文京学院大学トップページ|学部紹介 柿崎 藤泰

教員紹介

一覧に戻る
柿崎 藤泰
  • 教授
  • 柿崎 藤泰 (Fujiyasu Kakizaki)
    かきざき ふじやす
  • 担当科目 演習テーマ
    呼吸・循環・代謝系理学療法学、呼吸・循環・代謝系理学療法学実習、スリングセラピースキル、インソールスキル 呼吸器系理学療法特論(大学院)、呼吸器系理学療法演習(大学院)、特別研究(大学院)
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

胸郭の運動分析
姿勢と胸郭周囲筋活動の関係
呼吸運動療法(呼吸困難感を和らげ、個人にみあった日常生活動作を再建するための運動療法)の開発

ひとこと

私は人間の生きるもとである「呼吸」をテーマにしています。「呼吸」は体幹にある胸郭や腹部で行われますが、呼吸運動は不良な姿勢や動きにより簡単に障害を受けてしまいます。このとき多くの場合は、上手に呼吸筋を使うことができなくなり呼吸困難が伴います。しかし、二本の足でしっかり立つことができ、歩けるようになる(調和のとれた立位・歩行動作の再建)ことにより、姿勢筋として関与していた呼吸筋は姿勢活動から開放されます。このように臨床結果に基づき、培った理学療法士の技術により、障害をもつ方々にとって、個人にみあった最良の「呼吸」づくりを可能にし、そしてよりクオリティの高い日常生活を獲得することができるものと考えています。今後も、臨床に役立つ基礎研究を行い、呼吸器の障害を持つ多くの方々に応用していけるよう研鑽していきたいと考えています。

専門分野

呼吸器、および運動器疾患の理学療法

学位

医学博士

最終学歴

昭和大学

主な経歴

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院リハビリテーション部、昭和大学附属豊洲病院リハビリテーション部主任を経て現在に至る。

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

著書
・運動のつながりから導く姿勢と歩行の理学療法.文光堂,2020
・胸郭運動システムの再建法 第2版-呼吸運動再構築理論に基づく評価と治療-.

 ヒューマン・プレス,2017
・極める膝・下腿骨折の理学療法.文光堂,2017
・運動のつながりから導く肩の理学療法.文光堂,2017
・新ブラッシュアップ理学療法.ヒューマン・プレス,2017
・胸郭運動システムの再建法-呼吸運動再構築理論に基づく評価と治療-.三輪書店,2016
・理学療法技術の再検証 科学的技術の確立に向けて 理学療法MOOK 17.三輪書店,2015
・呼吸リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版.MEDICAL VIEW,2014
・新人・若手理学療法士のための最近知見の臨床応用ガイダンス―筋・骨格系理学療法.文光堂,2013
・ブラッシュアップ理学療法.三輪書店,2012
・運動器障害理学療法学テキスト.南江堂,2011
・外来整形外科のための退行変性疾患の理学療法.医歯薬出版,2010
・理学療法MOOK4 呼吸理学療法第2版.三輪書店,2009
・多関節運動連鎖からみた変形性関節症の保存療法 刷新的理学療法.全日本病院出版会,2008
・治す・防ぐ・若返る健康医学事典 からだ力編.講談社,2006
・やさしいCOPDリハビリテーションの自己管理.医薬ジャーナル社,2005
・特集 老化予防のストレッチ NHK「生活ほっとモーニング」11・12月号(NHK出版)
・トータル呼吸ケア気管支喘息.MEDICAL VIEW,2004
・呼吸運動療法の理論と技術.MEDICAL VIEW,2003
・実践呼吸器ケア.医学書院
・理学療法MOOK 4 呼吸理学療法.三輪書店,1999
・気道アレルギー'98.MEDICAL VIEW,1998

