人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介すべてのお知らせ一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

<前へ5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

人間学部 金子智栄子教授が、11月16日(金)、日本橋劇場で行われる「第449回 たつな会」に出演されます。
 
「たつな会」の初演は昭和42(1967)年1月で、50年以上の歴史があります。流派を超えた古典舞踊研究会で、日本舞踊家のプロの発表の場でもあります。
 
金子教授は、花柳流名取歴 40年以上を誇り、東京新聞が主催する格調高い舞踊会である「推薦名流舞踊大会」(国立大劇場)に22回出演され、表彰されています。
 
学術博士で臨床心理士でもある金子教授は、人間学部で教鞭をとる傍ら、学内公認クラブ「日本舞踊研究会」の顧問を務め、日本舞踊の素晴らしさを学生に伝えています。
 
 
ckaneko_20191106.jpg
 第449回 たつな会(入場無料)
 
 日時:11月16日(金) 13時開演・15時35分終演予定
 
会場:東京・中央区 日本橋劇場
 
花柳寿院(金子教授の芸名)の演目:長唄「まかしょ」
 
その他の演目:清元「四君子」・長唄「越後獅子」・長唄「藤娘」・
長唄「雨の五郎」・荻江「鐘の岬」・長唄「汐汲」・地歌「八島」
 

11/3 『社会福祉セミナー』

 

11月3日の『社会福祉セミナー 』(NHKラジオ第2)で、人間学部人間福祉学科中島修准教授が、「福祉教育とボランティア『福祉教育と地域福祉の推進』」について解説しました。

11/1『日本経済新聞』掲載 

   

11月1日の『日本経済新聞』で、人間学部コミュニケーション社会学科の学生が取り組んでいるNEXT商店街プロジェクトが紹介されました。

10/24 『偉人たちの健康診断』

 

10月24日の『偉人たちの健康診断』で、人間学部小林剛史教授が、千利休のおもてなしについて、心理学的観点から解説しました。

10/24『埼玉県公式ウェブサイト』掲載 

    『BtoBプラットフォーム』掲載 

   

 

NEXT商店街プロジェクト事業 大学・自治会・商店街が連携してハロウィンイベントを開催し、人間学部学生が10月27日の「おかめフェス」で、駄菓子屋を1日限定で開店することが紹介されました。

10/22『遊都総研』掲載 人間学部学生による1日限定駄菓子店開店

 

 

人間学部学生が10月27日の「おかめフェス」で駄菓子屋を1日限定で開店して、商店街の空き店舗を活用し世代間交流の場を提供することが紹介されました。

2018年10月刊行予定 

 

人間学部 村井教授の 『絶対役立つ社会心理学 日常の中の『あるある』と『なるほど』を探す』が、ミネルヴァ書房より10月に刊行されます。

 

本書は、日々の学生生活や社会人生活の中で社会心理学がどのように役立つのかを実感できるように、日常的なトピックを取り上げながら、基本的な知見を解説する教科書・入門書です。新進気鋭の社会心理学者たちが、古典的な研究から最新の研究までをふまえて、私たち自身や私たちをとりまく世界を見直すための多様な視点を示しています。人間学部心理学科 畑倫子助教も執筆しています。

 

『絶対役立つ社会心理学 日常の中の『あるある』と『なるほど』を探す』.jpg

10/12 『東京新聞』

 

人間学部心理学科杉山風輝子助手が、10月21日に開催される講座「はじめてのマインドフルネスー日常生活でストレスと共存する方法ー」で講師を務めることが紹介されました。

■  文京学院大学ふじみ野キャンパス あやめ祭 児童発達学科卒業生ブースのご案内

 

児童発達学科では、これまでの専門学校・短期大学・女子大学を含めた卒業生との交流の場として「あやめ祭」で学科ブースを、毎年設置しています

ホームカミングの機会として、お誘い合わせの上、お気軽にお越し下さい。

 

*卒業生のみを対象としています。

 

 

日時:20181020日(土) あやめ祭(日目のみ) 10:20〜16:00

 

   * 14:00〜16:00は、学科教員が在籍します。

 

   * あやめ祭は、10月20日(土)・21日(日)に開催しています。

 

会場:ふじみ野キャンパス W310教室

 

 

■ 大学院科目の科目等履修制度「学びの扉を開いてみませんか?」をご紹介していますこちらす。

 

ぜひ、児童発達学科ウェブページをご覧ください。こちらです。

 

 

人間学部 金子智栄子教授が、9月15日(土)、国立劇場(大劇場)で行われる「第54回 推薦名流舞踊大会」に出演されます。

今年で22回目のご出演です。

 
「推薦名流舞踊大会」は、東京新聞が主催する二大舞踊大会の一つで、昭和40年より男性舞踊家の参加を得て「推薦花形舞踊会」として発足、後に名称を「推薦名流」と改めた格調高い舞踊会です。
 
金子教授は、花柳流名取歴41年を誇り、日本舞踊家のプロの発表の場であり、公演回数448回を数える「たつな会」にも多数ご出演されています。
 
学術博士で臨床心理士でもある金子教授は、人間学部で教鞭をとる傍ら、学内公認クラブ「日本舞踊研究会」の顧問を務め、日本舞踊の素晴らしさを学生に伝えています。
 
 
ckaneko_20190915.jpg
第54回推薦名流舞踊大会
 
 日時:9月15日(土) 11時開演(昼の部・夜の部)
※金子教授の出演は昼の部
 
会場:東京・三宅坂 国立劇場(大劇場)
 
演目:長唄「手習子」 花柳寿院(金子教授の芸名)
 

 

<前へ5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15