お知らせ|文京学院大学

お知らせ|文京学院大学

文京学院大学トップページ 文京学院大学| お知らせお知らせ|すべての学生記者一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべての学生記者一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8

 

CareerTeppen2017_Top_03-2.jpg

▲学生からの質問に答える卒業生。話を聞くだけでなく、学生からは多くの質問がなされた。

終始真剣な様子でメモを取りながら就活に生かそうとしていた。

 

先輩から学ぶ就活メソッド

 ふじみ野キャンパスで最も大きい講堂のステージにスーツを着こなした文京学院大学の卒業生が5人並んだ。学生と一線を画す雰囲気からは社会で活躍している自信を見ることができる。この5人の共通点は一般企業に就活し、自分の希望を叶えたというところである。その先輩の話を聞こうと集まった多くの文京生を前に卒業生5人が1人ずつ就活でのエピソードを語っていった。進路選択の方法や面接の攻略方法など就活では欠かせない情報を持参したパワーポイントを使いながらわかりやすくプレゼンする姿からは社会人としてのスキルが感じ取れた。

 

 このキャリアてっぺんフォーラムはキャリアセンターによって企画され、てっぺんフォーラム実行委員会が運営・進行を協力する形で行われていった。フォーラムはこれから就活に取り組む委員の学生にとって大変有意義なものになった。当日の司会進行を務めた新垣さん(人間学部コミュニケーション社会学科1年生)は、1年生ということで就活についてまだイメージしにくく、台本の中でも難しい単語が出てきたため苦労したようだ。また、1ヶ月前に行われたあやめ祭でてっぺんフォーラム実行委員会が初出展をしたこともあり準備期間が少なかったのも大変だったと語る。しかし、その中で新垣さん自身も進路を考える上で勉強になり刺激を受け、貴重な経験になったと今回の活動を振り返った。

 

CareerTeppen2017_Top_04.jpg

▲当日、運営・進行を行ったてっぺんフォーラム実行委員会の3人。左から新垣さん、工藤さん、荒井さん。

 

 

 卒業生の話を聞き終わった後、場所を移動し女性はメイクアップ講座、男性は第一印象アップ講座を受けた。講師にはヘアーメイクアーティストの長谷あゆみさん、引田早苗さんと接遇マナーインストラクターの竹内真理子さんを招待し、就活で必要なメイク方法やマナー、着こなしなどを学生に指導いただいた。メイクや着こなしでは、代表の学生がモデルとなり実際にその方法を伝授いただいた。モデルとなった学生は、かなり細かくメイクされていきメイク前とは違った雰囲気になっていた。面接だけでなくインターンシップや説明会などでも第一印象は重要であるため学生にとって有効な技術であった。

 

CareerTeppen2017_IMG_9259.jpg    CareerTeppen2017_IMG_8784.jpg

BEFORE                 AFTER

 

 

CareerTeppen2017_IMG_8786.jpg    CareerTeppen2017_IMG_8776.jpg

▲(左)メイクアップ講座で代表の学生がメイクされている様子、(右)第一印象アップ講座で代表の学生が印象を明るくするメイクをされている様子。

 

 

 そしてキャリアてっぺんフォーラム終了後、このフォーラムを担当したキャリアセンターの山下さんから話を聞いた。

Q:「今回のフォーラムは就活生にとってどのような位置付けだったのですか?」

A:「これから就活に臨む学生にまずは今どういう立ち位置にいるのか知ってもらい、社会で活躍している先輩の話を聞き自分が働くイメージをしてもらいたかった。内定だけが目的ではなくその先の自己実現に向けて活動してほしいというねらいがあった」

 

Q「てっぺんフォーラム実行委員会が運営に参加するということに何か意図はあったのですか?」

A「学生にとってもっと身近に実行委員会を感じてほしい機会をつくろうとしている。また代替わりの時期でもあり委員の育成という意図もあった。そして、運営に協力した実行委員自身もこのフォーラムを通して、就活や進路について興味を持ってもらいたい。」                       

Q「これから就活に臨む学生に一言お願いします。」
A「普段面接指導をしているのに自分が聞かれると難しいものですね(笑)。でも、思いは一つです。私の個人的な思いもありますが、自分らしく自分を信じて進路選択をしていってほしい。就活という言葉を使うのは好きではないんです。就活だけのことにとらわれずに、今日のキャリアてっぺんフォーラムなどを通じて自分の人生を見つめ直す機会と思って悩んでください。そしてキャリアセンターに来ていただければ、いつでも相談に乗ります。」終始笑顔を見せながら語っていたが、そのコメントには就活生を真剣に支援する山下さんの思いがこもっていた。話しやすい雰囲気は数多くの学生の相談に応じてきた事をものがたっていた。
 
 キャリアセンターはアトリウム奥にあり平日は9:00~17:00 土曜日は 9:00~13:00 で学生の進路相談や面接指導などを行っている。各学科で担当を設置しており、学科の特性などを踏まえた、あらゆる進路相談に応じている(予約が必要な場合有り)。進路について悩んだり気になっていたりする文京生は、進路について個別に丁寧な支援を行うキャリアセンターのドアを開けてみることから始めてみるのはどうだろうか。
 
 

CareerTeppen2017_Top_05.jpg

▲キャリアセンター児童発達学科担当山下さん。進路相談に応じる時はノートをとりながら学生に真摯に向き合う。

その癖が出てインタビュー中もボールペンを握っている。

 


 

◆取材・記事執筆  児童発達学科3年 小泉玲雄

児童発達学科3年 安野隆史

 

 

 

 

 

20171128_gakuseiphoto01.jpg

20171128_gakuseiphoto02.jpg

 

2017年10月21日(土)・22日(日)に開催され、盛況のうちに幕を閉じた

 

本郷キャンパス「文京祭」ふじみ野キャンパス「あやめ祭」

 

当日はあいにくの空模様でしたが、多くのお客様にご来場頂きました。

 

お越し頂きました皆様、本当にありがとうございました!

