大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|大学院紹介お知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8

下村弘治・大学院保健医療科学研究科教授(保健医療技術学部臨床検査学科長)が「第33回福見秀雄賞」を受賞しました。

 

これは、栄研化学株式会社(黒住忠夫取締役会長)の支援のもと、公益財団法人 黒住医学研究振興財団(中谷林太郎理事長)が、毎年「臨床検査ならびに衛生検査領域に半生を捧げ、技術の開発・向上に努力し、後進の指導・育成に貢献した方々」を表彰する歴史ある賞です。今年度は15名の推薦があり、2月21日の選考委員会・理事会における審議の結果、下村教授はじめ5名の受賞者が決定しました。

5月30日、東京會舘で行われた贈呈式に、同賞受賞者と、「第49回小島三郎記念技術賞」を受賞した5名(臨床検査ならびに衛生検査領域において、検査技術の普及・発展に功績のあった方々)が出席。同財団の河合忠副理事長より、個々に賞状・盾・目録が贈呈されました。下村教授は、和子夫人と共に栄えある式に臨みました。

下村教授は「福見秀雄賞」受賞者を代表して、「名誉ある賞をいただき、身に余る光栄と感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝。さらに、「臨床検査技術の発達の過程で、多くの方々と共に仕事をし、学べたことは大きな幸せです。現在は、臨床検査技師がチーム医療に参画する時代のため、さらに専門的知識と活躍が求められています。これからもさらなる臨床検査領域の発達を願い、後進の育成に努めていきます」と抱負を述べました。

 

2014年3月1日から2日に三重県鈴鹿市において第24回生物試料分析科学会年次学術集会が開催されました。一般演題が50演題発表された中から本学院生の橋本佳祐君が優秀発表賞を受賞致しました。演題タイトルは「蛋白存在下における微酸性電解水の短時間殺菌能(消毒効果)の検討」です。

2014年3月1日から2日に三重県鈴鹿市において第24回生物試料分析科学会年次学術集会が開催されました。一般演題が50演題発表された中から本学院生の橋本佳祐君が優秀発表賞を受賞致しました。演題タイトルは「蛋白存在下における微酸性電解水の短時間殺菌能(消毒効果)の検討」です。

20140313.jpg

 

大学院経営学研究科のⅢ期入試の出願期間等は下記の通りとなっております。

Ⅲ期入試スケジュール

試験日

会場

出願期間(消印有効)

合格発表日

2014年3月1日(土)

本郷

2014年2月12日(水)~2月19日(水)

窓口受付2月20日(木)

2014年3月7日(金)

 

詳細につきましては募集要項を参照してください。

http://info.bgu.ac.jp/examination/pdf/keieigakubu.pdf

目的:

高等学校新学習指導要領「外国語」に示された「授業は英語で行うことを基本とする」という新方針に対応した授業のためのスキルアップ。

 

概要:

(1) 今後の授業を進めていくうえで必要とする教授方法、理論の講義を含めた演習

(2) (1)を実践するための演習

 

対象:

中学・高等学校英語教員。セミナーは公開で、外部からの参加も大歓迎。

 

費用: ショートセミナーおよび情報交換会とも無料

 

開催日時・場所:

平成26年1月31日(金)17:30~19:00

文京学院大学 本郷キャンパス B-410教室

ショートセミナーに引き続き情報交換会を予定

 

内容:(  )は主たる担当者

              挨拶(櫻山外国語学研究科委員長)

              言語習得の観点から:英語での授業することの効用(大島)

              クラスルーム・イングリッシュ,Small Talkの活用(隅田:以下Activityも同様)

 

受講者が生徒役となり、講師が教師役として活動をリードし、英語での授業を実践する。Activity数および内容については検討し、設定時間に収まる内容とする。

              Interactive Activity 1

              Interactive Activity 2                     

              Interactive Activity 3     

(受講者が生徒役となり、講師が教師役として活動をリードし、英語での授業を実践する。Activity数および内容については検討し、設定時間に収まる内容とする。)               

              Q&A

              英語力向上のためのヒント(鵜浦)

              終了

 

お問い合わせ:社会教育グループ(担当:筒井)

電話:03-5684-4832

MAIL:h-bgs@bgu.ac.jp

 