論文】原著論文・解説/特集を含む
・胸郭の機能解剖学的特性からみた理学療法実践.理学療法,37(4):323-341,2020
・胸郭側方偏位および胸郭形状と歩行立脚期における下腿側方傾斜角度の関係.
 理学療法科学,35(2):187-191,2020
・Humeral Head Morphometry Can Predict the Presence of Subacromial Spurs:
 Measurements of Dried Bones from Human Shoulder Girdles.
 The Tokai journal of experimental and clinical medicine 44(1):9-14,2019
・Effect of forward head posture on thoracic shape and respiratory function.
 J Phys Ther Sci,31(1): 63–68,2019
・若年健常成人男性における努力呼気での広背筋下部線維筋厚左右比率と骨盤側方挙上角度
 および呼吸機能の関連性.理学療法科学,34(4):467-472,2019
・安静時における胸郭形状の特徴が胸郭可動性と呼吸機能に及ぼす影響.
 理学療法科学,33(3):513-518,2018
・強制呼吸での腰方形筋断面積の左右対称性と前額面上の姿勢、呼吸機能の関係.
 理学療法科学,33(3):501-506,2018
・体幹回旋に伴う胸郭の前後および左右への並進の運動特性.
 理学療法科学,33(1):173-176,2018
・Instantaneous changes in respiratory function induced by passive pelvic suspension
 in the supine position in relation to increased diaphragm excursion.
 J Phys Ther Sci,29(3):432–437,2017
・安静座位における上半身重心点の位置と左右肩甲帯周囲筋活動の特徴.
 専門リハビリテーション,16:58-60,2017
・姿勢改善をめざすベルトおよびウエア開発 Reebokとの共同開発.
 理学療法ジャーナル,51(11):963-966,2017
・体幹の機能障害における胸郭のかかわり.理学療法学,43:61-65,2016
・姿勢変化が吸気負荷時の左右胸郭体積変化に及ぼす影響.
 理学療法科学,32(5):669-674,2017
・肩凝りに対する理学療法.理学療法ジャーナル.49(5):427-434,2015
・胸郭の機能障害と理学療法のポイント.理学療法,32(7):580-588,2015
・胸郭拡張差と胸郭体積変化の関連性.理学療法科学,29(6):881-884,2014
・高強度レジスタンストレーニング前後の血行動態.理学療法科学,29(5):689-692,2014
・3次元画像計測を用いた呼吸運動の計測.バイオメカニズム学会誌,36(3):138-141,2012
・機能性ウェア装着時における歩行分析 -Reebok TAIKANを使用して-.
 バイオメカニズム学会誌,35(1): 62-65,2011
・前十字靭帯損傷メカニズムの検討-下肢アライメントが片脚着地動作と筋活動に及ぼす影響-
 日本臨床スポーツ医学会誌,vol.19(1):120-126,2011
・足部・足関節アライメントが片却着地動作時の動的下肢アライメントと着地直前直後筋活動
 に及ぼす影響.理学療法科学,26(1):27-31,2011
・上半身質量中心位置の変化と頚椎の回旋可動域の関連性.文京学院大学保健医療技術学部紀要
 第3巻:1-6,2010
・胸郭の病態運動学と理学療法.理学療法,26(3):431-440,2009
・呼吸運動と理学療法 -姿勢からの展開-(第22回中国ブロック理学療法士学会学会誌 1-5)
・呼吸器疾患の評価と治療(The Journal of Clinical Physical Therapy : Vol.11 21-31)
・Preliminary Report on the Effects of Respiratory Muscle Stretch Gymnastics on Chest
 Wall Mobility in Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease.
 (Respir Care; 44 (4))
・Immediate effect of respiratory muscle stretch gymnastics and diaphragmatic
 breathing on respiratory pattern. Intern Med;38(2)
・Immediate Effects of Thixotropy Conditioning of Inspiratory Muscles on Chest-Wall
 Volume in Chronic Obstructive Pulmonary Disease. Respir Care; 51 (7) :750-757
・Clinical effects of four weeks of respiratory muscle stretch gymnastics in patients
 with chronic obstructive pulmonary disease. Nihon Kyobu Shikkan Gakkai Zasshi;34(6)
・呼吸器疾患・呼吸運動療法.理学療法 -技術と研究-,神奈川県士会会報;26
・呼吸筋ストレッチ体操がCOPD患者の胸壁運動に及ぼす影響.理学療法 -技術と研究-,
 神奈川県士会会報;23

ビデオ・CD
・胸郭運動システムの再建法セミナー~ レッドコードを利用した治療戦略 ~
 理学療法 ME238-S 全2巻,ジャパンライム
・胸郭運動システムの再建法~運動器として捉えた胸郭の機能評価と治療展開~
 理学療法 ME158-S 全3巻,ジャパンライム
・生活ほっとモーニング「いつまでも若々しく老化を防ぐストレッチ」(NHKサービスセンター)
・呼吸筋ストレッチ体操で青春を取り戻そう!(藤沢薬品工業在宅医療事業部)
・呼吸筋ストレッチ体操(独立行政法人環境再生保全機構)
・誰にでもできる呼吸筋ストレッチ体操(大塚製薬)

