人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介 松村 和子

教員紹介

一覧に戻る
松村 和子
  • 教授
  • 松村 和子 (Kazuko Matsumura )
    まつむら かずこ
  • 担当科目 演習テーマ
    幼児教育原理(保育原理)、幼児教育課程総論、保育方法総論、家族援助論、保育内容(人間関係)など 大学院研究科人間学専攻保育学コースにて、保育運営実践研究を担当
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

幼児教育全般、幼児教育課程、チーム保育、保育におけるジェンダーバイアス、子育て支援

ひとこと

よりよい保育のあり方を考え、現場で活躍できる保育者を養成したい。
環境を通しての教育という点から、園舎の建築や園庭にも関心を広げている。最近では、子どもの表現活動にも注目している。

専門分野

幼稚園教育、幼児期の教育・保育、子育て支援

学位

家政学修士

最終学歴

お茶の水女子大学大学院家政学研究科児童学専攻修士課程修了

主な経歴

新生学園鶯谷さくら幼稚園副園長、主に低年齢児の保育・教育、子育て支援、教育相談などを担当。同時に大学、短大などで非常勤講師として保育者養成に携わる。2001年度から文京学院大学に勤務。2006年~2009年度より同大学附設ふじみ野幼稚園園長兼任。2010年度~=2011年度園長アドヴァイザー。2012年度より大学院研究科委員長。

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

紀要:文京学院大学研究紀要「保育の今を問う」(2002)、「保育者養成大学における子育て支援のあり方について」(2003)「幼児の主体性を育てる保育―表現活動を通して」(2010)
著書:「家庭支援論」(建帛社、2010年)、「4歳児の保育カリキュラム」(チャイルド本社、2010)、幼稚園幼児指導要録の書き方(チャイルド本社 2010)、「保育課程・教育課程を学ぶ―子どもの幸せを目指す保育実践のために」(ななみ書房、2012)
学会発表:日本保育学会発表「子どもの表現とは―劇活動の可能性を探る」(2011)、「子どもの表現とはー表現を育てる―試論―」(2012年)

所属学会
国際会議等への参加

日本保育学会、日本女性学会、日本子ども社会学会、日本国際理解教育学会日本異文化間教育学会、OMEPなど

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

文部科学省学校施設のあり方に関する調査協力委員、ふじみ野市次世代育成支援行動計画委員、同対策地域協議会委員など

一覧に戻る