DSC00855.JPG7月31日(水) ふじみ野キャンパスにて

人間学研究科「修士論文中間発表会」が開催されました。

 8月24日(土) 12:30-16:00 ふじみ野キャンパス オープンキャンパスで、人間学研究科 保育学コースの個別相談会を開催いたします。 大学院進学や科目等履修制度のこと等、あなたの疑問や不安にお答えします。お気軽にお越し下さい。


 

人間学研究科 保育学コース インフォメーション

 人間学研究科人間学専攻 保育学コースでは、修士課程の教育・研究と共に、現職者へのリカレント教育にも取り組んでいます。

   【科目等履修制度・領域別学習プラン】

child-2013-manabi02.jpg

 

 

 

人間学研究科 保育学コースは、子どもたちを取り巻く環境を十分に理解し、乳幼児・児童に関する諸問題の解決に貢献し得る幅広い、高い専門的職業人を養成しています。しかし、保育・教育の現場で実践していると、さらに勉強したくても大学院に通うことは難しいと考えるかも知れません。

そこで、大学院科目の中から勉強したい科目を選んで履修する「科目等履修制度を活用したプラン」を提案します。また、プランにこだわらず、1科目からの履修も可能です。興味のある科目から始めてませんか?

 

*************************************** 

なお、この科目等履修制度で修得した単位は、将来本コースに入学した際に単位認定されます。

■ 最新の保育学・教育学プラン 

最新の保育・教育の考え方にふれたい方に 

科目名:保育原論研究I・II / 保育運営研究 I・II / 教育学原論 / 乳幼児発達心理学研究

 ■ 保育実践発展プラン 

保育現場の諸問題を考えたい方に

目名:保育実践研究 / 保育実践特別演習 / 家庭保健研究 / 保育カウンセリング研究 / 保育運営実践研究 

 ■ 保育技術アドバンストプラン 

保育技術の理論的理解とブラッシュアップをしたい方に

 科目名:音楽表現研究 / 健康科学研究 / 造形表現研究 

 ■ 特別支援・臨床発達プラン 

「気になる子」や発達障害などについて学びたい方へ

 科目名:乳幼児発達研究 I・II / 特別支援教育研究 /保育臨床特別研究

 *さらに学習を進めて、臨床発達心理士の資格を目指すことも可能です

 ■ 人間学研究科人間学専攻 保育学コースの授業科目表はこちら 

  人間学研究科保育学コース授業科目表


■ 詳細は、お問い合わせください : 文京学院大学ふじみ野キャンパス 大学院教務グループ担当まで

■ 人間学研究科人間学専攻 保育学コース人間学研究科 保育学コース

■ 人間学部 児童発達学科 人間学部 児童発達学科


 

 


平成25年度より、大学院人間学研究科人間学専攻社会福祉学コースのつぎの授業は、

「認定社会福祉士」の認証研修として認定されています。

  1. ソーシャルワーク研究Ⅰ(担当:笹岡眞弓)
  2. ソーシャルワーク研究Ⅱ(担当:湯浅典人)
  3. 高齢者福祉特別研究(担当:鳥羽美香) 
  4. 児童福祉特別研究(担当:森 和子)    
  5. 福祉政策特別研究(担当:藪長千乃)   

社会福祉士を有し、所定の要件を満たす人は、本学の大学院の授業を履修することにより、「認定社会福祉士」取得に必要な研修を履修したことになります。

「認定社会福祉士・認証認定機構」ホームページはこちら→http://www.jacsw.or.jp/ninteikikou/

 

 

DSC00684.JPG≪修士論文 最終試験(口頭試問)≫

 

2月5日(火) 人間学研究科 人間学専攻 心理学専攻 2年生 20名の修士論文 最終試験(口頭試問)が、ふじみ野キャンパスにて行われました。

当日は、指導教員や1年生等が多数参加をし、熱心な審査が行われました。

 

DSC00626.JPG≪修士論文 研究計画発表会≫

 

2月4日(月) 人間学専攻 保育学コース、心理学専攻 心理学コース・臨床心理学コース、1年生16名による、修士論文研究計画発表会が、ふじみ野キャンパスにて実施されました。当日は、指導教員や、2年生、学部生などが参加をし、熱心な質疑応答が行われました。

 

 DSC00634.JPG

 

大学院の授業内容や修士論文についてのご質問、ご相談、教員との個別面談を予約制で受付けております。ご希望の方は大学院教務宛てメールをお待ちしております。

大学院教務メールアドレス: h-bgs@bgu.ac.jp

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8