人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介 宮本 和彦

教員紹介

一覧に戻る
宮本 和彦
  • 教授
  • 宮本 和彦 (Kazuhiko Miyamoto)
    みやもと かずひこ
  • 担当科目 演習テーマ
    社会学 家族社会学 臨床社会学 福祉社会学 他
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

家族福祉 地域福祉
家族社会学 福祉社会学

ひとこと

大学4年間,仲間と一緒にしっかり勉強してください。

専門分野

社会学
社会福祉学

学位

社会学修士

最終学歴

日本大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程

主な経歴

文京女子大学助教授(1997)
文京女子大学教授(2002)
文京学院大学教授(2002,校名変更)

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

・『新社会福祉学-共存・共生の臨床福祉学を目指して-』共編著 中央法規出版 1999
・『ソーシャル・ケースワーク』共著 中央法規出版 1998
・『家族から見る現代社会』共編著 八千代出版 2000
・『現代の児童福祉』編著 福村出版 2000
・『社会学への道標』共著 福村出版 2001
・『児童虐待・DV-その事例と対応-』共編著 八千代出版 2003
・『共生社会への挑戦』日仏社会学叢書第5巻 恒星社厚生閣 2005
・『社会学的アプローチ -社会の諸相を把握する-』共著 新泉社 2005
・『不確実な家族と現代』共編著 八千代出版 2006
・『臨床に必要な保健医療福祉』共著 弘文堂 2007
・『臨床に必要な家庭福祉』編著 弘文堂 2007
・『臨床に必要な人間関係学』共著 弘文堂2007
・『社会調査の基礎』編著 弘文堂 2008
・『相談援助の基盤と専門職』共著 弘文堂 2009
・『社会理論と社会システム』共著 弘文堂 2009
 他

所属学会
国際会議等への参加

日本社会福祉学会
日本社会学会 

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

参議院第三特別調査室(共生社会に関する調査会)客員調査員 2003-2004
志木市児童育成計画策定委員会委員長 2007-2008
創造的教育・福祉・人間学会代表理事 2012-現在に至る

一覧に戻る