教員紹介

一覧に戻る
名前 金 彦叔 (Eonsuk Kim) 金 彦叔
職名

准教授

最終学歴

東京大学大学院法学政治学研究科[博士(法学)]

学位

修士(法学)
東京大学大学院法学政治学研究科

博士(法学)
東京大学大学院法学政治学研究科

主な経歴

東京大学大学院法学政治学研究科日本学術振興会特別研究員(2009年10月~2011年9月)
名古屋大学大学院法学研究科特任准教授(2011年11月~2015年3月)
愛知学院大学法務研究科非常勤講師(国際私法、国際取引法担当)(2012年4月~2016年3月)
中京大学法学部非常勤講師(国際私法担当)2012年4月~2015年3月)

専門分野

国際ビジネス法、国際私法、国際知的財産法

研究課題
(主なテーマ)

国際知的財産紛争の国際私法上の問題
国際取引における紛争解決
国際私法方法論の研究

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

●著書
『国際知的財産権保護と法の抵触』(単著)(信山社・2011年)
『知的財産権と国際私法』(単著)(信山社・2006年)

●論文
「国際信託の準拠法に関する研究」国際私法研究 第23巻2号(2017)185頁〔原文韓国語〕
「消費者契約における管轄合意」ジュリスト1510号(2017)138頁
「在日コリアンの相続問題に関する一考察」在日本法律家協会会報 創刊号(2017)5頁
「FRAND宣言がなされた標準必須特許をめぐる権利行使と国際私法」科学技術と法 第7巻第1号(2016)81頁〔原文韓国語〕
「仲裁機関の特定のない仲裁条項と仲裁合意の成否」ジュリスト1489号(2016)106頁
「最高裁民事判例研究(民集68巻4号)」法学協会雑誌(東京大学)132巻9号(2015)181頁
“Cross-border Succession in Japan, Korea and China and Related Legal Issues” Chonnam Law Review Vol.35 No.1, pp.27-50 (2015)
[Book Reveiw]“Chiteki Zaisan no Kokusai Shiho Gensoku Kenkyu – Higashi Azia karano Nikkan Kyodo Teian [Studies on the Principles of Private International Law on Intellectual Property Rights–A Japanese-Korean Joint Proposal from East Asian Points of View], edited by Shoichi Kidana. Tokyo: Seibundo, 2012. Pp.xii, 539.”JYIL, Vol.58 pp.400-403 (2015)
“Multijurisdictional Litigation in International IP Disputes” Chonnam Law Review Vol.34 No.2 pp. 67-97 (2014)
“Cross-border Enforcement of Patent Rights--Limits and Solutions in Current Conflict of Laws Regimes” Journal of Law and Politics No.252 (2013) pp. 1-26.
「北朝鮮著作物事件―国際私法の観点から」日本国際経済法学会年報22号(2013) 100頁
「役員等の第三者に対する損害賠償責任と不法行為地管轄」ジュリスト1457号(2013)134頁
“Settlement of International Civil and Commercial Disputes in Cambodian Private Law Context”in Reforming the Private and Property Laws and Setting up the Securities Market in Cambodia, KLRI, 2012 pp.223-246 (ALIN-CALE Joint Works 2012)
「北朝鮮国籍者の国際特許出願とPCTの適用」ジュリスト1441号(2012)143頁
「不正競争防止法に基づく差止請求の準拠法と被保全権利の存否の判断」ジュリスト1408号(2010)183頁
「知的財産権の国際的保護と法の抵触(1)~(7・完)」法学協会雑誌126巻8号‐12号(2009年)、127巻1号-2号(2010年)
「信用状統一規則の『買取り』の意義とディスクレパンシーの有無」ジュリスト1335号(2007)127頁
等多数。

担当科目
演習テーマ

国際ビジネス取引、国際ビジネスと法、英文契約書、法学、ゼミナール(国際ビジネスと法)、卒業研究など

ひとこと

私たちを取り巻く社会は、ますます多元化・多様化しています。より視野を広げ、いろんな問題にチャレンジしていきましょう。

所属学会
国際会議等への参加

●所属学会
国際私法学会、国際法学会、日本国際経済法学会、韓国国際私法学会、韓国仲裁学会
●国内主要学会での研究報告
・「韓国の新しい国際裁判管轄法の特徴と比較法的意義」国際私法学会・国際私法フォーラム (2018年12月8日、学習院大学)
・「知的財産権の国際的保護の法的枠組み‐国際私法の観点から」国際法学会2015年度研究大会 (2015年9月19日、名古屋国際会議場) 
・「北朝鮮著作物事件―国際私法の観点から」国際経済法学会第22回研究大会(2012年11月22日、大阪市立大学)
・「伝統的抵触法方法論の深化と国際知的財産権」国際私法学会第122回研究大会(2010年10月11日、慶応義塾大学)
●国際会議での研究報告
・「国際信託の準拠法に関する研究」韓国比較私法学会信託法研究会セミナー サムスン経済研究所(2017年2月8日)
・「FRAND宣言がなされた標準必須特許をめぐる権利行使と国際私法」2016年韓国国際私法学会共同年次学術大会 忠北大学法学専門大学院(2016年4月29日)
・“Cross-border Succession in Japan, Korea and China and Related Legal Issues”、International Conference on ”The New Type of Litigation and the Issues” hosted by law School of Chonnam National University in Gwangju, Korea on November 20, 2014
・“Cross-border Succession in Japan, Korea and China and Conflict of Laws Issues”, First SOAS/CALE Comparative Asian Legal Studies Workshop, SOAS, London University in London on Sep. 10, 2014
・“Multijurisdictional Litigation in International IP Disputes” International Conference ”The New Type of Litigation and the Issues” hosted by law School of Chonnam National University in Gwangju, Korea on Jun 20-21, 2014
・“International Protection of IP Rights and the Territoriality Principle”, International Conference on Intellectual Property Systems: Globalization and Localization” The First Asia-Pacific Intellectual Property Forum hosted by Remin University of China in Suzhou on Nov.16-17, 2013
・Commentator on ‘Korea International IP litigation Principles’ in International Conference “Resolution of International IP Disputes” hosted by Korea IP Society & Korea Private International Law Association in Korea Science &Technology Center, Seoul on Oct.8,2013
・“Cross-border enforcement of patent rights: Limits and Prospects in current conflict-of-laws regimes”, International Conference on “International Issues relating to Pro-innovation Patent System and Competition Policy” hosted by Nagoya University Graduate School of Law on February 09-10,2013
など。

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

●研究助成
科学研究費補助金(基盤研究(C))「アジアにおける国際裁判管轄法制の形成・適用・発展の比較法的研究」研究代表者(2018年4月~2021年3月)
平成24年度日東学術振興財団「抵触法秩序における条約適用の構造的分析」、研究代表者(2012年度7月~2015年3月)
科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「伝統的抵触法方法論の深化と国際知的財産権」研究代表者(2009年10月~2011年9月)

●共同研究
文京学院大学共同研究助成「文化財の国際的保護のための国際法及び国際私法上の諸問題」研究代表者(2018年4月~2020年3月)
ALIN(Asian Legal Information Center), “International Cooperation in Legal and Institutional Building in Cambodia: Reforming the Private Law and Setting up the Securities Market” 研究代表者(2012年3月~2012年12月)

一覧に戻る