 

当日のあれこれを、本学学生・学生記者より構成される【学生フォトグラファー】が、様々な角度で撮影してきました。

 

下記リンクより、ぜひご覧下さい!

 


20171128_gakuseiphoto03.jpg

【学生フォトグラファー】へ進む

 国際協力NGO IV-JAPAN創始者であり代表理事の富永幸子さんが来校し、タイやラオスでの開発援助活動の様子について講演していただきました。この講演会は国際交流委員会の企画で、後援会からの経済的支援を受けて実施されました。

 

20171115_iv_japan_01.jpg

▲国際協力NGO IV-JAPAN 代表理事の富永幸子さん

 

 富永さんは小学校の頃から国際活動に興味があり、中学1年の時に英語クラブを作り、インドの少女と文通を始める。中学3年でガールスカウト活動に参加し、日米学生会議、総理府青年海外派遣、デンマークGSキャンプ、世界一周、タイ駐在等を経験。

 これらの経験によりガールスカウト・トレーナーとして開発教育を推進し、1988年にIV-JAPANを創設してアジアの途上国の開発支援を開始した。ガールスカウトの「実践しながら学ぶ」という教育方法を職業訓練にも取り入れている。「地球規模で考え、地域で活動する」を国内活動に生かし、途上国も先進国もイコールパートナーとしてプロジェクトを実施しているそうです。

 

●ラオス人民民主主義共和国

 ラオスは中国・ベトナム・カンボジア・タイ・ミャンマーに囲まれており、海には接していない国。国土は日本の本州と同じくらいの面積で、約70%が高原や山岳地帯。人口約691万人。中学校が無い村では、毎日6キロ先の学校まで歩いて通っている子どももいるそうです。

 

20171115_iv_japan_02.jpg

ラオス人民民主主義共和国と日本の位置関係

 

●IV-JAPANの活動

 教育支援として少数民族の子どもや、親が受刑中の子ども、貧困家庭の子ども達への奨学金の支給。学校や職業訓練所の建設支援。職業訓練などを行っているそうです。 現在までに21の学校と8つの職業訓練所を建設してきました。

 

 ラオスの学校では毎年進級試験があり、貧しい子は家の手伝いを行わなければならないため、1年生から留年してしまう子もおり卒業が難しいといった問題がある。また、学校制度外教育によって学んでいる人もいるため、教育のレベルに差があるそうです。そのため、読み書き計算ができれば訓練校に入れるようにしているそうです。

 

 職業訓練所では、調理・理美容・縫製・木工家具・ホスピタリティ・介護などが学べ、それぞれ初級・中級・上級に分けており3~6ヶ月程度かけて学ぶ。初級・中級は技術訓練、上級になるとホテルやレストランなどでの実地訓練を行っているそうです。

 木工以外の職業は卒業後に起業する際、資本金があまりかからないなど彼らがきちんと職を手に出来るように考えた上で選んでいるとのことでした。

 

 開発支援を行った後NGOの職員が引き上げると、使用していた機材などを売ってお金にしてしまうなど、目的外使用によってそれまでの支援や税金が無駄になってしまう事も。

 引き上げた後に事業を継続できるかが問題になるため、職業訓練校では事業を継続できるように授業料を取り、職員や教員の給料に充てているそうです。

 

 開発支援の他に文化活動も行い着物やお茶、他国の文化に触れる機会を設けるなどしています。職員が自分の得意な事を教えるなど活動は様々。

 

20171115_iv_japan_03.jpg

▲ラオスの伝統衣装パービアンという肩掛け

 

 また、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームにも加入し災害時の緊急支援も行っており、東日本大震災では被災したアジア人の支援、フィリピン台風やネパール中部地震の際の支援なども行ったそうです。

 

 

●支援について

 日本にも貧しい人がいるのにどうして途上国にお金を使わなければいけないのか?といった意見もあるかと思いますが、私たちが使用している酸素や資源は東南アジアや南アメリカの熱帯雨林など途上国によって支えられています。日本で自給自足を行おうとしても60%程度しかまかなえないそうです。イコールパートナーとして協力し合い、一緒に働きながら教育などの支援を行っていくことが大切と話していました。

 

 よく物資の支援お話を頂くが輸送がとても大変で、どのように届けるかが問題となるそうです。日本のように物流がしっかりしている訳では無いため、インターンなどで行く場合は各自が荷物として運べば良いが、そうでない場合は郵便や長距離バスでの運搬となってしまう。そのため支援の話を頂いたら、まずは輸送代や輸送方法などの事について話し合いを行うそうです。

 文化的な違いから頂いても使用できないものや、消防車のホースのサイズなどでは国ごとに規格の違いなどもあり、せっかく送ったのに無駄になってしまう事もあるため、しっかり調べてから送ってもらいたいとのことでした。また、服や靴などでもカビの生えたものなどは困るので、送る前に一度洗濯するなどきれいな状態で送って欲しいということでした。

 

●イベント

グローバルフェスタ

 毎年10月頃にお台場で開催されるグローバルフェスタに出展し、現地の人が作ったモノの販売や宣伝活動を行っているそうです。興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

 


◆取材・記事執筆  児童発達学科3年 安野 隆史

 

Ayame2017-Day2_001-2.jpg

 

△ダンス部WitchRinoBit(ウィッチリノビット)のフィナーレのシーン。この代(12th)での公演は今回が最後。引退する3年生へのサプライズを含め披露されたナンバーが来場者を盛り上げた。感極まりメンバーだけでなく来場者の中にも涙する人がいた。

