人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介ティーチングアシスタント制度(心理学科)

ティーチングアシスタント制度(心理学科)

| 学科概要   教育の特色  カリキュラム   授業紹介 ゼミ紹介   資格と就職   オープンキャンパス line01.gif

【充実した学びをサポートするTA制度】

 心理学科の自慢の一つが「TA(ティーチング・アシスタント)制度」です。文京学院大学の大学院生が講義や実験をサポートしてくれます。

経験を活かして、さまざまなアドバイスをしてくれるのはもちろん、「教授に聞くにはちょっと…」という疑問や質問にも丁寧に対応してくれます。

実験授業のサポートやレポート作成時の質問、卒業論文作成における分析、実験方法、調査方法、実にさまざまな場面で一生懸命補助してくれます。

TAのスタッフは、心理学科教員の審査を経て決められていますので、安心して相談や、質問をしてください。

line01.gif

卒業研究のサポート:TAサロン

3年間、一生懸命心理学を勉強しても、統計的処理や、データの解釈、調査紙の分析、面接結果の集計や分析、など、「こころ」が外に表れたものをどのように扱うか、については、皆さんもいろいろ悩むことが多いことでしょう。


そんなときは、月曜日から金曜日まで、毎日1コマ、あるいは2コマ開催されている「TAサロン:ティーチング・アシスタント・サロン」を利用しましょう。
心理学科教員会議で、卒業研究をサポートすることが可能である、として認可されたTAメンバーが、臨床心理学領域、実験心理学領域、社会心理学領域、発達心理学領域、などの多様な領域の卒業研究に合わせて適切なアドバイスをしてくれます。

一度、ここで相談すると、学生ごとの「カルテ」が作成され(個人情報は保護されます)、次のTAサロンに生かされます。ここまで手厚い大学院生によるサポート制度は、なかなか他に例を見ないものです。

 

 

line01.gif

 


line01.gif