文京学院大学トップページ|学部紹介 貫井 万里

教員紹介

一覧に戻る
貫井 万里
  • 准教授
  • 貫井 万里 (Mari Nukii)
    ぬきい まり
  • 担当科目 演習テーマ
    「文明と遺産」「比較文化論」「文化社会学」「地理」「まちラボプロジェクト演習」「卒業研究(異文化理解)」「初年次教育演習」「基礎演習」
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

イラン石油国有化運動
アメリカの対中東政策
現代中東政治・文化・社会
日本における異文化理解のあり方

ひとこと

長く研究所や日本大使館など国際交流・研究の分野で働いてきたので、学生の皆さんの意見や見方がとても新鮮で楽しいです。

専門分野

イランを中心とする中東地域研究(政治、文化、社会、歴史)
比較文化、異文化理解、社会運動論

学位

博士(歴史学)
修士(社会学)

最終学歴

慶應義塾大学大学院文学研究科史学科(東洋史専攻)博士課程単位取得退学

主な経歴

1992年 4月~1996年 3月 早稲田大学教育学部 社会学科 地理歴史専攻
1996年 4月~1998年 3月 慶應義塾大学大学院文学研究科史学科(東洋史専攻)修士課程
1998年10月~2000年 9月 在イラン日本国大使館専門調査員
1998年 4月~2003年 3月 慶應義塾大学大学院文学研究科史学科(東洋史専攻)博士課程
2003年 1月~2005年 4月 イースタン・ミシガン大学社会学研究科
2005年 7月~2007年 1月 国際交流基金日本研究・知的交流部欧州・中東・アフリカ専門員
2007年 2月~2009年 2月 在シリア日本国大使館専門調査員
2009年 4月~2013年 3月 早稲田大学イスラーム地域研究機構研究助手
2009年 4月~現在 慶應義塾大学文学部非常勤講師
2013年 4月~2020年 3月 公益財団法人 日本国際問題研究所研究員
2016年12月~2017年 1月 九州大学大学院法学府非常勤講師
2016年 9月~2020年 3月 法政大学GISグローバル教養学部非常勤講師
2020年 4月~現在 文京学院大学人間学部コミュニケーション社会学科准教授

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

1. 著書:

(1) 貫井万里・杉山隆一共編著『革命後イランにおける映画と社会』早稲田大学イスラーム地域研究機構、2014年、180頁。(共編著)

(2) 森田豊子・貫井万里「1979年革命後のイラン女性と社会変化―2013年成立家族保護法を巡って」吉村慎太郎・福原裕二編、外18名『現代アジアの女性たち』新水社、2014年、373頁、75-100頁担当。(共著)

2. 雑誌論文:

(1) Mari Nukii, “Japan-Iran Relations since the 2015 Iran Nuclear Deal,” The Contemporary Review of the Middle East, Vol. 5, Issue 3, Sage Publications India, 2018, pp. 1-17.

(2) 貫井万里「イラン・イスラーム共和国の国会及び専門家会議選挙」『ワセダアジアレビュー』No. 19、2016年、41-45頁。

(3) 貫井万里「核合意後のイラン内政と制裁下に形成された経済構造の抱える問題」『国際問題』第656号、2016年、20-30頁。

(4) 貫井万里「イランにおける選挙制度と女性の政治参加―伝統的制度と価値観に挑戦するイランの女性たち」『SRIDジャーナル』第11号、2016年、1-16頁。

(5) Mari Nukii, “Protest Events in the Tehran Bazaar During the Oil Nationalization Movement of Iran,”『日本中東学会年報』第28-1号、 2012年、1-34頁。

(6) 貫井万里「第二次世界大戦後のテヘラン・バーザールにおける政治組織と社会運動」『イスラーム地域研究ジャーナル』(早稲田大学イスラーム地域研究機構)3号、2011年、24-35頁。