 

「笑顔 ~つながる心~」2日目

 今年で第36回となる「あやめ祭」は、1日目に続き、2日目も雨が降り続き、で来場者数の減少が懸念されていましたが、どのブースにもたくさんの人が集まり、盛り上げを見せていました。

「笑顔 ~つながる心~」がテーマであった今回のあやめ祭は文字通り、笑顔がたくさん見られ、人とのつながりを深く広げたイベントとなりました。そこで今回は、ブースをいくつか紹介していきます。

 

紅茶愛好会 アリス

 アリスは食販の中で毎年売り上げトップを誇るあやめ祭を代表するサークルのひとつです。あやめ祭ではいつも様々な紅茶に加え、紅茶に合うお菓子や、紅茶を使用したお菓子などを販売しています。紅茶の種類などの説明も詳しくメニュー表に書いてあるため紅茶のことをよく知らない人でも楽しく紅茶を飲むことができます。また、テイクアウトもでき、文化祭を楽しみながら味わうこともできます。さらに、アリスの魅力は何といっても、文化祭の食販とは思えない丁寧な接客です。その接客は、まるでレストランのような雰囲気で、学生や来場者から高い評価を受けていました。ホール担当の濱田華歩さん(児童発達学科3年)は、お客様の目線に合わせることを意識し笑顔で声をかけ感謝の気持ちを込めて接客した、と語ってくれました。

 

Ayame2017-Day2_002.jpg    Ayame2017-Day2_003-2.jpg

 

△写真左 アリスで最も人気のガトーショコラと紅葉狩り(紅茶)りんごやあんずの芳醇な香りをブレンドした秋にぴったりの紅茶。

△写真右 ホール担当の濱田華歩さん「ご来店くださり、まことにありがとうございました!アリスカフェのお菓子や紅茶、店内の雰囲気を楽しんでいただけたなら、幸いです。」

 

ピノキオほいくしつ

 ピノキオは児童館や保育園に行きパネルシアターや手遊びをするサークルです。主に児童発達学科の学生が活動しており、実習に活用したり保育技術を磨いたりするなど将来の保育士や先生になるために成長できるサークルです。その技術を活かし、あやめ祭にもブースを出しています。このピノキオほいくしつでは、ゲームコーナーをいくつか作り自由に遊べる空間となっており、それに加え1日に2回、パネル公演を行い、子どもたちが心から楽しめるものとなっていました。対象は乳幼児ですが、来場者は親子共に一緒に楽しい時間を過ごしていました。他にもピノキオは食販で豚汁うどんを出し、これもまた好評を得ていました。

 

Ayame2017-Day2_004-2.jpg

 

△ピノキオほいくしつでのパネルシアター『いいものなあに』の様子。箱の中にあるものを少し見せそれが欲しいかどうかサインを出す手遊びを交えた参加型のパネルシアター。ウサギに見えて実はゴキブリだったりする遊び心も取り入れ子どもも盛り上がっていた。

 

演劇サークル life

 演劇サークルlifeも、毎年あやめ祭に合わせ舞台を披露している団体です。今回の演目は『犯人は誰だ?』というコメディ作品でした。発想力のある設定と、出演した5人の演じるキャラクターにより多くの笑いが引き出されていました。そして物語が進んでいくにつれ、犯人が誰なのか気になる構成となっていました。舞台の脚本は、当日照明を担当していた部長の金田恵実さん(児童発達学科3年生)が作り、夏頃から練習を始めたそうです。「全員でスケジュールを合わせ集まるのが大変で、練習が進まないことも少なくなった」と語るのは舞台座長の荒井舞夏さん。荒井さん以外の出演者は1年生で後輩を引っ張っていくことに困難もあった様子。しかしながら、公演を無事に終え少し安心した様子でした。部長の金田さんはこれから部活を引き継ぐ後輩たちに「人数が少ないがこれからもぜひ頑張ってほしい」とインタビューに答えてくれました。lifeは新人公演などを含め年に数回、舞台を披露しています。ぜひ足を運んでみてください。

 

Ayame2017-Day2_005-2.jpg

 

△千秋楽を終え舞台挨拶をする出演者。後ろには部室を表現した装置の机や電灯が見える。左から工藤翠さん、村山隆信マイケルさん、荒井舞夏さん、志賀亮介さん、室岡有香さん。荒井さんは次期部長の予定。

 

 

吹奏楽サークル JBB

 アトリウムではお昼頃、楽器の繊細かつ厚みのある音が鳴り響いていました。その音先を探っていくとそこには、吹奏楽サークルの公演がありました。児童発達学科の教員である渡辺行野先生が指揮をとり全6曲を演奏しました。メンバーは学生・職員・卒業生などで構成されておりそれぞれが得意の楽器を担当しています。そのように様々な人が集まるため、スケジュールが合いにくく、全体練習に参加できない人も中にはいたようです。練習の大部分は個人に任されていたようですが、各個人の努力と渡辺先生の指揮により本番は感動的な演奏となりました。しかしなかには、「もっと個人的に練習していたらもっと良い演奏ができた」と振り返るメンバーもいたました。演奏に対するストイックな態度に関心しました。

 

Ayame2017-Day2_006.jpg

 

△公演の様子。メンバーの雰囲気は普段と違い、別人のよう。そのメンバー皆、渡辺先生の指揮のもと巧みに楽器を演奏する。演奏曲は学園天国、FINAL FANTASYテーマ曲、夢をかなえてドラえもん、銀河鉄道999、美女と野獣、パイレーツオブカリビアンの6曲。

 

 

