教員紹介

一覧に戻る
名前 宗澤(根本)紀子 (Noriko MUNEZAWA (NEMOTO)) 宗澤(根本)紀子
職名

助教

最終学歴

山梨大学大学院

学位

修士(看護学)

主な経歴

武蔵野赤十字病院
静岡県立静岡がんセンター
福島県立医科大学看護学部

専門分野

高齢者看護学

研究課題
(主なテーマ)

胃がん、消化器疾患、食事、栄養、高齢者

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

論文・発表等
・Mizuno, M; Nemoto, N; Sasahara, T; Yamashita, M.(2016).Comparison of Subjective Well-being and Relevant Health Outcome Factors between Patients Undergoing Chemotherapy and Cancer Survivors in Stable Condition. Psycho-Oncology. 25, 60.
・ Mizuno, M; Nemoto, N; Sasahara, T; Yamashita, M.(2016).Reliability and Construct Validity of a Japanese version of the Quality of Life Index in Cancer Patients. Cancer Nursing.39, S105.
・根本紀子(2015). 疾患と看護がわかる看護過程 ナーシングプロセス 胃がん 看護編, Clinical Study, 36(4), 33-47.
・根本紀子(2014). 胃切除術後患者の食物摂取量、自覚症状、気分の変化―退院後3ヶ月の特徴―, 第34回日本看護科学学会学術集会.
・R Makabe, N Nemoto(2013). Nurses' Need of a Learning Program for Evidence-Based Practice at Center Hospitals for Cancer Care in Japan: A Content Analysis of Interviews.The 15th World Congress of Psycho-Oncology.
・N Nemoto, R Makabe(2013).Evidence-Based Practice Related to Effects of Peripheral Neuropathy Caused by Chemotherapy on Quality of Life in Japan: A Literature Review.
・根本紀子,中村美知子(2010). 胃切除術後高齢患者の食事摂取状況と負担感の変化.山梨大学看護学会誌, 9(1), 47-52.
・石川寛、篠道弘、稲野利美、佐藤弘、根本紀子(2010).NSTの現場から 末期胃癌患者に他職種で栄養管理にかかわった1例.臨床栄養, 116(3), 288-291.
・根本紀子,中村美知子(2008). 胃切除術後患者の食物摂取状況と自覚症状の術前から術後の変化―年齢による比較―, 第30回臨床栄養学会総会
・根本紀子,中村美知子(2008). 胃切除術後患者の負担感と食物摂取状況の経時的変化, 第28回日本看護科学学会学術集会

担当科目
演習テーマ

老年看護学
老年看護学実習

所属学会
国際会議等への参加

日本看護科学学会
日本静脈経腸栄養学会
日本がん看護学会  等

一覧に戻る