文京学院大学トップページ|学部紹介 藪長 千乃

教員紹介

一覧に戻る
藪長 千乃
  • 教授
  • 藪長 千乃 (Chino Yabunaga)
    やぶなが ちの
  • 担当科目 演習テーマ
    福祉行財政と福祉計画 社会保障 低所得者に対する支援と生活保護制度 相談援助演習 相談援助実習指導 社会福祉士特講 卒業研究(研究法演習、卒業論文) 大学院社会保障特別研究 大学院福祉政策論特別研究
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

北欧諸国における福祉多元主義
社会連帯の北欧諸国におけるあり方

ひとこと

これからみなさんが大学で学ぶことには、マークシートで塗りつぶせるような唯一の正解はありません。社会で起こるさまざまな出来事や、講師たちのメッセージの中から、自分の考えを見出し、それをほかの人へ明快に伝える。そんな力をぜひ身につけてください。

専門分野

比較福祉政策論
地方自治論
社会保障とジェンダー
地域研究(北欧)

学位

修士(学術)

最終学歴

早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程(修了)

主な経歴

1993年 一橋大学社会学部卒業
1993年 東京都入庁(職員共済組合、総務局行政部、衛生局総務部、財務局主計部)
1997年 早稲田大学大学社会科学研究科修士課程入学
2000年 同上修了(修士(学術))
2000年 早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程入学
2003年 同上単位取得退学
2003年 東京都退職
2003年 文京学院大学人間学部専任講師
2006年 同助教授
2007年 同准教授
2007年 学習院大学非常勤講師(社会政策論I、II)
2008~10年 立教大学兼任講師(単年度ゼミナール)
2009年 早稲田大学非常勤講師(社会科学総合研究 国際比較から見た次世代育成政策 分担講義)
2009年 日本女子大学非常勤講師(生活と自治体行政)
2010年 東海大学非常勤講師(北欧の社会と女性)
2011年 文京学院大学人間学部教授

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

【著書】
共編著『世界の保育保障』法律文化社、2012年
共著「社会保障制度の現代的課題」『社会保障』学文社、2011年
共著「フィンランドの少子化政策」『少子化政策の国際比較』中央法規出版、2010年
共著「ノルウェー」『よくわかる世界の地方自治制度』イマジン出版、2008年
共著「フィンランド情報福祉社会の構築と国民性」『北欧世界のことばと文化』成文堂、2007年
共著『演習ノート 政治学(第4版)』(市民社会論ほか6項目)法学書院、2007年
共著「在住外国人の生き方」『スウェーデン−自律社会の試み』早稲田大学出版部、2006年
共著「分権化社会と地方自治」『ノルウェーの政治』早稲田大学出版部、2005年
翻訳 マルッティ・ハイキオ著『フィンランド現代政治史』早稲田大学出版部、2003年(岡澤憲芙監訳) ほか
【原著論文】
article: Diversity inside the universal welfare state: The case of welfare innovation in Finland, Proceedings of 21st. Asia Pacific Socialwork Conference, 2012.2
論文「フィンランドにおける中央―地方関係の新たな展開-分権型福祉国家の政策イノベーション-」日本比較政治学会年報第12号
論文「フィンランドにおける地域政策の変容:格差社会の進行の中で」北ヨーロッパ研究第5巻
論文「NPM改革と自治体における福祉サービス供給−フィンランド3自治体の事例から−」文京学院大学人間学部研究紀要第9巻1号、2007年
論文「フィンランド近親者介護制度の動向−福祉多元主義におけるインフォーマル・ケアの機能と役割に関する一考察」文京学院大学人間学部研究紀要第7巻1号、2005年
論文「2004年年金制度改正における女性と年金の問題について−女性のライフコースの変化に着目して−」文京学院大学研究紀要第6巻1号、2004年
論文「フィンランドにおける地方制度改革への取組」早稲田大学大学院社会科学研究科紀要別冊第10号、2002年10月
論文「フィンランドの在宅介護給付制度−その制度と効果−」早稲田大学大学院社会科学研究科紀要別冊第9号、2002年3月
論文「フィンランドにおける女性の政治参加−参政権実現へのプロセス」早稲田大学大学院社会科学研究科紀要別冊第8号、2001年9月 ほか
【競争的資金の受け入れ】
科学研究費補助金(若手研究(B))課題番号21730120「グローバル化時代の地方自治体 自治体間競合と国家間競合の間で」(2009~2011年度、2009~10年度交付額計338万円)研究代表者
ユニベール財団研究助成「限界集落における持続的発展に関する国際調査研究」(2008年11月~2009年10月、総額90万円)研究代表者
科学研究費補助金(若手研究(B))課題番号18730102「福祉社会におけるサービス供給構造の研究 フィンランド人口3万人規模自治体の事例」(2006~7年度、総額220万円)研究代表者

所属学会
国際会議等への参加

北ヨーロッパ学会理事、事務局
日本地方政治学会理事
日本比較政治学会会員
日本公共政策学会会員
日本社会福祉学会会員
社会政策学会会員 ほか

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

内閣府「北欧諸国におけるジェンダー主流化に関する調査」検討会委員(2010年度)
内閣府「諸外国における専門職への女性の参画に関する調査」調査担当委員(2009年度)
特許庁研修講師(男女共同参画社会の推進について)(2008年~)
ふじみ野市帰国・外国人児童・生徒受入促進事業研究協力委員(2007年~2009年)
日の基社会事業団監事

一覧に戻る