(8) 貫井万里「シリアにおけるアニメ産業発展の歴史」『中東研究』(中東調査会)506号、2009年、89-98頁。

(9) 貫井万里「イラン近現代史を彩るテヘランのバーザール商人の世界」『歴史と地理―世界史の研究』(山川出版)630号、2009年、59-63頁。

3. 論集所収論文:

(1) 貫井万里「イランの対シリア政策――『防衛』か『拡張』か」『反グローバリズム再考――国際経済秩序を揺るがす危機要因の研究 グローバルリスク研究』公益財団法人日本国際問題研究所、2019年、67-86頁。

(2) 貫井万里「岐路に直面するイラン・イスラーム共和国体制——2017年末抗議デモの特徴と原因」『反グローバリズム再考――国際経済秩序を揺るがす危機要因の研究 グローバルリスク研究』公益財団法人日本国際問題研究所、2018年、39-61頁。

(3) 貫井万里「制裁解除から1年のイラン――トランプ政権への警戒と2017年大統領選挙に向けた動き」『安全保障政策のリアリティ・チェック——新安保法制・ガイドラインと調整半島・中東情勢 中東情勢・新地域秩序』公益財団法人日本国際問題研究所、2017年、47-61頁。

(4) 貫井万里「核合意のイラン内政と国際関係への影響」『安全保障政策のリアリティ・チェック——新安保法制・ガイドラインと調整半島・中東情勢 中東情勢・新地域秩序』公益財団法人日本国際問題研究所、2016年、85-101頁。

(5) 私市正年・飯村学・貫井万里「サハラ地域の安定化に向けた日本外交政策への提言」『サハラ地域におけるイスラーム急進派の活動と資源紛争の研究―中東諸国とグローバルアクターとの相互連関の視座から』公益財団法人日本国際問題研究所、2015年、101-107頁。(共著)

(6) 長澤栄治・貫井万里「日本の中東外交への提言」『グローバル戦略課題としての中東——2030年の見通しと対応』(公益財団法人日本国際問題研究所)2015年、227-236頁。(共著)

(7) 貫井万里「イラン・アメリカ関係——イラン核交渉の最終合意に向けた展望」『グローバル戦略課題としての中東——2030年の見通しと対応』公益財団法人日本国際問題研究所、2015年、200-207頁。

(8) 貫井万里「イランの中東域内外交」『グローバル戦略課題としての中東——2030年の見通しと対応』公益財団法人日本国際問題研究所、2015年、186-192頁。

(9) 貫井万里「イランにおけるクルド」『グローバル戦略課題としての中東——2030年の見通しと対応』公益財団法人日本国際問題研究所、2015年、 62-65頁。

(10) 貫井万里「イラン内政の現状分析と課題―ロウハーニー新政権の成立を軸に」『グローバル戦略課題としての中東——2030年の見通しと対応』公益財団法人日本国際問題研究所、2014年、17-34頁。

(11) Mari Nukii, “New Power Struggles after the Geneva Interim Agreement on the Iranian Nuclear Program,” AJISS- Commentary, The Association of Japanese Institutes of Strategic Studies, No. 193, 2014, pp. 1-5.

所属学会
国際会議等への参加

日本中東学会、日本アメリカ史学会、International Society for Iranian Studies、日本移民学会

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

2013年4月~2015年3月 日本学術振興会科学研究費補助金若手研究B 「冷戦期アメリカの対イラン政策と石油国有化運動――イラン国内『世論工作』に関する研究」
2012年10月~2014年10月 トヨタ財団共同研究助成プロジェクト「革命後イランにおける映画と社会の学際的研究――権威主義体制下の娯楽と抵抗の文化」研究代表
2019年~現在 アジア経済研究所「挑戦的研究(萌芽)クルド系アクターが国際秩序安定化/不安定化に与えるインパクトに関する研究」
2020年~現在 (公財)日本国際問題研究所 外交・安全保障調査研究事業費補助金事業(総合事業/経済・地球規模課題)「国際秩序変容期の競争と連携―グローバルガバナンス再構築に向けた日本外交への提言」中東アフリカ研究会


一覧に戻る