文京学院大学トップページ|学部紹介 森 和子

教員紹介

一覧に戻る
森 和子
  • 教授
  • 森 和子 (Kazuko Mori)
    もり かずこ
  • 担当科目 演習テーマ
    児童家庭福祉I,II 社会福祉士基礎演習 児童に対する支援と児童福祉制度 家庭に対する支援と家庭福祉制度 相談援助演習I,Ⅱ,Ⅲ 保育相談支援 実習指導 卒業研究
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

里親と里子の親子関係構築過程についての研究
若年養子に対する生みの親についての告知の方法
生殖補助医療を受けて生まれた子どもの出自を知る権利について

ひとこと

学生の皆さんが大学生活を送る中で、それぞれの生きがいを見つけ社会へと元気に巣立っていけるよう応援したいと願っています。

専門分野

児童福祉
家族福祉
里親養育

学位

教育学修士,社会科学修士,心理学博士

最終学歴

名古屋大学大学院教育発達科学研究科心理発達科学専攻博士後期課程修了

主な経歴

埼玉県児童相談所非常勤職員
早稲田大学人間科学部通信教育課程非常勤講師(教育コーチ)
流通経済大学非常勤講師
身延山大学非常勤講師

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

学位論文 養子縁組による血縁によらない親子関係形成過程 博士論文(名古屋大学)(2020年3月)共著『里親入門−その理解と発展−』ミネルヴァ書房,2005年査読論文「養子縁組里親・里子の親子関係形成に関する事例研究−児童相談所の里親委託における援助システムの構築にむけて−」お茶の水女子大学生活科学研究会発行『生活社会科学研究』第8号,2001年
査読論文「『親になる』意思決定に関する一考察−実子を授からず里親になった夫婦の語りから−」日本家政学会家族関係部会『家族関係学』第23号,2004年
査読論文「血縁によらない親子関係の再構築-真実告知後の養子と養母のやりとりの記録から-」家族心理学会発行『家族心理学研究』第30巻第2号,2017年

査読論文「血縁を超えて親になる」までの養母の心理的変容プロセス ―複線径路・等至性モデル(TEM)と発生の三層モデル(TLMG)による分析の試み―日本家族心理学会『家族心理学研究』第33No1 27-39,2019年

論文「養親子における『真実告知』に関する一考察−養子は自分の境遇をどのように理解していくのか−」文京学院大学人間学部研究紀要第7巻第1号,2005年
論文「養子の出自を知る権利の保障について−オーストラリアとニュージーランドにおける実践から−」文京学院大学人間学部研究紀要第8巻第1号,2006年
論文「家族として生活する事の意義についての一考察ー里子と親子関係を築けなかった経験を持つ里母の語りから」文京学院大学人間学部研究紀要第10巻第1号,2008年
論文「「生みの親と育ての親をもつ養子のアイデンティティ形成に関する一考察-出自を告知されずに成人した養子の事例分析-」『文京学院大学人間学部研究紀要第11号』2010年
論文「非血縁家族の中で育つ養子のための「生い立ちの授業」のあり方―小学校教員への実態調査から―」文京学院大学人間学部研究紀要第13巻第1号,2011年
論文「養子縁組家族の絆づくりに関する一考察-スウェーデンでのインタビュー調査を通して―」文京学院大学人間学部研究紀要第14号 2012年
論年「社会的養護のケア提供に関する一考察-15歳から20歳支援の狭間にいる若者に焦点を当てて-」文京学院大学人間学部研究紀要第15号 2014年
論文「子どもの最善の利益のための養子縁組-ブリティッシュ・コロンビア州(カナダ)の養子縁組斡旋に関する文献調査から-」文京学院大学人間学部研究紀要第16号 2015年
論文「ベストな選択に向けての養子縁組相談支援-カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州認定養子縁組機関への訪問調査を通して-」文京学院大学人間学部研究紀要第17号 2016年
論文「社会的養護にある子どもへのライフストーリーワークの保障-英国における情報収集と記録の取り組みに焦点をあてて-」文京学院大学人間学部研究紀要第18号 2017年

共著『Q&A 里親養育を知るための基礎知識』明石書店,2005年
共著『子どもと家庭の福祉を学ぶ』ななみ書房,2017年
共著『みんなで考える家族・家庭支援論』 同文書院 2013年
共著『家庭支援論・保育相談支援』 学文社 2017年

所属学会
国際会議等への参加

日本社会福祉学会
日本家族心理会
日本発達心理学会
日本質的心理学会
養子と里親を考える会

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

埼玉県児童相談所里親研修講師
東京都児童相談所里親研修講師
さいたま市童相談所里親研修講師
養子と里親を考える会理事 事務局

一覧に戻る