人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介 小栗 俊之

教員紹介

一覧に戻る
小栗 俊之
  • 教授
  • 小栗 俊之 (Toshiyuki  Oguri)
    おぐり としゆき
  • 担当科目 演習テーマ
    健康の科学(人間学部児童発達学科) 体育運動方法演習(人間学部児童発達学科) 保育内容総論(人間学部児童発達学科) 基礎演習(人間学部児童発達学科) 保育専門演習Ⅰ・Ⅱ(人間学部児童発達学科) 体育科教育法演習(人間学部児童発達学科) 健康科学研究(大学院人間学研究科)
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

子どもの野外環境教育
子どもの運動遊び

ひとこと

学生に伝えたいこと「迷いながら見つけた道は教えられた道より確かである」
心がけていること「待つこと、我慢すること、そして出来ると信じること」

専門分野

幼児・児童・若年層の健康、教育課程外活動、国際協力、スポーツ、幼児体育等

学位

社会デザイン学修士(MBA for Social Designer)

最終学歴

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科

主な経歴

大学卒業後、女子栄養大学出版部営業課販売促進担当を3年。その後1990年から1993年まで国際協力機構・青年海外協力隊(派遣国モルディブ・職種体育)に参加、2年の任期を1年延長し3年。帰国後、幼児体育に携わり、1996年から文京院大学(旧文京女子大学)に奉職。現在に至る。

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

1.国際ボランティア団体青年海外協力隊に関する研究―スポーツ部門における現状と課題―(2001)
2.本学学生における骨蜜度調査に関する一考察(2003)
3.モルディブ共和国における青年海外協力隊の現状と課題(2003)
4.海外留学中の健康管理に関する事前教育の必要性―ストレスに起因する心身症及び感染症と危機管理―(2003)
5.開発途上国における国際協力の在り方―モルディブにおける青年海外協力隊の経験を通して―(2004)
6.開発途上国における就学前教育協力の現状―青年海外協力隊の可能性:研究ノート―(2005)
7.実践的教育研究プログラム「東海道五十三次ウォーク2006」の概念化(2006)
8.個の変容と人間性の育成―大学における教育課程外活動の事例から―(2007)
9・ネパールの初等教育改善に関する研究(2008)
10.「文京・食農ファーム」実践活動の試みと参加園児への影響(2009)
11.ネパール遠隔地域の初等教育改善のための実践的研究Ⅱ(2010)
12.基本動作の重要性とその理論的背景(2011)
13.現代の人間・環境の共生を進める実践者になろう~新しい領域:実践環境教育学の構築に向けて~(2012)

所属学会
国際会議等への参加

野外教育学会、日本体育学会、日本保育学会

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

埼玉県ふじみ野市立図書館協議会委員長
埼玉県ふじみ野市立西原小学校評議委員
埼玉県ふじみ野市立人権推進委員会委員
埼玉県私立幼稚園協会新規採用教員研修会委員
文京学院大学ふじみ野幼稚園園長

一覧に戻る