人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介 森田 和良

教員紹介

一覧に戻る
森田 和良
  • 特任教授
  • 森田 和良 (MORITA KAZUYOSHI)
    もりた かずよし
  • 担当科目 演習テーマ
    教育方法論(前期),理科(前期),初等教科教育法(理科)
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

深い学びを促す説明活動と活用課題の効果について

ひとこと

初等理科教育を中心に,公立小学校,附属小学校で実践研究を行ってきました。理科や生活科,総合的な学習における実践事例も数多く知っていますので,これらに関する情報提供ができるとうれしいです。また,理科を中心に,認知心理学の知見を生かした授業づくりにも取り組んできたので,小学校教師を目指す学生さんと一緒に,授業作りを進めていきたいと思っています。よろしくお願いします。

専門分野

初等理科教育,生活科教育,総合学習

学位

教育学学士

最終学歴

埼玉大学教育学部小学校課程卒業

主な経歴

埼玉県草加市の公立小学校の教諭,筑波大学附属小学校の教諭,主幹教諭,副校長を経て定年退職。
その間に,明治学院大学心理学部教育発達学科(理科,理科指導法),筑波大学人間学群教育学類初等教育学コース(初等教科教育法・理科)の非常勤講師を務める。
退職後には,國學院大學栃木短期大学の非常勤講師(理科,理科指導法,保育・環境),川村学園女子大学教育学部の非常勤講師(生活,生活科教育法),日本女子大学社会教育学部教育学科の非常勤講師(理科科教育法)を務めるとともに,草加市教育委員会点検評価委員も務める。
その他,文部科学省の理科関係の委員や国立教育政策研究所の理科問題作成協力員,NHK理科教育番組協力員,日本初等理科教育研究会理事長などを歴任するとともに,都内を始め埼玉県,千葉県,神奈川県,三重県,大分県,新潟県,静岡県,大阪府,島根県,高知県などの小学校で理科教育に関する指導や講演を行っている。

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

拙著「わかったつもりに自ら気づく科学的な説明活動」平成15年3月 学事出版

拙著「科学的読解力を育てる説明活動のレパートリー」平成18年9月 学事出版

拙著「森田和良の理科教材研究ノート・ここから始まる授業成功の道」平成24年10月 学事出版

共著「アクティブ・ラーニングの授業展開・小学校理科」平成28年7月 東洋館出版

田島・森田共著「説明活動が概念理解の促進に及ぼす効果:バフチン理論の対話の観点から」日本教育心理学会誌「教育心理学研究」 平成21年3月

拙著「イメージ図を活用した「説明活動」の効果への一考察」日本初等理科教育研究会研究紀要第92巻 平成29年3月

拙著「理科で育てる資質・能力」会報誌「初等理科教育」2017年8/9月号

拙著「「深い学び」へ導く活用課題と説明活動の設定」雑誌「理科の教育」平成30年3月号(788号)

所属学会
国際会議等への参加

日本初等理科教育研究会,日本教育心理学会,全国学校飼育動物研究会,NPO法人授業高度化支援センターに所属

一覧に戻る