人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介海外フィールドワーク2015(5)

海外フィールドワーク2015(5)

line01.gif

【海外短期フィールドワーク2015年(2014年度)リアルタイム報告05】

海外フィールドワーク紹介のページはこちら

カナダブリティッシュコロンビア州立トンプソンリバーズ大学で

今年(2015年2月〜3月)も海外短期フィールドワークが行われています!

臨場感をもってお伝えするために画像サイズがやや大きめです。読み込みに多少時間がかかります。ご了承ください。

fw2015059.jpg

カムループスは半砂漠地帯で乾燥している土地です。しかし、町の周辺にはたくさんの湖が点在しています。凍っているものもあれば、そうでないものも。空は広大に広がり、ある種の孤独感さえ感じます。

line01.gif

fw2015060.jpg

太陽が沈む時間帯になると、空はどんどん橙色に染まっていきます。

line01.gif

fw2015061.jpg

2015年2月27日

キャサリンは、例によって昨日の復習から始めます。幸福とは、フードバンクでは何をしたか、それぞれ3つずつ何か話して!と学生のみなさんに英語を話してもらうようにと促します。もっと話して!

line01.gif

fw2015062.jpg

また、キャサリンは今日も熱く、First Nationについて語ります。短いカナダの歴史の中で、First Nationとの関わりについて、話が進みます。

line01.gif

fw2015078.jpg

西欧人が移住してまもなく、Firtst Nationの子供たちが、両親から引き離され、思想・言語統制された背景、そのための社会問題について、話してくれました。キャサリンがこの問題は語るときは、とてもシリアスです。

line01.gif

fw2015069.jpg

その後、First Nationの文化について、実際に見て、触って、食べて、感じていきます。ちゃんと説明も読んでね、とキャサリン。これが、今日の午後作る、ドリームキャッチャーです。悪い夢はネットの蜘蛛の巣のような部分でとらえて、朝日で消滅させる。そしていい夢は羽を伝って頭に戻る。。とてもすてきな話です。

line01.gif

fw2015072.jpg

書物によって文化を伝えなかったFirst Nationの伝承方法。それは語りです。それを象徴するものの1つである、スティック。これを持つものが話す、というルールなのだそうです。

line01.gif

fw2015073.jpg

ドリームキャッチャーのアップ。line01.gif

fw2015074.jpg

松の木の葉で作ったバスケット。把手の部分は鹿の角だそうです。

line01.gif

fw2015077.jpg

保存食として食べられた、乾燥させた肉です。噛むほど味が、においが。。。

line01.gif

fw2015071.jpg

尊敬の念を持って、First Nationの踊りを再現するべく、頑張っていると。。

line01.giffw2015075.jpg

皆さんが参加!これだけだと何をやっているか分からないですね。。。

line01.gif

fw2015081.jpg

午後は全員でデイブの指導による、ドリームキャッチャー制作。

line01.gif

fw2015082.jpg

毎年ありがとうございます。デイブ。

line01.gif

fw2015084.jpg

難しいところは、デイブが代わりにやってくれます。

line01.gif

fw2015085.jpg

一人一人の個性が出てきます。

line01.gif

fw2015086.jpg

できた!あとは羽とビーズをつければできあがりですね。

line01.gif

fw2015088.jpg

デイブとアシュレイ、ありがとうございます!

line01.gif

p1     p2     p3     p4     p5     p6     p7     p8     p9     p10     p11     p12

p13     p14     p15     p16     p17     p18     p19     p20

 

 

line01.gif