保健医療技術学部|保健医療技術学部

チーム医療現場での活躍を想定した、

4年制大学ならではのカリキュラムを編成しています。

教員紹介

一覧に戻る
名前 布施 陽子 (FUSE YOKO) 布施 陽子
職名

助手

最終学歴

文京学院大学大学院 保健医療科学研究科

学位

保健医療科学修士

主な経歴

2006年4月 東京北社会保険病院リハビリテーション室 理学療法士
2012年4月 東京北社会保険病院リハビリテーション室 理学療法士(非常勤)
2012年4月 文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科 助手
2014年5月 東京北医療センター リハビリテーション室 理学療法士(非常勤)

専門分野

産婦人科(産前・産後)理学療法

研究課題
(主なテーマ)

腹横筋機能
産前・産後理学療法

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

【著書】
  88の知が生み出す臨床技術 ブラッシュアップ理学療法(共著,三輪書店,pp108-113)
  ヤンダアプローチ-マッスルインバランスに対する評価と治療-(共著,共同翻訳,三輪書店)
【学術論文】
1 超音波診断装置による腹横筋厚計測の信頼性の検討(原著)文京学院大学保健医療技術学部紀要2010;3:7-12
2 安静背臥位とストレッチポール上背臥位における腹筋群筋厚の検討(原著)理学療法科学2012;27(1):77-80
3 出産と理学療法 理学療法(PT)ジャーナル2013,888-894
【学会賞】
 第48回日本理学療法学術大会優秀賞(2013年)
 「腹横筋エクササイズ継続による身体機能変化」

ひとこと

「濃い人生」が私のテーマです!
女性疾患理学療法の確立を目指して私も頑張ります!
学生時代の様々な体験は財産です!
一緒に素敵な濃い日々を過ごしましょう♪

所属学会
国際会議等への参加

日本理学療法士協会
理学療法科学学会
International Continence Society (ICS)

一覧に戻る