保健医療技術学部|保健医療技術学部

チーム医療現場での活躍を想定した、

4年制大学ならではのカリキュラムを編成しています。

教員紹介

一覧に戻る
名前 上田 泰久 (Yasuhisa Ueda) 上田 泰久
職名

助教

最終学歴

国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科福祉援助工学分野博士後期課程満期退学

学位

修士(保健医療学)

主な経歴

2000年4月 横浜新緑総合病院 リハビリテーション科
2007年4月 文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科

専門分野

頭頸部・体幹・上肢に対する理学療法(運動器疾患の理学療法)

研究課題
(主なテーマ)

①頸椎の病態運動の解明
 →座位姿勢・筋骨格系の変化と頭頸部の運動パターンの関係について研究しています
②頭痛・肩こり・頸部痛・上肢痛のメカニズムの解明
 →頭頸部・体幹・上肢の機能解剖の観点から症状のメカニズムについて研究しています
③頭頸部・体幹・上肢に対する評価と運動療法の体系化
 →体系化された運動療法を臨床現場に還元できるよう取り組んでいます

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

■著 書
・肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション.羊土社,p152-161,p162-175,2018
・新ブラッシュアップ理学療法.ヒューマン・プレス,p9-12,2017
・運動のつながりから導く肩の理学療法.文光堂,p112-113,2017
・エキスパート理学療法 バイオメカニクスと動作分析.ヒューマン・プレス,p120-128,2016
・理学療法MOOK17 理学療法技術の再検証.三輪書店,p84-94,2015
・外来整形外科のための退行変性疾患の理学療法.医歯薬出版,p91-105,2010
・消っして忘れない運動学要点整理ノート 別冊 演習問題.羊土社,p41-47,2009
■DVD(医療)
・頸椎の機能解剖と臨床応用-頸椎の病態運動から展開する評価とアプローチ-(全1巻).
 ジャパンライム,2016
■論文(原著論文・総説・特集・解説など)
《筆頭》
・後頭下筋群に対する運動療法を実施するためのコツ.PTジャーナル53(7):706-707,2019
・後頭下筋群を段階的に触診するためのコツ.PTジャーナル53(6):588-589,2019
・高齢者における立位姿勢の安定性と頭頸部肢位・足指筋力との関係,
 理学療法科学 34(1):1-5,2019
・頸神経叢の皮枝に関する肉眼解剖学的観察.The Journal of Clinical Physical Therapy,
 Vol.17, 45-49,2016
・頭痛・頸椎症性神経根症に対する理学療法.PTジャーナル49(5),403-410,2015
・脊柱の機能解剖と運動療法-腰椎の退行変性疾患について-.理療45(2),3-8,2015
・研究の流れを学ぼう-学会抄録および研究論文の書き方 実践-.理療44(2),38-41,2014
・大後頭神経の肉眼解剖.The Journal of Clinical Physical Therapy,Vol.16, 39-41,2014
・頭痛の病態と運動療法.理療43(2), 52-58, 2013
・頸椎疾患に対する評価と治療.理療42(4), 67-72, 2013
・頭頸部アライメントが重心動揺に及ぼす影響.理学療法科学 27(3),269-272,2012
・姿勢の非対称性が頚椎の回旋に及ぼす影響.理学療法科学 27(1),37-40,2012
・頭部肢位の違いが後頭下筋群の形態に及ぼす影響.文京学院大学保健医療技術学部紀要
 第4巻,13-18,2011
・上半身質量中心位置の変化と頚椎の回旋可動域の関連性.文京学院大学保健医療技術学部紀要
 第3巻,1-6,2010
・頭頚部の運動解析-姿勢変化に伴う頚椎運動-.国際医療福祉大学大学院 修士論文,2007
《共同》
・高齢者の立位バランスの特徴-姿勢安定度評価指標を用いた検討-.
 文京学院大学総合研究所紀要,第18号,79-84,2018
・Ankle, knee, and hip joint contribution to body support during gait.
 Journal of Physical Therapy Science,28(10):2834-2837,2016
・前額面上での静止立位姿勢と半スクワット姿勢の比較における下肢・体幹角度の相関.
 文京学院大学保健医療技術学部紀要 第4巻,29-33,2012
・前十字靭帯損傷メカニズムの検討-下肢アライメントが片脚着地動作と筋活動に及ぼす影響-
 日本臨床スポーツ医学会誌vol.19(1),120-126,2011
・足部・足関節アライメントが片却着地動作時の動的下肢アライメントと着地直前直後筋活動
 に及ぼす影響.理学療法科学26(1),27-31,2011
・皮膚・皮下組織の可動性に関する研究.文京学院大学総合研究所紀要 第10号,269-275,2009
・主観的運動感覚を用いた運動指導方法に関する基礎的研究.文京学院大学総合研究所紀要
 第9号,343-357,2008
■学会発表(抄録) ※筆頭のみ掲載
・超音波診断装置を用いた頸部の等尺性収縮に関する検討.臨床整形外科学会誌:199,2019
・頭頸部肢位の違いと姿勢の安定性・足部筋力の関係.体力科学vol.67,2018
・頭頸部の運動が脊柱アライメントに及ぼす影響.臨床整形外科学会誌:143,2017
・頸神経叢の皮枝に関する肉眼解剖学的観察.理学療法学42 Suppl.1,2015
・大後頭神経の走行および圧迫・伸張部位について.理学療法学41 Suppl.1,2014
・健常者における頸椎の回旋および側屈の運動解析.理学療法学40 Suppl.2,2013
・上肢の肢位が頸部の軟部組織および可動性に及ぼす影響.体力科学vol.61:715,2012
・姿勢の非対称性が頸椎の回旋に及ぼす影響.体力科学vol.60:822,2011
・感覚入力の制限と頭部肢位が重心動揺に及ぼす影響.日本運動療法学会誌:28,2010
・頭部肢位の違いによる後頭下筋群の働き.理学療法学37 Suppl.2:394,2010
・座圧中心と頸椎の回旋可動域の関係.体力科学vol.58:929,2009
・Relationship between Head Position and Balance Ability. ACPT10th:170,2008
・頸椎の運動解析(第2報)姿勢変化と頸椎の屈伸運動の関係.理学療法学34 Suppl.2:254,2007
・頸椎屈曲伸展運動における運動中心の軌跡分析.理学療法学32 Suppl.2:321,2005
・住宅内便所における高齢者介助用手すりの配置に関する研究(その1).
 理学療法学28 Suppl.2:414,2001
■その他(文献抄録)
・上肢痛と頸部痛を伴う患者に対する人間工学的な治療介入.PTジャーナル43(12):1110,2009
・継続教育は頸部痛治療の理学療法士の有効性を高めるか.PTジャーナル43(11):1024,2009
・片側性の頸部痛を有する患者の疼痛と可動域に対するMobilizationテクニックの即時性効果.
 PTジャーナル43(7):644,2009
・脳卒中後の肩の固有受容感覚について.PTジャーナル43(4):373,2009
・健常者と視覚過敏者における視覚変化と支持基底面変化を組み合わせた三次元頭部運動の特徴.
 理学療法25(12):1692,2008
・意図的なかがみ歩行における筋長と伸張速度.理学療法25(4):720,2008
・パーキンソン病の方向転換の障害と正常な直進歩行との関連.理学療法24(10):1376,2007

