文京学院大学トップページ|学部紹介 濵田 悦子

教員紹介

一覧に戻る
濵田 悦子
  • 教授
  • 濵田 悦子 (Etsuko Hamada)
    はまだ えつこ
  • 担当科目 演習テーマ
    血液学 血液検査学 血液検査学実習I・II 血液検査情報解析学特論 血液検査情報解析学実験 卒業研究
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

血液疾患の検査医学的研究
血管内凝固亢進
臨床検査結果を応用した各種病態メカニズムの解明

ひとこと

患者診療を支える臨床検査を一緒に学びましょう。
青春の一頁に達成感のある充実した学生生活を加えましょう!

専門分野

血液学
血液検査学
臨床検査医学
検査管理学
 

学位

博士(医学)

最終学歴

川崎医療短期大学 臨床検査科

主な経歴

総合病院浜松赤十字病院 検査部 臨床検査技師
浜松医科大学医学部附属病院 検査部 臨床検査技師
      同           主任臨床検査技師
      同           臨床検査技師長
文京学院大学 保健医療技術学部 臨床検査学科 教授

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

【論文】

  • Detection of extended-spectrum β-lactamases producing Enterobacteriaceae using a matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry based MBT STAR-BL software module with β-lactamase inhibition assay depends on the bacterial strains. Ota Y, Furuhashi K, Nagao Y, Nanba T, Yamanaka K, Ishikawa J, Nagura O, Iwaizumi M, Hamada E, Maekawa M. J Med Microbiol.167 (2019) 105734,2018.
  • A rapid and simple detection method for phenotypic antimicrobial resistance in Escherichia coli by loop-mediated isothermal amplification. Ota Y, Furuhashi K, Nanba T, Yamanaka K, Ishikawa J, Nagura O, Hamada E, Maekawa M. J Med Microbiol.Vol 68(2),169-177,2018.
  • IL-13 regulates IL-17C expression by suppressing NF-κB-mediated transcriptional activation in airway epithelial cells. Yamanaka K, Fujisawa T, Kusagaya H, Mori K, Niwa M, Furuhashi K, Kono M, Hamada E, Suda T, Maekawa M. Biochem Biophys Res Commun. Vol.495(1),1534-1540,2017.
  • Nonspecific interstitial pneumonia preceding diagnosis of collagen vascular disease. Kono M, Nakamura Y, Yoshimura K, Enomoto Y, Oyama Y, Hozumi H, Enomoto N, Fujisawa T, Inui N, Hamada E, Colby TV, Maekawa M, Suda T. Respir Med. 117, 40-47, 2016.
  • Evaluation of serum bone alkaline phosphatase activity in patients with liver disease: Comparison between electrophoresis and chemiluminescent enzyme immunoassay. Zhan F, Watanabe Y, Shimoda A, Hamada E, Kobayashi Y, Maekawa M, Clin Chim Acta. 460, 40-45, 2016.
  • Increased levels of serum Wisteria floribunda agglutinin-positive Mac-2 binding protein in idiopathic pulmonary fibrosis. Kono M, Nakamura Y, Oyama Y, Mori K, Hozumi H, Karayama M, Hashimoto D, Enomoto N, Fujisawa T, Inui N, Yamada M, Hamada E, Colby TV, Maekawa M, Suda T, Respir Med. 115, 46-52, 2016.
  • A case of treatment with voriconazole for chronic progressive pulmonary aspergillosis in a patient receiving tacrolimus for dermatomyositis-associated interstitial lung disease. Mochizuki E, Furuhashi K, Fujisawa T, Enomoto N, Inui N, Nakamura Y, Kono M, Hamada E, Maekawa M, Suda T Respir Med Case Rep.16:163-165, 2015.
  • Investigation of unexpected serum CA19-9 elevation in Lewis-negative cancer patients. Hamada E, Taniguchi T, Baba S, Maekawa M. Ann Clin Biochem. 49: 266-272, 2012.
  • Hypofibrinogenemia Associated with a Heterozygous C→T Nucleotide ubstitution at Position -1138 BP of the 5’-Flanking Region of the Fibrinogen A α-Chain Gene. Okumura N, Terasawa F, Yonekawa O, Hamada E, Kaneko H. Annals of the New York Academy of Sciences. 936: 526-530, 2001.