田中圭さんトークショー

 大学の文化祭の醍醐味の一つ芸能人のゲストをお迎えすること。今年のふじみ野キャンパスにはドラマや映画で大活躍中の田中圭さんに来ていただきました。学生の女子比率が高いふじみ野キャンパスで、女性に大人気の田中圭さんが登場するということでアトリウムは超満員でした。田中圭さんが登場すると会場から大きな歓声が上がり、田中圭さんもその盛り上がりに驚いている様子でした。それに対し、田中圭さんも投げキッスをしたり手を振ったり自分から学生に話しかけたりするなど来場者に積極的に関わっていました。トークショーではドラマの話や共演者の話など滅多に聞けない貴重な話に、来場者は食い入るように聞いていました。

Ayame2017-Day2_007.jpg

△田中圭さんを一目見ようと集まった多くの観覧者。写真右側のステージには田中圭さんと司会者が椅子に座りトークショーをする。好きな女性の仕草は?などの質問などに答える質問コーナーなども行われた。

 

 

あやめ祭を支えた実行委員

 このように、あやめ祭を影から支え楽しい行事へと努力されているのがあやめ祭実行委員会です。あやめ祭実行委員会は最も忙しく大変な委員会の1つです。その内容は、執行、総務局、企画局、アーティスト局、製作局、編集局、広報渉外局の7つに分かれます。
 
◯執行:委員長、副委員長、財務の人たちで構成されていて、実行委員全体を見る本部の役割。
◯総務局:サークルや部活の出店、団体の活動を管理する局で教室や物品の貸し出しを管理している。
◯企画局:ミスコンやビンゴなどの学祭中のイベントを担当する。
◯製作局:学内の階段絵やスクールバス、正面玄関の装飾など装飾類全般を作る局。
◯アーティスト局:芸能人や戦隊などのゲスト招待を担当する。
◯編集局:パンフレットを作成し、当日は受付などを担当。
◯広報渉外局:様々な企業などとやりとりをし、協賛品をもらうなどする。
 
 このように様々な担当局があり、多くの実行委員があやめ祭開催を支えました。当日も学内のいたるところで案内やゴミの収集などをする姿が見られました。また、実行委員だけではなく出し物を出す団体一つ一つがあやめ祭を盛り上げています。あやめ祭2018に足を運んでみましょう。
 

あやめ祭終了後、塚本拓海委員長にインタビューさせていただきました。

Q「大変だったことはなんでしたか?」

A「日曜日に台風の影響を考慮して本祭の時間を1時間早く終わりにすることを決定しました。そのため、参加してくださっている団体様の完全撤退時間を早めなければならなく、とても大変だった。しかし、早めに終わらせる事が決定してからすぐに幹部を招集し、自分のやるべきことを確認し、無事何事もなく本祭を乗りこえられた。」

Q「一番嬉しかったことはなんですか」

A「生憎の雨にも関わらず多くのお客様に足を運んで頂いたこと。また、今年のテーマである「笑顔〜繋がる心〜」ということでご来場頂いたお客様、参加して頂いた生徒の皆様、あやめ祭実行委員のみんなが笑顔になった事が一番嬉しかった事です。」

Q「来場様の方々へ一言お願いします」

A「この度は第36回あやめ祭に足を運んでいただき誠にありがとうございます。当日は生憎の雨でしたがあやめ祭を通じて笑顔になってくださいましたら幸いでございます。また、第36回のあやめ祭はこれで終わりですが、あやめ祭はこれからも続いて行くので、来年もそれ以降も楽しみにしていて下さい。」

 

Ayame2017-Day2_008.jpg

 

△2日目の開場前の入り口の様子。雨の中、入口で案内のため待機する実行委員と奥には開場を待つ多くの来場者。

 



取材・記事執筆◆児童発達学科3年 小泉玲雄

保健医療技術学部 理学療法学科3年生の授業で国際福祉機器展の見学に行ってきました。国際福祉機器展とは、ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した介護ロボット・福祉車両まで世界の福祉機器を一堂に集めたアジア最大規模の国際展示会です。また、利用者や家族向けのセミナーも行っています。体験もでき、とても楽しく福祉機器を学ぶことができました。今回、私たちが見学・体験してみて、興味を持ったものをご紹介します。

 

 

IMG_6015_2.jpg

 

 

▲会場入り口に設置された看板

 

まず、アビリティーズという会社のトレアックスパッドというものを体験してきました。この福祉機器は楽しみながらトレーニングができるもので、スケールモードとランダムモードの2種類あります。

左の写真は左右のバランスを評価するものです。たくさん光がついている方に荷重が多くかかっています。これを使い左右のバランスを見て学習することができ、麻痺患者や荷重制限のある患者に有効であると思いました。右の写真ではクイックタッチというもので、パッドのインジケーターが光ったら、そのパッドを触るものです。このようにバランスボールを使って行うことによりバランス能力も鍛えられます。子供や高齢者の方が楽しくトレーニングできるもので良い福祉機器だと思いました。

 

IMG_5973.JPGIMG_5980.JPG

 

▲トレアックスパッドを体験する様子

 

 

次はリフトです。リフトは介助者の負担を軽減させ、利用者が使い心地の良いものが求められます。今回体験したリフトは壁に取り付ける必要がなく、柱を4本立てその範囲内であればどこでも動かすことができます。リフトに乗っていて負担もなく、とても使い心地のいいものでした。他にもたくさんのリフトがありましたが、一番動かせる範囲が広く、誰でも使用しやすいものだったと思います。

 

IMG_6002.JPG

▲リフトを体験する様子

 

