教員紹介

一覧に戻る
名前 芳賀 和恵 (Kazue HAGA) 芳賀 和恵
職名

准教授

最終学歴

マールブルク大学(ドイツ)経済・経営学部

学位

博士号(Dr. rer. pol.)

主な経歴

1990年6月~2001年8月: キヤノン株式会社
2007年4月~2008年4月: キヤノンギーセンGmbH(ドイツ)
2011年2月~2012年9月: マールブルク大学教育学部(ドイツ) 研究員
2011年10月~2013年3月: マールブルク大学教育学部(ドイツ) 非常勤講師
2013年5月~2016年4月: ドイツ日本研究所 経営・経済領域 専任研究員
2015年4月~現在: 上智大学外国語学部ドイツ語学科 非常勤講師
2016年4月~2017年3月: 法政大学現代福祉学部 非常勤講師
2016年4月~現在: 立教セカンドステージ大学 非常勤講師
2016年5月~2017年3月: ドイツ日本研究所 客員研究員
2017年4月~現在: 文京学院大学外国語学部 准教授

専門分野

経済学

研究課題
(主なテーマ)

アントレプレナーシップ、イノベーション、高齢化社会の経済

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

(著作)
2013年8月 Innovations- und Evolutionsdynamik in demographisch alternden Gesellschaften (高齢社会におけるイノベーションと進化発展のダイナミズム)(博士論文), Marburg: Metropolis-Verlag, 725 pp.


(学術論文)
2018年3月 Gründe für Standorte unter dem Aspekt der Innovationslogik am Beispiel der Canon Giessen GmbH(企業の海外拠点決定に関するイノベーション論の視点からの考察: キヤノンギーセンの事例から), 上智大学ヨーロッパ研究所(編)『上智ヨーロッパ研究』Vol. 11, pp. 173-189.
2018年1月 Innovation in Rural Japan: Entrepreneurs and Residents Meeting the Challenges of Aging and Shrinking Agricultural Communities, Journal of Innovation Economics & Management 25, pp. 87-117.
2016年4月 The potential of information technology as “Blue Zone” innovation in aging societies to extend employment, in Laperche, B. (Ed.): Géront'innovations. Trajectoires d'innovation dans une économie vieillissante, Business and Innovation Vol. 13, Brussels: P.I.E. Peter Lang, pp. 221-242.
2015年9月 Innovation and entrepreneurship in aging societies: Theoretical reflection and a case study from Kamikatsu, Journal of Innovation Economics & Management 18, pp. 119-141.
2015年9月 高齢化地域の持続可能性に資する地域企業のイノベーション戦略 ― 徳島県上勝町「いろどり」からの考察, 企業と社会フォーラム(JFBS)年報『持続可能性と戦略』,pp. 248-271.
2013年1月 Unternehmertum, Netzwerke und Demographie: Drei Fallstudien aus Japan(アントレプレナーシップ、ネットワーク、高齢化に関するケーススタディ:日本の3事例), Fakultät für Ostasien-wissenschaften der Ruhr-Universität Bochum (Hrsg.): Bochumer Jahrbuch zur Ostasienforschung 35, pp. 151-177.
2010年1月 Gründungsdynamik in alternden Gesellschaften – Das Beispiel Japan(起業に見る高齢社会のダイナミズム:日本の事例), Deutsches Institut für Japanstudien (Hrsg.): Japanstudien 21, pp. 163-196.
2008年1月 Wie lernen Unternehmer „evolutorisch“? Von unbewußter Inkompetenz zu unbewußter Fähigkeit(アントレプレナーの「進化」する学び~意識されない不得意分野能力から意識されない得意分野能力へ~), in Ebner, A.; Heine, K. & Schnellenbach, J. (Hrsg.): Innovation zwischen Markt und Staat, pp. 41-66.(Röpke, Jochenとの共著)


(その他の著作)
2017年1月 グロースバールドルフとウンスレーベンの「おらが村」への愛, 郁文堂 『Brunnen』, Nr. 503, pp. 9-11.
2016年5月 年金受給開始時期、収入源の選択肢と就業との関連性 日本とドイツを中心に―日本とドイツの比較―, 内閣府編 『高齢者の生活と意識 第8回国際比較調査結果報告書』, pp. 217-231.


