外国語学部|外国語学部

国際ビジネスコミュニケーション専攻と

国際教養コミュニケーション専攻の2専攻制。

グローバル社会で自立と共生を実現できる人間を育成します。

文京学院大学トップページ外国語学部|学部紹介 赤松 淳子

教員紹介

一覧に戻る
赤松 淳子
  • 准教授
  • 赤松 淳子 (Akamatsu Junko)
    あかまつ じゅんこ
  • 担当科目 演習テーマ
    西洋史 イギリス文化論b 比較文化論I ゼミナール 卒業研究 初年次セミナー イギリス研究I(大学院)等 
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

18世紀イギリス社会史・文化史・ジェンダー史
・姦通・夫婦間暴力からみる婚姻の破綻
・婚姻と財産

ひとこと

大学生活4年間の中で本当に好きなことを見つけてください。

専門分野

イギリス近世史

学位

PhD (History)

最終学歴

Royal Holloway, University of London

主な経歴

筑波大学 人文・文化学群 人文学類 非常勤講師
首都大学東京 都市教養学部 人文・社会系 非常勤講師 
淑徳大学 国際コミュニケーション学部 非常勤講師 

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

著書
・「感性-18世紀虐待訴訟における挑発と激昂のはざま」伊東剛史・後藤はる美編『痛みと感情のイギリス史』(東京外国語大学出版会 2017年)pp. 175-213(第5章担当)
・「誓いの後で-18世紀の結婚詐称訴訟における個人の選択と名誉」道重一郎編著『英国を知る』(同学社 2016年)pp. 63-76(第5章担当)
学術論文
・「夫婦間暴力の歴史を叙述する――イングランド史における模索」『社会文化史学』第62号 社会文化史学会 2019年3月 pp. 43-56
・「姦通・法・メディア-18世紀イングランド女性史の叙述に向けて」『東洋大学人間科学総合研究所紀要』第21号 東洋大学人間科学総合研究所 2019年3月 pp. 255-269
・「近世イングランドの妻たち―法をめぐる女性史の叙述」『史境』第75号 歴史人類学会 2018年 pp. 1-15
・'Revisiting Ecclesiastical Adultery Cases in Eighteenth-Century England' Journal of Women's History Vol.28 no.1 (Spring 2016), pp. 13-37
・「近世イングランドにおける夫婦権回復訴訟―婚姻の軛と妻の権利」『東洋大学人間科学総合研究所紀要』第16号 東洋大学人間科学総合研究所 2014年 pp. 67-85
・「18世紀イングランドの離婚訴訟に関する弁護士の記録―ジョージ・リーとウィリアム・バレルのノート」『史潮』第73号 歴史学会 2013年 pp. 93-110 
学会発表
・‛Negotiating Marital Breakdown: The Case of Penelope and James Cholmondeley c.1731-1748’ 15th International Congress on the Enlightenment(University of Edinburgh, July 2019)
・‘The Adulterous Wife and Her Rights: Marital Breakdown in the Cholmondeley Family c. 1731–1748’ International Conference on Gender Studies: “Gender and Power”, London     
 Centre for Interdisciplinary Studies (Birkbeck, University of London, March 2019)
・‘Behind the Scenes of Divorce: A Case Study of the Cholmondeley Family in Eighteenth-Century Cheshire’ 2018 Conference International Federation for Research in Women’s History  (Simon Fraser University, Vancouver, August 2018)
・「18世紀イングランドの夫婦間暴力と文化規範-教会裁判所の別居訴訟記録から―」社会文化史学会 第51回大会 2015年9月(於 筑波大学東京キャンパス)
・「18世紀イングランドの姦通訴訟における『名誉』の形式」歴史学会 第37回大会 2012年12月(於 成蹊大学)
・‘Sensibility and Cruelty in Eighteenth-Century England’ Engendering Gender: Production, Transmission and Change, 1450-1950 (University of Exeter, July 2010)
・‛Litigating over Adultery: Doctors’ Commons, 1660-1800’ Issues in the Legal History of Family Law (Institute of Advanced Legal Studies, London, May 2010)
・「18世紀イングランドにおける『夫婦間暴力』」日本西洋史学会 第60回大会 2010 年5月(於 別府大学)
・‘Restitution of Conjugal Rights: Legal Practice and Narratives in the Eighteenth-Century Court of Arches’ British History in the Long Eighteenth Century Seminars
(Institute of  Historical Research, London, February 2008)
競争的資金
科研費 基盤研究(C):18世紀イングランドの別居訴訟-男性専門家たちの働き (研究代表者 2016年4月-2021年3月)

所属学会
国際会議等への参加

歴史学会 歴史人類学会 社会文化史学会 ジェンダー史学会
The British Society for Eighteenth-Century Studies
イギリス革命史研究会 近世イギリス史研究会 イギリス女性史研究会
 

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

・痛みの文化史研究会(2012-2017)
・資本主義の展開とイギリス近現代の再評価―歴史・思想・文化の変容に関する学際的研究
(東洋大学人間科学総合研究所 2013-2014)

一覧に戻る