人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

教員紹介

一覧に戻る
名前 柄田 毅 (Takeshi Tsukada) 柄田 毅
職名

教授

最終学歴

東京学芸大学大学院教育学研究科障害児教育専攻修士課程修了

学位

修士(教育学)

主な経歴

東京都立東大和療育センター 指導員
東京都立東大和療育センター 言語療法士/臨時言語聴覚士
文京学院大学人間学部 専任講師
東京学芸大学 非常勤講師
日本女子大学 非常勤講師

専門分野

聴覚言語障害学, 障害児・者支援法

研究課題
(主なテーマ)

特別な支援を要する子ども・大人の支援・指導法の検討
障害児・者に対する余暇的活動を通じた対人交流支援の検討

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

論文・著書等:(主なもの)

矢内・荻原・亀井・曽根・柄田(2008)重症心身障害児(者)のコミュニケーションの特徴〜太田Stage III-1とIII-2の認知発達段階にある者の比較,日本重症心身障害学会誌,33(1),共著.
荻原・矢内・柄田・曽根(2009)重症心身障害児(者)に対する聴性行動反応検査(BOA)の方法に関する検討,東京都立東大和療育センター研究報告集,17,共著.
柄田・澤江(2009)発達障害児に対するPCなどの機器を用いた余暇活動の検討,コミュニケーション障害学,26(2),共著.
田中・亀井・宮武・曽根・柄田(2009)重症心身障害児(者)の制作活動における課題選択と配慮点,日本重症心身障害学会誌,34(3),共著.
荻原・矢内・柄田(2010)重症心身障害児(者)に対する聴性行動反応検査(BOA)における反応〜認知発達段階と音に対する反応について〜,東京都立東大和療育センター研究報告集,18,共著.
田中・本藏・奥泉・柄田(2013)幼稚園・保育所における「保育の質」に関する一考察 - 障害児保育研究に着目して -,文京学院大学研究紀要,14,共著.
柄田(2014)軽度聴覚障害児の聴力管理に関する配慮事項の検討,文京学院大学研究紀要,15,単著.
柄田(2014)「言葉の遅れ」や「発達障害」のある子どもの相談,発達が気になる子の子育て支援情報誌,No.9,全国心身障害児福祉財団,単著.
柄田(2015)重症心身障害児に対する指導におけるICT機器の活用について − 特別支援教育に関する多領域支援の構築に向けて −,人間教育と福祉,4,単著.
森下葉子・加須屋裕子・椛島香代・小栗俊之・金子智栄子・柄田毅・鳩山多加子(2016)大学内子育て支援施設の役割と課題 – 地域利用者からの声をもとに −,文京学院大学研究紀要,18(1),共著.
柄田毅・板倉達哉(2016)地域発達相談における大学付設機関の役割について,文京学院大学研究紀要,18,共著.
柴田貴美子・嶋崎寛子・川端佐代子・栗城洋平・西方浩一・柄田毅・板倉達哉・御殿谷美紗子・小林莉菜・小林建哉・染谷真希・林英恵(2018)学齢期の発達障害児とその保護者へのSSTプログラムの効果,文京学院大学総合研究所紀要,18,共著.
柄田毅・佐藤香織・加須屋裕子(2018)大学の子育て支援施設における発達の相談への対応について,文京学院大学研究紀要,19,共著.


科学研究費:

澤江・齋藤・柄田,アダプテッド・スポーツ教育についての基礎的調査研究(平成20-22年度科学研究補助金基盤研究(C),研究分担者)
澤江・齋藤・柄田,自閉症児の対人調整を目的とした運動プログラムの開発(平成23-25年度科学研究補助金基盤研究(C),研究分担者)

担当科目
演習テーマ

学部:保育実習I・III,教育実習I・II,教職実践演習,社会的養護,社会的養護と療育,発達支援演習II,基礎演習,障害者と社会、等
大学院:乳幼児発達臨床演習II,臨床発達支援研究,言語発達支援研究,保育臨床実習Ⅰ・II

所属学会
国際会議等への参加

所属学会:
日本重症心身障害学会
日本教育福祉学会
日本発達心理学会
日本特殊教育学会, 等

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

社会的活動:
葛飾区保健センター心理判定員
狭山市専門家巡回支援員、等

一覧に戻る