経営学部|経営学部

知識の使い途にもこだわったカリキュラムで

実社会で通用するビジネススキルを養います。

文京学院大学トップページ経営学部|学部紹介 藤田 邦彦

教員紹介

一覧に戻る
藤田 邦彦
  • 准教授
  • 藤田 邦彦 (Kunihiko Fujita)
    ふじた くにひこ
  • 担当科目 演習テーマ
    経営と情報I 経営と情報II 大学学 演習I
  • 所属学部
研究課題
(主なテーマ)

内部者の脅威のゲーム理論を用いた分析
情報セキュリティリスクの認知と行動の,プロスペクト理論を用いたモデル化

ひとこと

楽しくなければ研究じゃない

専門分野

情報セキュリティ
人工知能
デジタル著作権管理
アクセス制御
数理論理学
数理的技法

学位

博士(情報科学)

最終学歴

北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程修了

主な経歴

アーサー・アンダーセン コンサルティング部門(現:アクセンチュア)
NTT コミュニケーション科学基礎研究所
法政大学 理工学部(非常勤講師)

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

(査読付きのみ掲載)


藤田邦彦, 塚田恭章: 素性構造に基づいたアクセス制御モデルの提案, 情報処理学会論文誌, Vol. 55, No. 9, pp. 2081-2091 (2014).


Kunihiko Fujita and Yasuyuki Tsukada: An approach to the formal analysis of license interoperability, Elsevier, Computers and Electrical Engineering, Vol. 38, No. 6, pp. 1670-1686 (2012).


Kunihiko Fujita and Yasuyuki Tsukada: An Analysis of Interoperability between Licenses, in Proceedings of 10th ACM Workshop on Digital Rights Management (ACM-DRM 2010), pp. 61-72 (2010).


Kunihiko Fujita and Yasuyuki Tsukada: A Notation for Policies using Feature Structures, in Proceedings of 5th International Workshop on Data Privacy Management (DPM 2010), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol.6514,pp. 140-154 (2010).


Kunihiko Fujita, Hiroki Endo, and Yasuyuki Tsukada: A Formal Approach to Interoperability between Licenses for Content Protection, in Proceedings of 4th International Workshop on Security (IWSEC 2009), pp. 81-98 (2009).


藤田邦彦, 塚田恭章: クリエイティブ・コモンズ利用許諾の形式意味論, 情報処理学会論文誌, Vol. 49, No. 9, pp.3165-3179 (2008).


Koji Kamei, Kunihiko Fujita, Eva Jettmar, Sen Yoshida, and Kazuhiro Kuwabara: Effectiveness of Spatial Representation in the Formation of Network Communities: Experimental Study on Community Organizer, Elsevier, Interacting with Computers, Vol. 14, No. 6, pp. 739-759 (2002).


亀井剛次, 藤田邦彦, Eva Jettmar, 吉田仙, 桑原和宏: ネットワークコミュニティの形成を支援するシステムCommunity Organizer における情報提示手法の検討, 電子情報通信学会論文誌, D-I, Vol. J84-D-I, No. 9, pp. 1440-1449 (2001).


Koji Kamei, Eva Jettmar, Kunihiko Fujita, Sen Yoshida, and Kazuhiro Kuwabara: Community Organizer: Supporting the Formation of Network Communities through Spatial Representation, in Proceedings of 1st Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2001), pp. 207-214 (2001).


Kunihiko Fujita, Susumu Kunifuji, Kazushi Nishimoto, Yasuyuki Sumi, and Kenji Mase: Implementation and evaluation of the discussion support system MRV, in Proceedings of 3rd International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems (KES 1999), pp. 58–61 (1999).


藤田邦彦, 國藤進: ブレインストーミングを活性化するシステムBAの試作と評価, 日本創造学会論文誌, 第3 号, pp. 95–114 (1999).


Kunihiko Fujita, Kazushi Nishimoto, Yasuyuki Sumi, Susumu Kunifuji, and Kenji Mase: Meeting Support by Visualizing Discussion Structure and Semantics, in Proceedings of 2nd International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems (KES 1998), pp. 417–422 (1998).


Kunihiko Fujita, Susumu Kunifuji: A Realization of a Reflection of Personal Information on Distributed Brainstorming Environment, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 1274, pp. 166–181 (1997).

所属学会
国際会議等への参加

情報処理学会
人工知能学会
日本創造学会
電子情報通信学会

一覧に戻る