人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介お知らせ|すべてのメディア掲載一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのメディア掲載一覧

<前へ6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

2017年6月号 『栄養と料理』

 

人間学部心理学科伊藤裕子教授が、2017年6月号の『栄養と料理』の「第6回 妻の言い分、夫の言い分~昔よく母がいってた『亭主元気で留守がいい』って、理想よね~。(妻より)」で、回答者としてコメントが掲載されました。

5月11日 『日経トレンディ』WEB版 

 

 

『日経トレンディ』WEB版に、2017年5月11日「嗅覚の異常からパーキンソン病を早期発見!?」の記事が公開され、

その中で人間学部心理学科小林剛史先生の研究分野についてのコメントが掲載されました。

 

5/6『WINE BAZZAR』

 

 

2017年4月20日に発表された埼玉県ふじみ野市のふるさと納税返礼品追加品に、本学人間学部生が主に携わって商品化に至った「文京輪イン」が選定。

この件が、5月6日のWINE BAZZARサイトに掲載されました。

2017年春・夏号 『ふじみーの』

 

 

人間学部児童発達学科松村和子教授が、2017年春・夏号として刊行された雑誌『ふじみーの』中で、子どもの集中力についてのコメントが掲載されました。

 

2017年5月号 『栄養と料理』

 

人間学部心理学科伊藤裕子教授が、2017年5月号の『栄養と料理』の中で、「妻の言い分夫の言い分」の第5回「パートから始めてやっと正社員になれたのよ。もっとあなたも喜んで(妻より)」の記事の中で、回答者としてコメントが掲載されました。

2017年5月号 『ビジネスガイド』

 

人間学部客員教授の松爲信雄先生が2017年5月号の中で「これからの障害者雇用 -障害者雇用促進法施工後の企業対応」と題した寄稿文掲載されました。

また寄稿文の中で、合理的配慮事例を表したインフォグラフィック「WiTH」も掲載されています。

2017年3月号『月刊文具』掲載

 

 

人間学部コミュニケーション社会学科の学生が日本の子どもの貧困解消問題にとりくむため、学生が中心となり、産官学民による「寄付金付きボールペン」販売プロジェクトを実施し、

集まった収益金52,953円を2017年3月14日、子ともの貧困問題に取り組む特定非営利活動法人キッズドアへ寄付しました。

その様子が2017年3月号の『月刊文具』に掲載されました。

3/29 『朝日新聞』掲載

3月29日の『朝日新聞』の生活面の医療 「1分で知る におい⑨」の中で、人間学部小林剛史教授のコメントが掲載されました。

3/22 『新聞之新聞』掲載

 

3月22日『新聞之新聞』に凸版印刷の開発した新ソリューションの販売の記事の中で、監修として人間学部心理学科の長野先生の研究成果が掲載されました。

2/23 『福島民友』掲載

 

人間学部コミュニケーション社会学科教授中山智晴ゼミが10年かけて築いた福島県郡山市逢瀬町と文京学院大学の軌跡を特集した『広報こおりやま 11月号』が、福島県の県市町村広報コンクール広報誌部門の市の部で特選を受賞したことが、2月23日の『福島民友』で掲載されました。

 

<前へ6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16