Hondaの車いす仕様車N-BOX+を体験しました。想像以上にスロープの乗り降りの移動がスムーズで、驚きました。また軽車両なのに、車椅子に乗りながらの乗車でも、天井が高く横幅も広く、非常にゆったりとした空間でした。リモコン1つの操作で簡単に動かせるのも、楽にできて良いなと思いました。実際に車が走行しているときの、体験もしてみたかったです。さらに、介護以外にも、普段の買い物や趣味などにも使用できるところもあり、様々な場面でとても便利な車であると感じました。

 

IMG_5959.JPG    IMG_5965.JPG

 

▲「車いす仕様車N-BOX+」を体験する様子

 

 

Hondaのサイドリフトアップシート車を体験しました。回転から昇降まで、すべて電動操作での乗り降りができ、操作もとても簡単でした。シートはとても座りやすく、少し高くなる時に怖さはありましたが、ゆっくりとスムーズなので、安心して乗ることができました。さらに、この車両は、介護する方が隣に並んで乗車することができるため、走行中も目が届きやすく、安全でいられると思いました。

 

IMG_5954.JPG

 

▲「サイドリフトアップシート車」を体験する様子

 

 

かわいいコミュニケーションロボット、『PALRO』を体験しました。この『PALRO』は、100人以上の顔と名前を覚え、一人ひとりに合わせた会話をすることができます。顔を何回も認識することで、その人の年齢も当てることができたり、健康体操を可愛らしく指導してくれたり、レクリエーションの提供をしたり、楽しめる機能が多くありました。そしてなんといっても、とっても可愛くて愛らしいので見ていて笑顔になれます!!『PALRO』を使うことで、利用者の方のリハビリに対する意欲の向上に繋がり、介護者の方の企画運営の負荷を軽減することができるなど、多くの介護施設で活躍しているそうです。

 

IMG_5990.JPG    IMG_5992_2.jpg

 

コミュニケーションロボット『PALRO』との会話を楽しむ様子

 

~最後に~

 今回の国際福祉機器展に参加し、福祉機器には様々な種類があり、多くの場面で活用できるものがたくさんあることを学びました。将来私たちが理学療法士になったときに、利用者・介助者に合った福祉機器の情報提供ができるよう学んでいこうと思いました。この見学を学生のうちにできたことは、とても貴重な経験となりました。

 


取材・記事執筆◆理学療法学科3年 須永亜美

          横山里緒

 

 

文京学院大学ふじみ野キャンパスのあやめ祭が、10月21日(土)と22日(日)に開催されました。

23日の未明に台風が通過するため、天気はあいにくの雨でしたが、それでもたくさんの方が来場してくれました。

 

●前日までの様子

食堂やアトリウム、オプス前などあやめ祭実行委員によって机やイスが片付けられ、エリアごとに各サークルがお店の準備を行っていました。

 

Ayame_Day0_1.gif    Ayame_Day0_1a.jpg

 

▲(左)食堂、(右)雨の中トークショーのチケット配布に並ぶ学生

 

 

ウィッチビやマッスルなどパフォーマンスを行うサークルは前日まで練習を行い、メンバー同士で教え合って最後の調整を行っていました。

 

Ayame_Day0_2.jpg    Ayame_Day0_3.jpg

 

▲ウィッチビ(Witch rino Bit)

 

Ayame_Day0_4.jpg    Ayame_Day0_5.jpg

 

▲マッスル(Muscle Project Ⅻ)

 

●21日の様子

校舎入ってすぐのアトリウムではヒーローショーやLIVE、サークルの発表が行われています。今年来てくれたヒーローは『キューレンジャー』。小さい子どもたちは食い入るように見ています。

最後の写真撮影のときには子どもだけではなく学生たちもキューレンジャーを撮影しに集まっていました。

LIVEには長谷川姉妹によるユニット『HAY』さんと『都乃 -SATONO-』さんが来てくれました。パフォーマンスに見入ってしまい、写真を撮り忘れてしまいました。

他にも『日本舞踊研究会』や手話サークル『あしの会』のパフォーマンスが行われていました。

『あしの会』はAlexandrosなど最近の曲に合わせて手話を披露し、『世界に一つだけの花』の手話講座も行い、会場に来ていたお客さんと一緒に手話を行っていました。

 

Ayame_Day1_1.jpg    Ayame_Day1_2.jpg

 

▲(左)ヒーローショー、(右)あしの会

 

校内ではいろいろなお店が出ていますが、サークル以外の出店もあり、環境教育研究センターでは『フェアトレード』のコーヒーも販売しています。『フェアトレード』とは、途上国で作られた作物や製品を適正な価格で取引を行う取り組みです。輸送費など消費者の手に届くまでに複数のコストがかかりますが、それらを極力減らし生産者が対価をきちんと受け取れるようにしています。あやめ祭に来た際はぜひお試しください。

 

Ayame_Day1_3.jpg    Ayame_Day1_4.jpg

 

▲(左)西館1階のオプス前、(右)環境教育研究センター

 

来場者には見えない所も紹介します!

21日は教室の一つで教授らが出迎え、OG・OBと懐かしい話に花を咲かせていました。

別の教室では本学のプログラムの一つでもある『新・文明の旅』の紹介や、受験生に向けた説明会なども行っていました。

 

Ayame_Day1_5.jpg

 

▲調理室では複数のサークルが調理中

 

初日の講堂では、演劇サークルLife・ウィッチビ(Witch Rino Bit)・マッスル(Muscle Project)がパフォーマンスを行っていました。ウィッチビはHIPHOPやJAZZなど様々なダンスパフォーマンス、マッスルはボディパーカッションやダブルダッチなどのパフォーマンスを行い、この日はマッスルがトリをつとめました。早い時間から廊下に長蛇の列ができるほどあやめ祭で人気となっています。

 

Ayame_Day1_6.jpg    Ayame_Day1_7.jpg

 

▲(左)演劇サークル Life、(右)ウィッチビ(Witch rino Bit)