【著書】

  • 知っておきたい、病気のこと、治療のこと 浜松医科大学医学部附属病院の最新医療 検査データの見方の基本を知ろう!. 濵田悦子, 前川真人. バリューメディカル, 120, 202019.
  • 検体検査のサンプリング 臨床検査のガイドライン JSLM2018 検査値アプローチ/症候/疾患. 濵田悦子, 前川真人. 一般社団法人 日本臨床検査医学会, 宇宙堂八木書店, 6-11, 2018.
  • 新訂・生理学実習書 1章 血液 1-6 血液型、交差適合試験. 濵田悦子,浦野哲盟. 南江堂, 24-32, 2013.

【総説】

  • 生化学・免疫血清検査 誌上相談室. 濵田悦子. MEDICAL TECHNOLOGY Vol.46 No.5,医歯薬出版株式会社,442-444,2018.
  • 臨床薬学のための病態生理(1).濵田悦子, 前川真人. 医薬ジャーナル Vol.54 No.2,医薬ジャーナル社,125-130, 2018
  • 標準物質と単位.濵田悦子, 前川真人.臨床検査スターターズガイド Vol.61 No.4,医学書院,346-347, 2017.
  • 基準値,基準範囲,臨床判断値.濵田悦子, 前川真人.臨床検査スターターズガイド Vol.61 No.4,医学書院,346-347,2017.
  • 日常診療に欠かせない検体検査のポイントとコツ.濵田悦子, 前川真人. Resident Vol9. No.4,医学出版,14-22,2016
  • 血清総蛋白(TP) これだけは知っておきたい検査のポイント第9集.濵田悦子, 前川真人. Medicina 2015増刊号,医学書院,118-123,2015.
  • アルブミン これだけは知っておきたい検査のポイント第9集.濵田悦子, 前川真人. Medicina 2015増刊号,医学書院,120-121,2015.
  • 蛋白分画 これだけは知っておきたい検査のポイント第9集. 濵田悦子, 前川真人. Medicina 2015増刊号,医学書院,122-123,2015.

【研究助成】

  • 平成31年度共同研究費 研究代表者(血管内凝固状態に関する研究)
  • 平成31年度文部科学省科学研究費研究活動スタート支援 研究代表者(感染症に関する研究)
  • 平成26年度文部科学省科学研究費奨励研究 研究代表者(血清CA19-9の個体内変動幅が個体間で異なる原因は遺伝的要因によるか)
  • 平成25年度文部科学省科学研究費奨励研究 研究代表者(ルイス酵素欠損の担癌患者におけるCA19-9上昇のメカニズム解明)
  • 平成20年度文部科学省科学研究費奨励研究 研究代表者(血清アミラーゼ活性の基準範囲はアミラーゼ遺伝子のコピー数多型に依存するか)
  • 平成19年度文部科学省科学研究費奨励研究 研究代表者(肝細胞癌における腫瘍マーカー高値のメカニズム解明に関する研究)
  • 平成15年 第18回臨床検査精度管理奨励会研究奨励金 研究代表者(呼吸機能検査の精度保証を目指した精度管理法の確立)
  • 平成14年度文部科学省科学研究費奨励研究 研究代表者(抗リン脂質抗体症候群の新たな診断方法の開発と対応抗原の検討)
  • 平成10年度文部科学省科学研究費奨励研究B 研究代表者(血液凝固検査に影響を及ぼす諸因子の解析 効率の良い検査法の開発)
所属学会
国際会議等への参加

日本臨床衛生検査技師会
日本臨床検査医学会(評議員)
日本臨床化学会(理事、評議員)
日本臨床血液学会(静岡支部評議員)
日本超音波検査学会
日本臨床検査自動化学会
American Association for Clinical Chemistry 

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

浜松医科大学訪問研究員(臨床検査医学講座)

一覧に戻る