人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介文京学院大学心理学科の「公認心理師」対応について

文京学院大学心理学科の「公認心理師」対応について

| 学科概要   教育の特色  カリキュラム   授業紹介 ゼミ紹介   資格と就職   オープンキャンパス line01.gif

文京学院大学心理学科は学部・大学院とも「公認心理師(国家資格)」養成に完全対応しています。

2015年9月9日に「公認心理師法案」が国会で可決されました。

 

これにより、心理学科を擁する全国の大学において、平成29年度から一斉に、公認心理師養成のためのカリキュラム変更が行われます。

 

今後、公認心理師を取得するためには、大学院で学ぶ前に、大学で4年間、「総合的」に「心理学」を学ぶことが前提となります。これは、心理学の諸領域を広く学ぶことが、公認心理師の養成に資するとの考えからです。

 

実は、これは以前から文京学院大学心理学科で行ってきた教育そのものです。

 

したがって、文京学院大学心理学科では、きわめて軽微なカリキュラム変更により「公認心理師」養成に完全対応しています。

 

カリキュラムは学年で繰り上がりますので、数年間は、旧カリキュラムで学ぶ在学生と、新カリキュラムで学ぶ新入生の間の混乱が、全国の大学で生じていることが容易に推測できます。

 

すでに従来のプログラムにおいて、専任教員による、「広く、深い」総合的な心理学教育が行われてきた文京学院大学では、混乱なく、公認心理師の養成にスムーズに移行しています。2018年度入学生より、公認心理師養成に完全対応した新カリキュラムにおいて、教育が進められています。なお、旧カリキュラムの既存の学生も混乱なく、公認心理師を目指すことができています。

 

なお、大学院は、2020年度より、人間学研究科 心理学専攻 臨床心理学コースに「統合」します。これは従来から本学が設置している実験心理学的研究や調査研究のスキル・知識を獲得し、研究職や技術職等を目指すことが可能な「心理学コース」と公認心理師、臨床心理士を目指すことができる「臨床心理コース」のいずれの選択も可能な形での「統合」であり、「心理学コース」の教育・研究内容は存続します。大学院のコース名称については、今後より上記教育内容が分かりやすいように検討する予定です。

line01.gif

line01.gif