 

 

Ayame_Day1_8.jpg    Ayame_Day1_9.jpg

Ayame_Day1_10.jpg    Ayame_Day1_11.jpg

 

Ayame_Day1_12.jpg

 

▲マッスル(Muscle Project Ⅻ)

 


取材・記事執筆◆児童発達学科3年 安野隆史

 

 

七夕のイベントは生徒会主催で毎年行われています。
開催期間の間、学内で7つのクイズに答えるスタンプラリーを行っていて、
正解した人は景品がもらえます。

 

Image_ef8df55.jpg

▲クイズに正解した学生が景品をもらっている様子



また、学生が短冊に願い事を書いて学内に飾られている笹につるすと、
抽選で選ばれた人の願いが叶えられます。
短冊には「ディズニーランドに行きたい」「世界平和」「体重計が欲しい」など様々な願い事が書かれていました。


 

Image_5c809d4.jpg  Image_9cf5c5f.jpg

▲アトリウムに設置された笹と、短冊を飾り付ける学生の様子

 

 

7月7日(金)に行われた抽選会では、様々な願い事が読まれました。
抽選でに当たらなくても聞いていて楽しい抽選会でした。
抽選ではディズニーペアチケット、参考書、体重計、3DSのソフト、PlayStation4などが当たっていました。
多くの学生がアトリウムで食事をしながら自分の短冊が読まれるのを楽しみに待っていました。
短冊が読まれ抽選に当たると、当たった人やその友達が歓声を上げて喜んでいました。
学生記者の原田君もiTunesカードが当たり、「3年間連続で願い事を書いていましたが当たってびっくりしました。隣にいた友達は当たらなかったので少し複雑な気持ちでした。もらったiTunesカードはパズドラに使いたいと思います。」と話してくれました。

 

 

Image_8e0e342.jpg     Image_f919824.jpg

▲七夕当日の抽選会の様子

 

7月7日(金)の七夕当日は学食のメニューも七夕限定メニューになっていて、

私たち学生記者も文京ランチを美味しくいただきました。
毎年このメニューを楽しみにしている学生も多いのではないでしょうか。

 

Image_82ae66d.jpg

 

Image_9ee4b0e.jpg   Image_11c8923.jpg

▲七夕当日限定の学食メニュー

 


実は、私たちも毎年この時期に短冊を書いていますが当たったことがありません。
でも、アトリウムの七夕飾りや、スタンプラリー、学食の七夕限定メニューなどを見ると、楽しい気分になります。
今回当たった方、おめでとうございます。当たらなかった方は、また来年に期待しましょう。

 



学生記者 作業療法学科3年 飯塚春乃
     作業療法学科3年 和田沙織

 

 7月12日(水)、本郷キャンパス メセナにて「七夕イベント」が開催されました。縁日や抽選会などが行われ、多くの学生が楽しんでいました。
 
 
tanabata_01M.jpg
<写真左:七夕イベントのプログラム表、写真右:学生のお願い事が書かれた短冊>
 
 
 
 縁日ブースには、お菓子、射的、風鈴作りなどがありました。どれも無料で楽しむことができ、多くの人がわたあめなどを手にし、メセナを歩き回っていました。私たちもポップコーン片手にイベントを楽しみました。
 
 
 

tanabata_02_20170817.jpg

<写真左:ポップコーンを配る学生たち、写真右:射的をしている様子>

 
 
 
 チアリーディング部とダンス部の発表もあり、学生たちは動きを止めて、発表に見入っていました。リズミカルなダンスを見ていたら、私も自然と体が動いてしまいました。(渡邊)
 
 
 
tanabata_03M.jpg
<写真左:ダンス部の発表、写真右:チアリーディング部の発表>
 
 
 
 イベントの後半になると抽選会が始まりました。今回のメイン賞品はプレイステーション4とディズニーのペアチケットでした。自分の番号が呼ばれないかと、皆さんがアナウンスに集中しました。私も抽選に参加したところ、ミキサーをゲットすることができました(笹原)。
 
 私たちは、今回、初めてこの「七夕イベント」に参加しました。高校と違う、学生主体の自由な雰囲気を感じました。友人との交流の場にもなっていたと思いますし、非常に楽しかったです。
学生の皆さんにとっては、テスト前の気分転換になったのではないでしょうか。
 
 来年はさらに盛り上げるため、模擬店の数を増やしたいと自治会の方がおっしゃっていました。とても期待できますね!
私も引き続き、参加しようと思います。(今度はメイン賞品を当てたい!)
 
 
 

 

 
取材・記事執筆◆外国語学部1年 渡邊愛奈・笹原響心 (学生記者)
 

 平成29年7月15日土曜日、梅雨とは思えないほどの晴天の中、文京学院大学本郷キャンパスにてオープンキャンパスが開催されました。

 当日は多くの高校生やご家族の皆様が本校に足を運んでくださいました。来場された方々を、スタッフTシャツに身を包んだオープンキャンパス委員の学生がとびきりの笑顔でお迎えし、対応していた姿がとても印象に残っています。そんな当日の様子をレポートしたいと思います!
 
20170715OC_01_750.jpg
〈写真 左上:オープンキャンパスのウェルカムボード 右上:受付の学生 左下:中庭から正門の様子 右下:キャンパス内での案内の様子〉
 
 まず私が感じたことは、「スタッフがどの学部の学生なのか簡単にわかる」ということです。外国語学部はピンク、経営学部はグリーンなど学部によってTシャツの色が異なるため、高校生の皆さんは誰に相談したらいいのかを一目で把握することができます。そういった配慮がとても素敵だと感じました。
 
 そんな素敵な委員の皆さんによって開催される、活気あふれるオープンキャンパスには様々なプログラムが用意されています。そのなかで取材したいくつかのプログラムを紹介します!
 
