をゲットしていました!おめでとうございます!
(ふじみ野)
 団体の活動についての注意事項や情報処理センターからのメーリングシステムについて、会計規約、文体連、学生自治体などの説明が行われておりました。ふじみ野側は、テストは実施されませんでした。しかし、多くの皆さんが真剣な眼差しで説明を聞いていました。
 
 
 
 
20160316_10.jpg
20160316_11.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◇PM4:20~      報告会、閉会式 
 一日を掛け行われた研修会も、いよいよ閉会式を迎えました。式典では、午前中に行われたグループディスカッションの話し合った成果(まとめ)を、各グループの代表者が1人ずつ発表していきました。代表者の中には、自ら立候補して代表を務めた人もいれば、周りからの推薦等で代表になってしまった人もいたとは思います。だけど、代表者の皆さんの堂々とした発表は、「リーダー」と呼ぶのにまさにふさわしいものでした。立場が人を作るといったように、一日の研修を通じ、今まで以上の<責任感>も芽生えたのではないでしょうか。そういった意味で、今日の会は実りのある時間だったと思います。
 
 
20160316_12.jpg
20160316_13.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


続きを読む

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8