文京学院大学トップページ|学部紹介 飯島 史朗

教員紹介

一覧に戻る
飯島 史朗
  • 教授
  • 飯島 史朗 (Shiro Iijima)
    いいじま しろう
  • 担当科目 演習テーマ
    臨床化学I 臨床化学II 生化学I 健康食品総論 卒業研究 化学検査情報解析学特論 化学検査情報解析学実験
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

腫瘍や炎症性疾患における糖鎖機能解析

ひとこと

未知の事柄には専門家はいません。一緒に研究を通じて専門家になりませんか?

専門分野

臨床化学
病態生化学
糖鎖科学
情報科学

学位

博士(薬学)

最終学歴

城西大学薬学部

主な経歴

東京医科歯科大学医学部附属病院検査部・文部技官
共立薬科大学薬学部・助手
共立薬科大学薬学部・講師
慶應義塾大学薬学部・専任講師
2012年4月 文京学院大学保健医療技術学部・教授

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

論文

  • Nakayama A, Kubota R, Sakatsume M, Suzuki H, Katayama A, Kanamori K, Shiba K, IIJIMA S. Cellulose Acetate Membrane Electrophoresis Based Urinary Proteomics for the Identification of Characteristic Proteins. J Clin Lab Anal Oct 10 (2015)
  • SHIHEIDO H, NAITO Y, KIMURA H, GENMA H, TAKASHIMA H, TOKUNAGA M, ONO T, HIRANO T, DU W, YAMADA T, DOI N, IIJIMA S, HATTORI Y, YANAGAWA H. An anilinoquinazoline derivative inhibits tumor growth through interaction with hCAP-G2, a subunit of condensin II. PLoS One 7 e44889 (2012)
  • SHIHEDO H, TERADA F, TABATA N, HAYAKAWA I, MATUMURA N, TAKASHIMA H, OGAWA Y, Du W, YAMADA T, SHOJI M, SUGAI T, DOI N, IIJIMA S, HATTORI Y, YANAGAWA H. A phthalimide derivative that inhibits centrosomal clustering is effective on multiple myeloma. PLoS One 7 e38878 (2012)
  • SAKAI N, KUBOTA R, SHIBA K, HATTORI Y, IIJIMA S. Isoelectric focusing of urinary transferrin for detection of early stages of diabetic nephropathy. Journal of Electrophresis 56 1-6 (2012)
  • TAHARA K, NISHIKAWA T, HATTORI Y, IIJIMA S, KOUNO Y, ABE Y. Production of a reactive metabolite of troglitazone by electrochemical oxidation performed in nonaqueous medium. Journal of Pharmaceutical Biomedical Analysis 50 1030-1036 (2009)
  • TAHARA K, MAKII E, IIJIMA S, ABE Y, MOCHIZUKI M. On-line liquid chromatography and circular dichroism detection of stereo-isomers of α-tocopherol derivatives generated by an electrochemical reaction. Analytical Science 24 935-938 (2008)
  • TAHARA K, YANO Y, KANAGAWA K, ABE Y, YAMADA J, IIJIMA S, MOCHIZUKI M, NISHIKAWA T. Successful preparation of metabolite of troglitazone by in-flow electrochemical reaction on coulometric electrode. Chemical & Pharmaceutical Bulletin 55 1207-1212 (2007)
  • YOKOMIZO K, IIJIMA S, SAKAI N, KURIHARA Y, HIRATSUKA N, NAGAI K, IWAI T, SHIBA K. Urinary protein analysis in pre- and postoperative cancer patients. Journal of Clinical Laboratory Analysis. 19 253-259 (2005)
  • SAKAI N, IIJIMA S, SHIBA K. Reinvestigation of clinical value of revalta reaction of puncture fluid. Rinsyo Byori 52 877-882 (2004)
  • UTSUBO R, SONODA Y, TAKAHASHI R, IIJIMA S, YOKOTA-Aizu E, KASAHARA T. Proteome analysis of focal adhesion kinase (FAK)-overexpressing cells. Biological & Pharmaceutical Bulletin 27 1735-1741 (2004)

著書

  • 化学・バイオ・薬学・医療系のための必ず役立つ情報リテラシー第3版(共著、丸善、2018)
  • メディカルサイエンス 臨床化学検査学 病態生理学の視点から(共著、近代出版、2014)
  • 生命化学・医療系のための情報リテラシー(共著、丸善出版、2011)
  • 化学・バイオ・薬学・医療系のための必ず役立つ情報リテラシー(共著、丸善、2010)
  • 薬学生のためのヒューマニティ・コミュニケーション学習(共著、南江堂、2009)
  • 薬学分析科学の最前線(共著、じほう、2009)
  • 検査機器総論 (共著、講談社、1988)

特許

  • 超音波制御による薬物放出製剤、発明者:古幡博, 木村都, 飯島史朗 出願人:住友製薬, 古幡博、特許番号3102655
  • 多発性骨髄腫に伴う骨融解症状を診断するためのバイオマーカー、診断剤及びその使用方法、発明者:飯島史朗, 服部豊 出願人:慶應義塾(特願2011-017058)

研究助成金

  • 2019-2021年度 文部科学省科学研究費基盤研究(C)研究代表者(多発性骨髄腫病態形成関わるエクソソーム解析)
  • 2016–2018年度 文部科学省科学研究費基盤研究(C)研究分担者(ドライノーズに関する研究)
  • 2016–2018年度 文部科学省科学研究費基盤研究(C)研究分担者(エクソソームによる腎非侵襲検査)
  • 2012-2014年度 文部科学省科学研究費基盤研究(C)研究代表者(多発性骨髄腫の病態解析)
  • 2007年度 文部科学省科学研究費基盤研究(C)研究分担者(神経機能障害)
  • 2000-2001年度 文部科学省科学研究費奨励研究(A)研究代表者(急性相反応蛋白質の糖鎖分析)
  • 1995年度文部科学省科学研究費奨励研究(A)研究代表者(炎症のマ-カ-の解析)
  • 1994年度 文部科学省科学研究費奨励研究(A)研究代表者(骨粗鬆症マ-カ-としての骨誘導蛋白の評価)
  • 1994年度 文部科学省科学研究費目試験研究(B)研究分担者(超音波併用血栓溶解療法の開発)
  • 1993年度 文部省科学研究費奨励研究(A)研究代表者(骨誘導蛋白(BMP)の活性補助因子の検索)

受賞

  • 2010年度 東京消防庁予防部長表彰(大学における危険物保安功労者)
  • 2013年度 藤沢市長表彰(教育・文化功労者)
  • 2017年度 日本電気泳動学会・学会賞(児玉賞)受賞
所属学会
国際会議等への参加

日本薬学会・会員
日本臨床化学会・会員
日本分析化学会・会員
日本生物試料分析科学会・評議員
日本電気泳動学会・理事
日本臨床検査医学会・会員
腎泌尿器研究会・監事

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

薬学共用試験センター・システム検討委員会・副委員長

一覧に戻る