 
 



○経営学部・外国語学部 GCIガイダンス&学生紹介

 

 文京学院大学には「Bunkyo GCI」というプログラムがあります。GCIとは「英語圏の人が喋る英語はもちろん、中国やタイ、マレーシアなど非英語圏の英語の違いを認め合い学んでいこう。」という取り組みを行うクラスです。グローバル化により、非英語圏の人々も英語を使うのが当たり前になっています。本学はそこに注目し、これからの世の中を見通した教育に取り組んでいます。「非英語圏の英語とは一体何だろうか?」といったような疑問や興味を持った多くの高校生の皆さんが足を運んでいました。説明を聞いた皆さんは、自分の知らなかった世界が少しでも広がったのではないでしょうか。特に外国語学部志望の方は留学などGCIプログラムでしか受けられないものもあり、皆さん興味津々の様子でした。
 
 
 
20170715OC_02.jpg
 

20170715OC_03.jpg

〈写真 上:学生が質問に答えている様子 下:職員が質問に答えている様子〉
 
 
 
 S館では、「経営学部リレー式講義LIVE」が行われました!通常の模擬授業は、1人の先生がご自身の専門分野のテーマについてお話しをします。しかし、この「講義 LIVE」では、4人の経営学部の先生方がリレー方式で簿記やマーケティング、商法、国際経済などのあらゆる角度から、みなさんが普段何気なく利用している「コンビニ」の経営学と経営戦略の謎に迫りました!この講義を受けたことで、高校生の皆さんは実際にキャンパスでの講義の様子がはっきりとイメージできたと思います!
 
 
 

20170715OC_04.jpg

 

20170715OC_05.jpg

   〈写真 上:経営学部 新田 都志子先生の授業の様子 下:経営学部 髙橋 円香先生の授業の様子〉
 
 

 

 

○AnimeJapan実行委員会
 
 
 AnimeJapan実行委員会は長期フィールドワークとなっており、学生のクリエイティブな考えを生かすことで企業と産学連携をし、1つの商品やブース、イベントを作りあげるというものです。経営学部ならではの、この学校にしかない特別なプログラムです。
 今回のオープンキャンパスで紹介していたのは「裃雛」という日本人形の伝統的な技術を使いつつ新たな形で復興しよう!という取り組みと、東京都にある大島という島をもっと人々に知ってもらいたい!という「椿ランタンライトアッププロジェクト」の2つでした。実際にブースで「江戸木目込み体験」と「椿ランタン制作体験」を行っていました!職人の方にもいらしていただき実際に指導していただきながら作成できるのはとても貴重な経験だと思います!加えてここではAnimeJapan実行委員会の委員が発表を行い、どのような活動を行い、どのようなものが出来上がったのか実際に発表してくれました。委員の生の声を聴くことが出来る貴重な機会になったのではないでしょうか。



 

20170715OC_06.jpg

 

20170715OC_07.jpg

〈写真 上:実際に江戸木目込み体験を行っているところ  下:椿ランタンプロジェクトのプレゼンテーションの様子〉

 

 




○新・文明の旅

 

 文京学院大学には、ユーラシア大陸横断長期フィールドワークプロジェクト「新・文明の旅」というプログラムがあります。このプロジェクトは学部横断で経営、外国語、人間、保健医療技術学部の本郷、ふじみ野両キャンパスの生徒が一緒に授業を受けています。なんといってもその魅力はやはり普段の授業では関わる事の少ない他学部と交流を深めつつ、グローバルな視点で授業を受けられることです。実際の授業では外部講師の方をお招きしたり、現地留学生と対話したり最終的には現地に赴き、目で見て肌で感じる事が出来ます!外国に興味を持つ多くの方が足を運んでいました。
 
 
 
 
20170715OC_08.jpg
〈写真:新・文明の旅についての概要説明の様子〉
 
 

 

 

○学生相談ブース
 
 
 「もっと実際にどのようにキャンパスライフを過ごしているか気になっている。」「カリキュラムがどのようになっているか詳しく聞いてみたい。」という方が訪れていたのが、この学生相談ブースです。気になる点や不安な点を先生や先輩に実際に聞くことが出来ます。先輩とフリートークすることが出来るブースもあり、皆さん気軽に大学生との会話を楽しんでいた様子でした。



20170715OC_09.jpg
20170715OC_10.jpg
〈写真(上・下):学生相談ブースの様子〉
 
 

 
取材・記事執筆◆経営学部2年 学生記者 中村壮雅
         外国語学部4年 学生記者 池田真子
 

 
 

 
 
○人間学部:学び発見ガイド
 
 
 S館7階で開講された「学び発見ガイド」は、今年度と来年度から制度が変わるコミュニケーション社会学科と人間福祉学科の説明会です。どこがどのように変更されたのかを私も高校生の皆さんと学びました。そこで学んだことを簡単に紹介させていただきます。
 
【コミュニケーション社会学科】
 
 コミュニケーション社会学科は2017年度から2キャンパス制にリニューアルされました。1.2年生は埼玉県のふじみ野キャンパスで、3.4年生は東京の本郷キャンパスで学びます。
 
 
20170715OC_11.jpg

20170715OC_12.jpg

 
 この学科では社会と協力、コラボレーションしながら学んでいく「まちラボ」を掲げ、社会で活躍できるコミュニティ人材に成長できる環境になっています。
 
 
【人間福祉学科】
 人間福祉学科は2018年度から2つのコースが開設されます。「ソーシャルワークコース」と「福祉マネジメントコース」です。こちらの学部も、コースによって学ぶキャンパスが異なります。
 

