教員紹介

一覧に戻る
名前 島田 昌和 (SHIMADA Masakazu) 島田 昌和
職名

教授

最終学歴

明治大学大学院経営学研究科博士課程

学位

経営学博士(明治大学)

主な経歴

1987年早稲田大学大学院経済学研究科経済学修士号取得
1993年明治大学大学院経営学研究科博士課程単位取得満期中退
1993年文京女子大学(現・文京学院大学)経営学部専任講師
1996年文京女子大学(現・文京学院大学)経営学部助教授
1998年ミシガン大学客員研究員
2001年文京女子大学(現・文京学院大学)経営学部教授(現在に至る)
2006年明治大学大学院経営学研究科にて博士号取得
2007年文京学院大学大学院経営学研究科教授(現在に至る)
2009年一橋大学大学院商学研究科日本企業研究センターフェロー(~2014年3月)

専門分野

経営史、経営学

研究課題
(主なテーマ)

渋沢栄一の企業者活動の史的研究
光学系精密機械産業の研究
エンタテインメント・ビジネスの研究

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

『The Entrepreneur Who Built Modern Japan: Shibusawa Eiichi』(単著)一般財団法人出版文化産業振興財団、2017年
『ETHICAL CAPITALISM: Shibusawa Eiichi and Business Leadeship in Global Perspective』(共著)University of Toronto Press、2017年
『時代を超えた経営者たち』(共著)日本経済評論社、2017年
『原典で読む渋沢栄一のメッセージ』(編著)岩波書店、2014年
『グローバル資本主義の中の渋沢栄一』(共著)東洋経済新報社、2014年
『企業家活動でたどる金融事業史』(共著)白桃書房、2013年
『渋沢栄一と人づくり』(共編著)有斐閣、2013年
『渋沢栄一 社会企業家の先駆者』(単著)岩波新書、2011年 
「日本におけるCGクリエーターと作品データベース:第I期(1990年以前)」科学研究費(研究成果データベース)交付・研究代表者、2009年
"The Entrepreneurial Activities of Eiichi Shibusawa -the Creation of a Joint Stock ompany System in the Prewar Period and the Role of the Investor-Exective-" ,Japanese Research in Business History,Vol.25, 経営史学会、2008年
『進化の経営史−人と組織のフレキシビリティ』(共編著)有斐閣、2008年
『渋沢栄一の企業者活動の研究−戦前期企業システムの創出と出資者経営者の役割』(単著)日本経済評論社、2007年
「経済立国日本の経済学―渋沢栄一とアジア」(共著)杉山 伸也編、『岩波講座 「帝国」日本の学知〈第2巻〉「帝国」の経済学』岩波書店、2006年
「リコーの複写機事業の失敗と再生」(石崎琢也氏と共同執筆)宇田川勝,佐々木聡,四宮正親編『失敗と再生の経営史』有斐閣、2005年
“How Eiichi Shibusawa Offered Models of Investment and Management to Introduce Modern Business Practice into Japan”,Jpapanese Yearbook on Business History,経営史学会、2002年
「カメラ−競争を通じた国際競争力の形成」(共著)宇田川勝・橘川武郎・新宅純二郎編『日本の企業間競争』有斐閣、2000年
「産業の創出者・出資者経営者<渋沢栄一・渋沢家財務史料を中心に>」(共著)伊丹敬之他編『企業家の群像と時代の息吹』有斐閣、1998年
「近代企業オルガナイザーの情報行動―渋沢栄一」(共著)佐々木聡・藤井信幸編『情報と経営革新』同文館、1997年
「経営者の労働観」(共著)『大企業時代の到来』(日本経営史5)岩波書店、1995年
「渋沢栄一の企業者活動と関係会社」(共著)由井常彦・橋本寿朗編『革新の経営史』有斐閣、1995年

担当科目
演習テーマ

経営者論(院・学部)、経営史

ひとこと

理論と実際と情熱がからみあった講義を心がけています。

所属学会
国際会議等への参加

経営史学会(常任理事、研究組織委員)、社会経済史学会(評議員)、日本経営学会、組織学会、企業家研究フォーラム(幹事)、日本経済思想史研究会、渋沢研究会(代表・運営委員)

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

1998年ミシガン大学客員研究員
2009年~2014年一橋大学大学院商学研究科日本企業研究センターフェロー

一覧に戻る