主な学会発表
(2015年度)
『参加学会:9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine 2015/6/19-23』
1. Ayumi Mohara Naoya Nishida, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki: Lateral differences in rib part-latissimus dorsi thickness and costovertebral joint stiffness.
2. Naoya Nishida, Fujiyasu Kakizaki,Ayumi Mohara,Tatsuya Ishizuka,Yukisato Ishida: Effects of left or right pendular motion of upper extremities
on the stability of body trunk and lower extremities.
3. Tatsuya Ishizuka, Naoya Nishida, Yuuki Homma, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki: Beneficial effects of pelvis lifting at supine position on diaphragm mobility and respiration pattern.
4. Tsutomu Fujihara, Michie Okazaki, Tetsuro Hirayama, Tatsuya Ishizuka, Taiichi Koseki, Kazuya Tame, Tomoko Kawasaki, Fumiya Inagaki, Hirohisa Koseki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki: Relation between deviation of trunk and rectus abdominis muscle thickness and respiratory function.
5. Taiichi Koseki, Tetsuro Hirayama, Tatsuya Ishizuka, Naoya Nishida, Hirohisa Koseki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki: Segmental movements between cervical rotation and lateral thoracic shape change: The manner of increased or decreased deviation in thoracic shape upon cervical rotation.
6. Tetsuro Hirayama, Tatsuya Ishizuka, Taiichi Koseki, Tomoko Kawasaki, Hirohisa Koseki, Masahiko Izumizaki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki: Restriction of thoracic motility induced by lateral deviation of upper and lower thorax.
7. Tomoko Kawasaki, Tetsuro Hirayama, Kazuya Tame, Naoya Nishida, Taiichi Koseki, Tsutomu Fujihara, Fumiya Inagaki, Hirohisa Koseki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki: Characteristic lateral changes in upper thoracic shape and sitting ground reaction pressure associated with lateral neck bending.
8. Masahiro Edo, Fujiyasu Kakizaki: Kinematic Characteristics of Transposition of Thorax that Occurs with Rotation of Trunk
9. Motoki Jo, Ryo Saotome, Megumi Imai, Narumi Kariya, Shiori Iwamoto, Yukisato Ishida, Masahiro Edo, Fujiyasu Kakizaki: Non-uniform coupling of body trunk muscles affects thoracic shape through estimation on sagittal plane.
(2014年度)
『参加学会:American Association for Respiratory Care 60th International convention (Las Vegas, NV) December 9-12, 2014』
1. Tetsuro Hirayama, Tatsuya Ishizuka, Taiichi Koseki, Yuuki Homma, Naoya Nishida, Michie Okazaki, Tomoko Kawasaki, Hirohisa Koseki, Masahiko Izumizaki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki: Analysis of thoracic shape during forced breathing - Relationship of the thoracic shape and respiratory function -.
2. Naoya Nishida, Tatsuya Ishizuka, Tetsuro Hirayama, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki: Effects of different cervicothoracic spine positions in the supine posture on lateral deviation of upper thorax and respiratory function.
3. Yuuki Homma, Fujiyasu Kakizaki, Yukisato Ishida, Masahiko Izumizaki, Kazumasa Tanaka: Improvement in the 6-minute walking distance by fastening posture stability system belt in COPD patients.
(2013年度)
