教員紹介

一覧に戻る
名前 大泉 久子 (Hisako OIZUMI) 大泉 久子
職名

講師

最終学歴

川村学園女子大学大学院人文科学研究科心理学専攻修士課程

学位

修士(心理学)

主な経歴

東京都心身障害者福祉センター 心理判定員
洗足ストレスコーピング・サポートオフィス シニアセラピスト 
精神科クリニック セラピスト 
東京都・千葉県スクールカウンセラー

専門分野

臨床心理学
認知行動療法
スキーマ療法

研究課題
(主なテーマ)

QOL向上のための心理的支援の実践
学校臨床でのストレスマネージメント

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

<著書>
「認知療法・認知行動療法事例検討ワークショップ(1)」(分担執筆・星和書店)
「スキーマ療法入門―理論と事例で学ぶスキーマ療法の理論と応用」(共著・星和書店)


<学術論文>
「Ⅱ・各論 成人期【医療/うつ病】心理クリニック」(共著・こころの科学・実践心理アセスメント・日本評論社)
「教育相談に活かす認知行動療法」(単著・月刊学校教育相談・ほんの森出版)

担当科目
演習テーマ

心理療法特論(認知行動療法)

ひとこと

認知行動療法は幅広い対象者に提供でき、また当事者のセルフヘルプの向上に貢献できます。セラピストとして基本的技術をきちんと学んでいきましょう。

所属学会
国際会議等への参加

日本認知療法・認知行動療法学会
2016年 International Society of Schema Therapy: International training program 終了
2018年 International Society of Schema Therapy国際大会参加

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

2017年 「慢性うつ病への電話モニタリングとスキーマ療法の費用対効果に関する無作為化比較試験」(共同研究)

一覧に戻る