人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

教員紹介

一覧に戻る
名前 木村 学 (Manabu Kimura) 木村 学
職名

准教授

最終学歴

東京学芸大学大学院 連合学校教育学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学

学位

修士(教育学)

主な経歴

東京都江戸川区小学校 生活指導補助員
東京学芸大学 環境学習推進専門研究員
國學院大學幼児教育専門学校 兼任講師
東京学芸大学教職大学院 専門研究員 などを経て現職

専門分野

環境教育
児童学

研究課題
(主なテーマ)

子どもの自然体験
子どもの遊び
生活綴方教育と学級通信

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

・「子どもの自然体験−子どもの生活に根ざした自然体験を構想する−」(2010)『学校環境教育論』筑波書房 共著

・「総合的な学習の時間で行う環境教育」(2006)『Biocity』34号 共著

・子ども主体の総合的学習成立の条件―子どもたちの自然探索はいかにして保障されるか―(2005)『野外文化教育』第5号 単著

・学校生活における児童の遊びと人間関係−インフォーマル集団形成の要因について−(2006)『こども環境学研究』vol.3 単著

・学校ビオトープにおける子どもの自然探索行動−休み時間の虫捕り遊びはいかにして展開されるかー(2007)『環境教育』第35号 単著
 
・学校生活と総合的学習の相互連関の一考察―子どもの興味・関心の芽生えはいかにして育まれるか― (2008)『せいかつか&そうごう』第15号 単著

・子どもの探究活動へと繫がる言語活動の実践的研究−大楽光明教諭による学級通信の分析を手がかりに−(2009)『せいかつか&そうごう』第16号 単著

・「地域子ども教室」は子どもの遊び環境を保障しているか(2007)日本環境教育学会関東支部年報 第1号 単著

・子どもの生活に根ざした「総合的な学習の時間」の展開―インタビュー調査による検討―(2008)日本環境教育学会関東支部年報 第2号 単著

・学級内における補助教員の功罪−豊かな集団形成のための役割とは−(2009)國學院大學幼児教育専門学校紀要 第22号 単著

・学校教育における自然体験の独自性−子ども文化の創造を焦点に−(2009)平成21年日本環境教育学会関東支部年報 第3号 単著

・地域環境の再認識を促す映像コンテンツの考察−学生による都市農業のドキュメンタリー制作を手掛かりに−(2009)東京学芸大学環境教育実践施設研究報告 第18号 共著

・荒れた学級の修復・改善に関する一考察−補助教員による実践記録の自己省察を中心に−(2010)國學院大學幼児教育専門学校紀要 第23号 単著

・学生による地域学構築のための基礎的研究―「たまプラ学」創出に向けて―
(2010)國學院大學幼児教育専門学校紀要 第23号 共著

・大楽光明教諭による生き物をめぐる学級文化の創造―物語生成として構想される子どもの自然体験―(2010)日本環境教育学会関東支部年報 第4号 単著

・『教室内の学級の人間関係と校庭の遊び集団の関係』(報告書)(2005)『学校の余暇時間における校庭での遊び―児童の居場所を求めて―』平成14〜16年度科研費補助金、基礎研究(B)(1)(研究代表者小川博久)共著

・『環境教育推進のためのプログラム開発』(報告書)(2006)文部科学省委嘱事業「環境教育推進のためのプログラム開発」(研究代表者 樋口利彦)共著

担当科目
演習テーマ

保育内容研究「環境」
総合演習
保育内容研究「遊びの理解と援助」

ひとこと

足もとの草花に目を向けると、美しい世界が広がっているものです。

所属学会
国際会議等への参加

日本環境教育学会 会員
こども環境学会 会員
野外文化教育学会 事務局
日本子ども社会学会 会員 
日本生活科・総合的学習教育学会 会員
日本環境教育学会関東支部 幹事
日本作文の会 会員

一覧に戻る