人間学部|人間学部

将来の仕事に役立つ実践技能を修得。

人や社会とふれあうプログラムが豊富です。

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介教育の特色(児童発達学科)

教育の特色(児童発達学科)

保育・教育の学びを関連づけて習得できる体系的なカリキュラム。
保育士・幼稚園教諭・小学校教諭それぞれの養成課程についての学びだけでなく、大学生に求められる学力などや、実践的な力に関する学びを関連づけた、体系的カリキュラムが特徴です。
■ 図は、学科における学びの領域と1年次科目の例

line02.gif

保育実習・教育実習は、継続して4年間で計5回。

2年次から始まり、7日(1週間)〜21日(3週間)以上をかけて、保育所を含めた児童福祉施設、幼稚園、小学校で現場を体験します。

■ ふじみ野キャンパスに併設された文京学院大学ふじみ野幼稚園や保育実践研究センター「ふらっと文京」、海外短期フィールドワーク(アメリカ カリフォルニア州サンタクルーズ)など、現場実習の他に、実践的な経験や学習の機会を提供しています。

現場実習・海外短期フィールドワークなど

line02.gif

■ 児童発達学科の特色には、学生が教育課程だけでない学びを、自主的に活動していることもあります。

大学での学習・研究に加えて、様々な自主的活動に取り組み、幼稚園教諭、小学校教員、そして保育士としての実践力をより一層高めています。

line01.gif

学びを支える施設環境。

ピアノ練習室(西館1階)

19室(19台)のピアノ練習室があり、幼稚園教諭、保育士、そして小学校教諭を目指す学生が自由にピアノを練習できます。授業前、試験前だけでなく、多くの学生が利用しています。

小児保健実習室(西館2階)

人形を利用して、乳幼児のケアを擬似体験できるスペース。入浴やだっこなど日常的なケアのほか、人工呼吸などの応急処置についても学べます。

展示ギャラリー(西館2階)

学生が「美術基礎演習」や「造形表現」の授業で制作した作品を展示するスペースです。

その他のふじみ野キャンパスの施設もご覧ください

ふじみ野キャンパス 施設紹介

line01.gif

人間学部の他の学科はこちら