保健医療技術学部|保健医療技術学部

チーム医療現場での活躍を想定した、

4年制大学ならではのカリキュラムを編成しています。

教員紹介

一覧に戻る
名前 正保 哲 (Shoubo Akira) 正保 哲
職名

准教授

最終学歴

国際医療福祉大学大学院

学位

博士(保健医療学)

主な経歴

平成14年 湘南鎌倉総合病院
平成17年 富山県立高志リハビリテーション病院
平成18年 金沢医科大学氷見市民病院リハビリテーション科主任
平成21年 湘南鎌倉人工関節センターリハビリテーション科副主任
平成22年 榊原記念病院・町田市民病院(非常勤)
平成25年 文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教

専門分野

内部障害系理学療法 

研究課題
(主なテーマ)

循環器疾患における運動療法の開発
姿勢と換気・心拍出量の関係

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

【論文】
(単著)
・Karvonen 法による運動負荷強度における生体反応:運動負荷前後の心拍数による検討,
 金沢大学大学院修士論文,2008
・脊柱後彎姿勢が呼吸時の胸壁運動に及ぼす影響 : 呼吸時体積変化の分析から,
 国際医療大学大学院博士論文,2013

(特別寄稿)
・内部障害に対する理学療法:リスク管理を中心に
 理療44(2) 2014

(筆頭著者)
・姿勢変化が吸気負荷時の左右胸郭体積変化に及ぼす影響
 理学療法科学,32(5):669-674 2017.
・Effect of asymmetric chest volume depending on inspiration load.Int J Physiother.4(4),217-221 2017.
・Effect of sitting posture on thoracic configuration and changes in volume of hemithoraces.Int J Physiother.4(3),147-151 2017.
・The relationship between thoracic configuration ond changes in volumes of hemithoraces in upright sitting.JPTS,28(11):1-4 2016
・異なるリクライニング角度における安静時と動的運動時の圧受容器反射感受性の変化
 理学療法科学,31(4):517-520 2016
・背臥位での運動強度の異なる動的運動前後の血行動態の変化
 理学療法科学,30(5):787-792 2015
・姿勢変化が上下胸郭体積変化に及ぼす影響
 理学療法科学,30(4):499-502 2015
・胸郭拡張差と胸郭体積変化の関連性,
 理学療法科学,29(6),p881-884 2014
・高強度レジスタンストレーニング前後の血行動態,
 理学療法科学,29(5),p689-692 2014
・脊柱後彎姿勢が呼吸時の胸壁運動に及ぼす影響 : 呼吸時体積変化の分析から,
 理学療法科学,26(6),p753-757 2011
・Karvonen 法による運動負荷強度における生体反応,
 理学療法科学,26(1),p33-39 2011
・高強度レジスタンスエクササイズ前後の心拍数 収縮期血圧 自律神経活動,
 理学療法科学,25(6),p899-903 2010
・座位での下部体幹の姿勢制御が高齢円背患者の安静時喚起効率および胸郭拡張差に及ぼす影響,
 みんなの理学療法,19,p18-20 2008
・姿勢からアプローチした両側THAの一症例,
 みんなの理学療法,18,p38-39 2006

(共同著者)
・異なる運動強度の膝関節伸展運動が運動直後の血管拡張能に及ぼす影響
 理学療法科学,33(1),p1-5 2018
・座位での足関節底屈運動前後の血行動態の変化
 理学療法科学,32(2),p159-163 2017
・リクライニング角度の違いによる嫌気性代謝域値と血行動態の変化
 理学療法科学,,32(1),p63-67 2017
・mini-one antero-lateral incisionにおける術前Crowe分類が術後筋力回復に及ぼす影響,
 日本人工関節学会誌,40,p626-627 2010
・低侵襲人工股関節置換術後の理学療法効果,
 理学療法ジャーナル,44(12),p1041-1048 2010
・当院における訪問リハビリテーションの取り組み,
 みんなの理学療法,20,p45-47 2009
・当院における通所リハビリテーションの取り組み,
 みんなの理学療法,20,p42-44 2009
・足底挿板が立位バランスに与える影響について重心動揺計を用いての検討,
 みんなの理学療法,18,p27-29 2006

(紀要・共同著者)
・座禅が自律神経機能に与える影響の検討,文京学院大学保健医療技術学部紀要17,153-165,2017
・学長裁量経費を受けた「本学理学療法学科卒業生のスイスでの学術研修」の報告,
 文京学院大学保健医療技術学部紀要17,189-201,2017

【学会発表・筆頭】
・Effects of Sitting Position on Volumes of Hemithoraces of Healthy Men and a Patient Who Underwent
Thoracotomy With a Medline Incision
AARC Congress 2018
・姿勢変化が胸骨正中切開術後者の左右胸郭体積変化に及ぼす影響
第5回日本呼吸理学療法学会学術大会,2018
・Effects of Sitting Position on Thoracic Configuration and Changes in Volumes of Hemithoraces
AARC Congress 2017
・姿勢変化が左右胸郭体積変化に及ぼす影響
 第52回日本理学療法学術大会,2017
・The relationship between Tidal Volume and Changes in Volumes of Hemi-Thoraces in Sitting
 WCPT-AWP&ACPT Congress 2016
・姿勢変化が上下胸郭体積変化に及ぼす影響
 第51回日本理学療法学術大会,2016
・足関節底屈運動の血行動態
 第70回日本体力医学会大会,2015
・背臥位での運動強度の異なる動的運動前後の血行動態の変化
 第50回日本理学療法学術大会,2015
・Placement of pelvis at sitting posture Affects thoacic movement during breathing
 WCPT-AWP&ACPT Congress 2013
・姿勢変化が呼吸時の胸壁運動に及ぼす影響 ― 呼吸時体積変化の分析から ―
 第48回日本理学療法学術大会,2013
・運動耐容能の改善率に対する下肢筋力および栄養状態の影響
 第17回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,2011

担当科目
演習テーマ

理学療法概論演習
リハビリテーション概論
機能診断技術学実習Ⅰ
呼吸・循環・代謝系理学療法
呼吸・循環・代謝系理学療法実習

ひとこと

学生時代には多くを学び、様々なことを経験し成長していくと思います。その皆さんの学びと成長のサポートができればと考えています。

所属学会
国際会議等への参加

日本理学療法士学会
日本心臓リハビリテーション学会
理学療法科学会
日本体力医学会
日本病態生理学会

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

文京学院大学総合研究所共同研究助成金,座禅が自律神経機能に与える影響の検討,2015年度,研究分担者
文京学院大学総合研究所共同研究助成金,姿勢変化が呼吸ポンプ作用に及ぼす影響,2018年度,研究代表者
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(若手研究),健常男性における運動強度の異なるレジスタンス運動中の動脈圧受容器反射感受性の変化,研究代表者
埼玉県理学療法士協会研修部 2013~2017年
2018.9 福岡県警捜査協力 
埼玉内部疾患系リハビリテーション研究会 2018~

一覧に戻る