20170715OC_13.jpg

 
 ①では、対人援助の専門家育成に力を注いでいます。社会福祉施設や病院、社会福祉協議会などで活躍するための学びを行います。
 一方、②では今社会で求められている介護、健康、スポーツ領域などの学びと、経営学の両方を学び、一般企業で活躍することを目指します。
 
 
 
20170715OC_14.jpg
 

20170715OC_15.jpg

〈写真(上・下とも):学び発見ガイドで説明してくださる先生の様子〉
 
 
 
 また、人間学部は2015年度から、ロンドン芸術大学との連携プログラムがスタートするなど、より学生が充実した学びができる環境が整っています。
外国語学部の学生である私にとって、この「学び発見ガイド」は新しい発見や知識の連続でした。また、話を聞いている高校生の皆さんの真剣な表情から、どれほど真剣に将来を考えているのかをうかがうことができました。参加者にとって有意義な時間だったと思います。
 
 

 

○保健医療技術学部:看護体験コーナー
 
 
 S館9階にて開かれた「看護体験ツアー」は大盛況でした。体験を希望する高校生や保護者の皆さんを、笑顔で迎え入れる看護学科学生の皆さんがとても印象に残っています。このS館9階と10階は、普段は看護学科の学生のみが使用しています。初めて足を踏み入れた私はとても緊張し、胸がドキドキしていました。はじめて本学に訪れる高校生の皆さんも、私と同じ気持ちだったのではないでしょうか。そんな気持ちを抱える私たちにとって、素敵な笑顔で迎え入れてくれる看護学科の皆さんは、気持ちを落ち着けてくれる存在でした。最初は緊張していたものの、帰る際には「楽しかった」と言っている高校生の皆さんを見て、これから進路を決定していくうえで、この体験は貴重なものになったのではないかと感じました。
 

 

20170715OC_16.jpg

 
保健医療技術学部:臨床実習体験ツアー
 
 
 臨床実習体験ツアーとは、臨床検査学科の学生が使用する東館のキャンパスを、実習体験しながら案内してもらう「東館のキャンパスツアー」のようなものです。このプログラムは、1時間ごとに4回行われます。私もそのうちの1回に参加してきました!
 
 
 
20170715OC_17.jpg
〈写真:東館入り口〉
 
 
 まずは、1階の学生ラウンジにて、4年間の学びの説明が行われました。5分ほど説明を受けた後は、いよいよ待ちに待った実習体験です!15分ごと4つの項目を体験できます。
 
 
【エコー体験】
 エコー体験では、実際に臨床検査技師がやっていることを実践し、高校生の代表者1名に体験してもらうというものでした。エコーには超音波の出方が3種類あるそうです。なぜこの臓器を見るときにはこの超音波を使用するのかを、フルーツゼリーを使いながらわかりやすく説明している姿に感銘を受けました。また学生が書いたレポートも展示してあり、それを読んでいる高校生の皆さんはとても真剣な表情でした。
 
 
 

20170715OC_18.jpg

 

20170715OC_19.jpg

〈写真(上・下とも):説明する学生と、真剣に話を聞く高校生と保護者の様子〉
 
 
【血液型検査】
 このブースでは、手袋をつけて全員が実習を行いました。紙の上で液体と血液をまぜ、その血液が何型かを推測するというものです。ただ実習するだけではなく、なぜこの模様だとこの血液型になるのかを丁寧に説明していました。また採血の練習で使用する道具を実際に触ることもでき、高校生の皆さんは大学生になって実習する自分がより具体的に想像できたのではないかと思います。
 
 
 

20170715OC_20.jpg

 

20170715OC_21.jpg

   〈写真(上):説明してくれた学生 (下):実習で使用した試験紙〉
 
 
【顕微鏡】
 この教室には顕微鏡が8台ほど用意してありました。その中をのぞいて説明を受けている高校生の皆さんの真剣な横顔が印象的でした。また本学にある顕微鏡は、1台ずつ使用する人物が決まっているため、必ず1人1台使用することができます。そのため余裕をもって集中して研究することができる環境がある点も大変魅力的だと感じました。
 
 
 
20170715OC_22.jpg
20170715OC_23.jpg
〈写真(上・下):使用した顕微鏡とそれを覗く高校生〉
 
【微生物】
 細菌は、網やコーヒーフィルターを通るのか?といったようなクイズからこのブースの説明は始まりました。担当学生は、臨床検査学科でなぜ微生物について学ぶ必要があるのかを丁寧に説明していました。真面目な話をしつつも、冗談を交えて話すことで、高校生だけではなく保護者の皆さんも楽しんでいた様子でした。
 
 
 
20170715OC_24.jpg
20170715OC_25.jpg
〈写真(上):説明中の様子 (下):微生物が入った容器〉
 
 
 

 

 
 実際に私も参加してみて、笑い声にあふれたキャンパスツアーだったと感じました。それと同時に、高校生のみならず親御さんにも配慮されている姿に感動しました。丁寧な対応をしてくれる学生がいるからこそ、高校生は将来の自分がより具体的に想像でき、自分の進路を決定できるのではないかと感じた臨床実習体験ツアーでした。
 
 
 オープンキャンパスの取材を通して、高校生の皆さんの生き生きとした表情やスタッフの丁寧な対応を間近で感じることができました。その姿をみると、暑い中の開催でしたが来場者の方々に満足いただける良いオープンキャンパスになっていたのではないかと思います!取材に協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 
 次回のオープンキャンパスは8月19日(土曜日)に開催されます。
今回取材したオープンキャンパス同様、様々なプログラムが用意されていますので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください!
 
 

取材・記事執筆◆経営学部2年 学生記者 中村壮雅
         外国語学部4年 学生記者 池田真子

 

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8