文京学院大学トップページ|学部紹介 松崎 武志

教員紹介

一覧に戻る
松崎 武志
  • 准教授
  • 松崎 武志 (Takeshi Matsuzaki)
    まつざき たけし
  • 担当科目 演習テーマ
    Integrated Skills TOEIC・英検初級 Reading 初年次セミナー Writing ゼミナール(言語処理理論と第二言語習得における個人差に基づく言語学習) 卒業研究
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

英語複単語表現の指導法
英語学習の動機づけ

ひとこと

英語学習のみならずあらゆる科目の学習について自己学習力を身に付けてください。受け身の学習は成功しません。

専門分野

第二言語習得
英語教授法

学位

博士(学術)

最終学歴

東京外国語大学総合国際学研究科言語文化専攻博士後期課程単位取得満期退学

主な経歴

文京学院大学外国語学部 准教授(2020年4月〜)
慶應義塾大学商学部 非常勤講師(2019年4月〜)
早稲田大学商学部 非常勤講師(2012年4月〜)
明治大学政治経済学部 特任准教授(2010年4月〜2020年3月)
デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部 専任講師(※2009年3月からは専任教授) 兼 英語プログラム主任(2004年11月〜2010年3月)

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

2020年10月「Investigating the difficulties for university learners of English in Japan of CEFR B1-level phrases」,松崎武志,マーク,ケヴィン,CEFR Journal―Research and Practice, 3(掲載決定)

2018年10月「Text recitation in foreign language learning: Its effectiveness on the learning of multi-word expressions」,松崎武志Journal of Higher Education Theory and Practice, 18(5), pp. 78—97

2018年9月「Teaching of multi-word expressions to second language learners」,松崎武志, 明治大学教養論集通巻535号,pp. 253—273

2018年9月「Formulaic language: its characteristics and how it is used and acquired」,松崎武志,明治大学教養論集通巻535号,pp. 231—251

2016年4月「Research into the Role of Dialog Recitation in the Foreign Language Classroom―Its Effectiveness in Facilitating Memorization and Formulaic Speech Production」(博士学位論文),松崎武志,東京外国語大学,262頁

2016年4月〜:科学研究費基盤研究(C),「外国語指導でFormulaic Sequencesを暗唱させる学習効果の研究」,研究代表者

2012年4月〜2014年3月:科学研究費若手研究(B),「外国語学習におけるチャンク学習支援―学習コンテンツ,語学授業,留学準備指導の研究」,研究代表者

所属学会
国際会議等への参加

JALT(全国語学教育学会)

一覧に戻る