保健医療技術学部|保健医療技術学部

チーム医療現場での活躍を想定した、

4年制大学ならではのカリキュラムを編成しています。

教員紹介

一覧に戻る
名前 中俣 修 (Osamu Nakamata) 中俣 修
職名

准教授

最終学歴

日本大学大学院理工学研究科

学位

修士

主な経歴

平成5年4月〜平成 8年3月 駿河台日本大学病院
平成8年4月〜平成17年3月 首都大学東京 助手
平成18年4月〜 文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科 

専門分野

運動学
運動器疾患の理学療法

研究課題
(主なテーマ)

人の姿勢および身体運動に関する研究
体幹の運動機能に関する研究

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

[論文]
・伸展下肢挙上角と長座位前屈テストにおける骨盤角との関係 (東京都立医療技術短期大学紀要11号)
・女性における伸展下肢挙上テストと長座位前屈テストとの関係 (理学療法進歩と展望13号)
・骨盤・下肢固定による伸展下肢挙上テスト測定角度への影響 (東京保健科学学会誌 1巻1号)
・座位及び立位での骨盤傾斜運動による腰椎・骨盤角度の変化 (徒手的理学療法 2巻1号)

担当科目
演習テーマ

機能診断技術学I,機能診断技術学II,機能診断技術学実習I,機能診断技術学実習II

ひとこと

 ヒトの身体構造や身体運動について知れば知るほど、多くの疑問が生じてきます。素朴な疑問を解決できるような研究活動を行い、教育活動に活用していきたいと考えています。

所属学会
国際会議等への参加

日本理学療法士協会,日本体力医学会,日本義肢装具学会,日本保健科学学会,他

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

(社)東京都理学療法士会 新人教育部員(運営委員)(平成8年10月〜2006年3月)

一覧に戻る