担当科目
演習テーマ

・運動療法学基礎実習(1年生対象)   ・バリアフリー(3年生対象) 
・日常生活活動学実習(2年生対象)   ・地域理学療法学演習(3年生対象)
・運動器系理学療法学実習(3年生対象) ・卒業研究(4年生対象)

ひとこと

■受験生の皆さんへ…文京学院大学は教員と学生の距離が近く,一緒に臨床で必要な知識・技術を学ぶことができます.教員間もお互いの専門性を尊重しあい,切磋琢磨して頑張っています.ここでの生活が皆さんの一生の糧になるような大学を目指しています!
■学生の皆さんへ…学生時代に多くのことを経験してください.何事も経験です.その経験を生かして自分の人生をしっかり歩みましょう.私自身も理学療法士として,夢を持ってそれに向かって突き進んでいます.充実した学生生活が送れるように,こちらも全力でサポートします.一緒に頑張りましょう!
■臨床の先生方へ…頸椎疾患に対する評価と治療を体系化して臨床に還元できるように取り組んでいます.頭痛・頸部痛・上肢痛に対する新しい理学療法をつくりあげていきたいと思っています.まだまだ臨床から学ぶことが多いため,先生方とのディスカッションを楽しみにしています.どうぞ宜しくお願い致します!

所属学会
国際会議等への参加

・日本理学療法士協会    ・徒手理学療法学会
・日本理学療法科学学会   ・臨床理学療法研究会
・日本体力医学会

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

【資格・専門】
・理学療法士(2000年4月~)
・専門理学療法士[運動器](2010年4月~)
【共同研究】
・独立行政法人 産業技術総合研究所[健常成人の歩行計測](2011年10月~2013年10月)
・文京学院大学[姿勢安定度に寄与する身体機能についての検討](2016年度 研究分担者)
【社会的活動】
・(公社)埼玉県理学療法士会 教育局研修部 部長(2011年7月~2013年6月)
【メディア出演】
・NHK総合:ためしてガッテン!「新原因発見!衝撃の肩・首のこり改善SP」2019年2月13日
・J-WAVE TOKYO MORNING RADIO「PLEASURE PICK UP! 首ふり筋膜はがし」2019年6月19日
【雑誌の取材協力】
・日経ヘルス:スマホ不調の解消 筋膜リセット術 首こり.日経BP,No.252:100-103,2019
・健康一番・けんいち:頸椎症&首こり・肩の痛み,ベースボール・マガジン
 頸椎疾患と姿勢・運動との関係.Vol.20:10-17,2019
 後頭下筋群のセルフケアで首こりを治す.Vol.20:30-37,2019
・週刊誌 NHKウィークリーステラ:首こり改善運動.2019
・医道の日本:NHKガッテン!で首こりへの鍼を特集.Vol.78(2):8-10,2019
・もも百歳:転倒予防のための5つの運動.Vol.122:20-21,2018

一覧に戻る