文京学院大学トップページ|学部紹介 鈴木(高島) 和音

教員紹介

一覧に戻る
鈴木(高島) 和音
  • 助教
  • 鈴木(高島) 和音 (Kazune Suzuki (Takashima) )
    すずき(たかしま) かずね
  • 担当科目 演習テーマ
    アセスメントと看護技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

医療資源が限られた地域・国における地域保健・母子保健・人材育成

専門分野

教育分野:基礎看護領域
研究分野:国際保健(地域保健、母子保健)、途上国における災害医療支援 

学位

修士(国際公衆衛生学)

最終学歴

リバプール熱帯医学大学院国際公衆衛生学専攻

主な経歴

東京医科大学八王子医療センター 特定集中治療室(ICU、CCU)・救急外来 看護師
JICA青年海外協力隊 ドミニカ共和国・保健師(母子保健)
特定非営利活動法人「地球のステージ」 現地駐在員 東ティモール民主共和国(母子保健事業)
災害医療支援 インドネシアパダン地震、ハイチ大地震、フィリピン高潮支援、西アフリカエボラ支援(ガーナ、リベリア)
公益社団法人「NICCO」  短期専門家 ミャンマー連邦共和国(地域保健)
JICA職員 国際緊急援助隊事務局(医療チーム)/人間開発部保健グループ(東南アジア・母子保健課) 
JICA技術プロジェクト長期専門家 「ラオス人民民主共和国持続可能な保健人材開発・質保証制度整備プロジェクト」

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

(著書)
NiCE看護学テキスト 国際看護 -国際社会の中で看護の力を発揮するために- (共著)第一部/総論/第Ⅲ章「世界の健康課題第3節・災害(自然災害・人為災害)に起因する健康問題」(p70-72南江堂出版 (2019)

(論文・学会発表)

1) Kazune Takashima(2011). Investigation of whether Mother and Childs Handbook can be adopted to Timor-Leste, Northern Consortium UK 2011.
2)中村明、勝部司、中路潤子、高島和音、江崎晴香:
フィリピン共和国台風はイヤン被災地での医療チーム活動報告〜平時の準備がもたらした成果に焦点を当てて〜, 日本集団災害医学会誌20:184-193,2015

2) Kazune Takashima (2016). Development and Future challenges of Japan Disaster Relief medical team in Disaster Management, 12th Asia-Pacific Conference on Disaster Medicine

3) Keiko Osaki, Anthony Costello, Wangui Muthigani, Anung Sugihantono, Hirotsugu Aiga, Ulla Kou Griffths, Kazune Takashima(2016). Too many cards and handbooks! Fragmentation and integration of maternal, newborn and child health home-based records. 4th Global Symposium on Health Systems Research, Vancouver, Canada.

所属学会
国際会議等への参加

(所属学会)
日本国際保健医療学会
日本国際看護学会
日本公衆衛生学会

(国際会議)
アジア災害医療学会(2013) シンポジウム- Challenges in disaster management
第10回母子手帳国際会議(2016)
UHCフォーラム(2017) サイドイベント-母子継続ケア強化によるUHCへの貢献

一覧に戻る