(学会発表)
2017年11月 日本の被雇用者における高齢期の就業の新たな形: アントレプレナーシップ論からのアプローチ, 社会・経済システム学会第36回大会.
2017年9月 Features of entrepreneurs in aging and shrinking rural communities: A literature review of entrepreneurship and its socio-economic aspects, 6th International Conference on Social Responsibility, Ethics and Sustainable Business (ICSR) (Berlin, Germany).
2017年9月 地域の持続性に資する組織形態の特徴と持続的適応性: ドイツにおける組織の変遷を中心に, 企業と社会フォーラム第7回年次大会.
2016年10月 高齢化が進む地域の進化的順応の取り組み, 社会・経済システム学会第35回大会.
2016年8月 Roles of companies and regional enterprises in aging societies from an economic and ecological viewpoint, 3rd International Conference on CSR, Sustainability, Ethics & Governance (Cologne, Germany).
2016年6月 Genesis of small and medium-sized enterprises as innovative solutions for aging and shrinking rural communities: Cases from Japan, Innovation Forum VII (RPI & Institut CDC, Paris, France).
2016年6月 Regional enterprises for sustainability in aging societies: theoretical reflection on entrepreneurship and development for and with elderly people, 1st WWAS (Working Women in an Aging Society) International Conference (福岡).
2016年6月 Challenges of aging societies to improve healthy life expectancy, to handle the complexities of health, and the potential of information technology, JAFEE 20: International Conference on Socio-economic Systems with ICT and Networks, 進化経済学会(東京).
2016年2月 中高年者の知の実践、アントレプレナーシップ教育、および大学の可能性:  ケーススタディ 立教セカンドステージ大学, アクティ ブエイジング研究センター設立記念シンポジウム、ポスターセッション.
2016年2月 健康と経営を結びつけるコーディネート機能としてのアントレプレナーシップ: CKTSの観点から見るデータヘルスの革新性, 第10回日本応用老年学会大会.
2015年10月 Sustainable regional economy and entrepreneur as function which is responsible for risk of a new enterprise, 13th Meeting of German-Japanese Society for Social Sciences (東京).
2015年9月 Orte zum Lernen für eine lange Erwerbstätigkeit: verschiedene Varianten anhand von experimentellen Versuchen in Japan, Gemeinsame Jahrestagung der Sektion III und der Sektion IV der Deutschen Gesellschaft für Gerontologie und Geriatrie(Mannheim, Germany).
2015年3月 持続可能な地域づくりと企業ビジネス: 地域企業のソーシャル・アントレプレナーシップ, ビジネスモデル 学会2015年春季大会.
2015年3月 高齢化が進む地域の経済とテクノロジー, 第19回進化経済学会北海道大会(ポスター発表).
2014年10月 Innovation and entrepreneurship in aging societies: theoretical reflection and a case study from Japan, city of Kamikatsu, Innovation Forum VI (RPI & Institut CDC, Paris, France).
2014年9月 Ältere Menschen und Katastrophen: Was für Untestützungen helfen ihnen wirklich?, Gemeinsamer Gerontologie- und Geriatriekongress (Halle, Germany), with Daikoku, Taro.
2014年9月 高齢化が進む地域の持続可能性と戦略:徳島県上勝町, 企業と社会フォーラム第 4回年次大会.
2014年3月 新しいシニア活用モデルの考察 三菱総合研究所プラチナ社会研究会と立教セカンドステージ大学の協働事例 ~日独比較から見えてくるもの~, ビジネスモデル 学会2014年春季大会.
2013年11月 セカンドステージ開拓へのチャレンジへ、シニアの持つ可能性の検討 - ケーススタディ 立教セカンドステージ大学, 第8回日本応用老年学会大会.
2013年9月 Entwicklungsdynamik durch Unternehmertum im hohen Alter: Fallstudien aus Japan, Gemeinsame Jahrestagung der Sektion III und der Sektion IV der Deutschen Gesellschaft für Gerontologie und Geriatrie (Ulm, Germany).
2013年3月 Lernen für Entwicklungsdynamik in alternden Gesellschaften – Wie gestaltet sich Ko-Lernen im Entwicklungsprozess in alternden Gesellschaften?, Jahrestagung der Kom-mission Organisationspädagogik der Deutschen Gesellschaft für Erziehungswissenschaft (Marburg, Germany).
2012年11月 Innovationsdynamik in alternden Gesellschaften: Fallstudien aus Japan, Jahrestagung der Vereinigung für sozialwissenschaftliche Japanforschung (Weingarten, Germany).
2012年9月 Entwicklungsdynamik in alternden Gesellschaften, Gemeinsamer Gerontologie- und Geriatriekongress (Bonn, Germany).


(競争的資金等)
2009年9月~12月: STIBET-II(DAAD(ドイツ学術交流会)

担当科目
演習テーマ

経済学a, b、Business Case Method、Business Planning、グローバルビジネス戦略b、初年次セミナーa,b、ゼミナールa,b、卒業研究a,b、欧米の地域とマーケット(GCI)、グローバルステージ実践I(GCI)

ひとこと

大学生活を通して、自分と他人の両者を尊敬し、大切にすることを学びましょう。

所属学会
国際会議等への参加

進化経済学会、日本経済学会、社会・経済システム学会、社会と企業フォーラム、ビジネスモデル学会、日本応用老年学会

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

2015年7月 内閣府 「第8回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査」に伴う検討委員会 委員(2016年3月まで)
2015年2月 内閣府 高齢社会に関する有識者ヒアリング

一覧に戻る