保健医療技術学部|保健医療技術学部

チーム医療現場での活躍を想定した、

4年制大学ならではのカリキュラムを編成しています。

文京学院大学トップページ保健医療技術学部|学部紹介すべてのお知らせ一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2017年11月23日「kufura」 妊産婦の自殺の一因にも…知っておきたい「産後うつ」のことを専門家に聞いた

 

株式会社小学館が運営するウェブサイト「kufura」で、産後うつ予防啓発リーフレット「ママから笑顔がきえるとき」が掲載されました。

 

掲載記事:https://kufura.jp/family/childcare/10573 

 

 

 

 

  ママだけではなく、パパにも 

  誰にでもおこりうる「産後うつ」を予防するために

 

   産後うつ予防啓発リーフレット・動画

「ママから笑顔がきえるとき」を発表

 

文京学院大学は、産前産後におけるママへのメンタルサポートの重要性を考慮し、「誰にでもおこりうる『産後うつ』を予防するために」をテーマに、母性看護学、助産学、母子保健が専門で、助産師でもある本学保健医療技術学部 市川香織准教授が総合監修し、産後うつ問題に詳しい東京慈恵会医科大学非常勤講師で広尾レディース院長宗田聡先生他、保健師、助産師の方々の協力のもと「ママから笑顔がきえるとき」と題したリーフレットと動画を作成いたしました。

 

 リーフレットと動画は2017年11月22日よりHPで公開・配布(無料)を開始いたします。

 

母子手帳と一緒に妊婦さんの手元に届くよう、全国市区町村の保健センター等で配布していただけるよう、自治体に送付をしてまいります。

 

 

IMG_4551.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆動画「ママから笑顔がきえるとき」について

 

リーフレットの内容を約4分の動画にまとめています。ご自由にご覧ください。

動画アドレス:https://www.youtube.com/watch?v=3MFwHvnjGtM&feature=youtu.be

 

(動画QRコード)

QR_Code1510117754.jpg

 

 

 

 

 

 

 

◆リーフレット「ママから笑顔がきえるとき」について

産後、母親の約10人に1人がかかる可能性があるという「産後うつ」。厚生労働省も全国に「子育て世代包括支援センター」の設置推進や「健やか親子21」等の取り組みをとおして、「産後うつ」を予防・早期発見するための支援体制に取り組んでいます。

 

妊娠中のママ達は、出産への準備と不安でいっぱいになり、妊娠中に産後の生活をイメージすることまで余裕がないのが現状です。また、ママの「産後うつ」ばかりではなく、パパにも「産後うつ」がおこりえるということがまだ日本では広く知られていません。この現状を考慮し、本リーフレットは一目でわかるインフォグラフィックという手法を使い、妊娠中のママとその家族を対象とし、「産後うつ」に関する基礎知識、産前産後の生活変化、母性神話(思い込み)、パパやパートナーが協力すべきことや、妊娠中に調べておくと良いこと、産後のママの気持ちの変化と対処方法、パパの産後うつなどをわかりやすく説明しています。

 

妊娠中から「産後うつ」の理解を深め、「産後うつ」になってしまう前に、行動がおこせるリーフレットとなっており、「産後うつ」を予防するツールの一つとして、全国の市区町村で活用いただきたいと思います。また、本リーフレットは母子手帳に挟める蛇腹式となっています。母子手帳と共に産前産後のママに寄り添えるツールとなってほしいと思っています。リーフレットは本学HPから無料ダウンロードできるようになっており、また、本リーフレットをベースに制作した動画も同時に本学HPで公開し、手軽に「産後うつ」について知っていただき、「産後うつ」になる可能性のあるママやパパへの予防啓発促進を行って参ります。

 

今回のリーフレットを作成するにあたり、産後うつに関する著書もあり、この問題に詳しい東京慈恵会医科大学非常勤講師で広尾レディース院長宗田聡先生他、現職の保健師・助産師の方々にもご助言いただきました。

 

 

 

 

◆リーフレット「ママから笑顔がきえるとき」のデザインについて

 

本リーフレットは、母子手帳に挟めるサイズの縦14cm×横9.7Cm(展開時:縦28cm×横58.2cm)で制作。紙は折り畳みを考慮し、破れにくい、裂けにくい”ストーンペーパー"を使用しています。

 

表面には産後うつ予防のための「知識編」「生活変化編」「心理編」「協力編」「調べる編」「見つける編」をイラストを使ってわかりやすく説明しています。

 

中面は、全面を使用し、産後におけるママの気持ちの変化と対処方法について、「産後うつ」疑いが低い気持ちの時から「産後うつ」疑いが高い気持ちまで遷移していく様子を危険度を赤色のグラデーションで表現しています。

 

妊娠中のママやその家族の方々が、出産後に、ママが「産後うつ」にかかるまでの気持ちがどのように変化していくかを理解していくことが「産後うつ」予防につながります。

 

 

 

 <デザイン>

 

ママから笑顔がきえるとき.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リーフレットをPDFでご覧頂になりたい方はこちらから

 

 

 

◆配布について

今後、全国の市区町村の保健センター等へのポスター(A2サイズ)やリーフレットの配布を予定していますが、個人・団体からのお電話等での直接申し込みも承っています。(無料配布)

本学は多くの方に「産後うつ」を知っていただき、産後うつの予防啓発となることを目標としています。

 

リーフレット・ポスターの送付申込はこちら

 

171122  poster mamakaraegaogakierutoki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<産後うつ予防啓発ポスター>

ポスターPDF→171122 poster mamakaraegaogakierutoki.pdf

 

 

本学の個人情報の取り扱いについて

 

<関連サイト>

健やか親子21

 

 

 

 

この件に関するお問い合わせ事務局  

文京学園総合企画室 03-3814-1661(代表)

 

 

2017年10月27日 『シルバー新報』下肢にストレスかかる歩き方解明

 

保健医療技術学部理学療法学科大川孝浩助手の研究が紹介されました。

2017/9/28

 

テレビ東京「リトルトーキョーライフ」

保健医療技術学部理学療法学科 樋口桂教授出演

カラダの不思議についての様々な質問を解説、説明しました。

 

9/16『日本経済新聞』掲載 水虫で歩き方に異変? 転倒しやすく 高齢者注意

 

 

 

9月16日『日本経済新聞』に、保健医療技術学部 藤谷克己教授の水虫の予防や研究についてのコメントが掲載されました。

9/12『宮古毎日新聞』掲載 高齢者の半数以上が白癬菌保有

 

 

 

9月12日『宮古毎日新聞』に、保健医療技術学部 藤谷克己教授の高齢者の水虫予防に関するコメントが掲載されました。

2017年9月1日 『母子健康』

 

インターネット相談室 監修者・回答者として、保健医療技術学部看護学科市川香織准教授が紹介されました。

2017/8/28~31 

 

NHK Eテレ「まいにちスクスク」

保健医療技術学部看護学科 市川香織准教授出演

「産後ケアサービスを利用しよう」をテーマに、ママたちを助けてくれる産後ケアサービスを解説しました。

 

2017年8月29日 『函館新聞』高齢者の半数以上 白癬菌保有

 

保健医療技術学部作業療法学科藤谷克己教授のセミナーの様子が紹介されました。

8/29『読売新聞』掲載

 

8/29『読売新聞』の「『産後ケア』母親の孤立防ぐ」の記事で、保健医療技術学部看護学科市川香織准教授のコメントが掲載されました。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11