『参加学会:The 6th WCPT-AWP & 12th ACPT Congress 2013 (Taichung, Taiwan), September 5-9, 2013』
1. Akihiro Shishido, Naruyoshi Komuro, Kotaro Nishikawa, Michie Okazaki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki : THORACIC LATERODEVIATION DETERMINES THE ASYMMETRIC MUSCULAR THICKNESSES OF THE LUMBAR MULTIFIDUS MUSCLE UPON TRUNK EXTENSION.
2. Tatsuya Ishizuka, Taiichi Koseki, Tetsuro Hirayama, Yuuki Homma, Naoya Nishida, Michie Okazaki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki : THE NOVEL APPROACH TO DETERMINE LATERAL DEVIATIONS OF THORACIS AND BODY TRUNK.
3. Akira Shobo, Michie Okazaki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki, Sumiko Yamamoto : PLACEMENT OF PELVIS AT SITTING POSTURE AFFECTS THORACIC MOVEMENT DURING BREATHING.
4. Yuuki Homma, Fujiyasu Kakizaki, Michie Okazaki, Tatsuya Ishizuka, Naoya Nishida, Taiichi Koseki, Tetsuro Hirayama, Yukisato Ishida : FUNCTIONAL RELATION BETWEEN PLACEMENT OF THE 12TH RIB AND ACTIVITIES OF QUADRATUSLUMBORUM.
5. Taiichi Koseki, Fujiyasu Kakizaki, Tatsuya Ishizuka, Tetsuro Hirayama, Yuuki Homma, Naoya Nishida, Michie Okazaki, Yukisato Ishida, Hirohisa Koseki : THORACIC KYPHOSIS AFFECTS THE ASYMMETRY IN THORACIC SHAPE.
6. Tetsuro Hirayama, Fujiyasu Kakizaki, Tatsuya Ishizuka, Taiichi Koseki, Yuuki Homma, Naoya Nishida, Michie Okazaki, Yukisato Ishida, Hirohisa Koseki : CHARACTERISTIC LATERAL DEVIATION OF UPPER THORAX IN RESPIRATORY EXCURSION.
7. Tsutomu Fujihara, Fujiyasu Kakizaki, Michie Okazaki, Kazuya Tame, Yukisato Ishida, Hirohisa Koseki : RELATION BETWEEN ANTERIOR SERRATUS ACTIVITIES AND PELVIC GIRDLE PRESURS UPON REACH MOTIONS.
8. Naoya Nishida, Tatsuya Ishizuka, Taiichi Koseki, Tetsuro Hirayama, Yuuki Homma, Michie Okazaki, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki : LATERALLY DIFFERENT CHAIN MOVEMENTS OF THORAX UPON ELEVATION OF LEFT AND RIGHT ARM.
9. Michie Okazaki, Masaaki kaneko, Yukisato Ishida, Fujiyasu Kakizaki, Toshihito Katsumura : GENDER DIFFERENCE IN RELATION OF DISTANCE OF TIBIOFIBULAR SYNDESMOSIS TO JOINT DYNAMICS OF LOWER EXTREMITIES.
10. Ayumi Mohara, Fujiyasu Kakizaki, Yuuki Homma, Tatsuya Ishizuka, Naoya Nishida, Taiichi Koseki, Tetsuro Hirayama, Michie Okazaki, Yukisato Ishida : LATERALLY DIFFERENT COUPLING BETWEEN LATISSMUS DORSI AND RIBS UPON PUSH-UP MOVEMENT.
11. Kazuya Tame, Fujiyasu Kakizaki, Michie Okazaki, Tsutomu Fujihara, Taiichi Koseki, Tetsuro Hirayama, Hirohisa Koseki, Yukisato Ishida : FUNCTIONAL WEAR, REEBOK TAIKAN® ALTERS RANGE OF MOTION OF SPINAL COLUMN UPON TRUNK EXTENSION.
12. Masaaki Kaneko, Keishoku Sakuraba, Michie Okazaki, Fujiyasu Kakizaki : RELATIONSHIP OF FEMORAL ANTEVERSION AND LOWER EXTREMITY BIOMECHANICS IN SAGITTAL PLANE UPON SINGLE-LEG LANDING.

所属学会
国際会議等への参加

■ 日本理学療法士学会
■ 日本呼吸器学会
■ 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
■ American Association for Respiratory Care
■ 日本体力医学会
■ 理学療法科学学会

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

【社会的活動】
《メディア出演》
・NHK「ニュースシブ5時」番組出演 2020年8月25日
・NHK「きょうの健康」番組出演 2015年9月24日
・NHK「あさイチ」番組出演 2014年11月18日
・TBSラジオ「生島ひろしのおはよう一直線」番組出演 2008年11月5日
・フジテレビ「発掘!あるある大事典Ⅱ」番組出演 2005年7月31日
・NHK「生活ほっとモーニング」番組出演 2004年5月7日
・NHK「ためしてガッテン」番組出演 2004年3月31日

一覧に戻る