大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|大学院紹介お知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8

人間学研究科 
人間学専攻(社会福祉学コース)
心理学専攻(心理学コース/臨床心理学コース) 

修士論文中間発表会開催

 

7月29日(水)人間学研究科 社会福祉学コース、心理学コース及び臨床心理学コース修士2年生による、修士論文中間発表会が3教室に分かれてふじみ野キャンパスにて開催されました。


コースによっては今後の勉強のため学部4年生も同席し、

教員からも活発な質問がなされるなど厳粛に進行され無事終了しました。

人間学研究科 夏の大学院説明会開催 

8月6日(土)・7日(日)・20日(土)

 

8月6日(土)・7日(日)・20日(土)に、人間学研究科では夏の大学院説明会を開催します。

今年度の募集要項も納品されましたので、当日ご参加の方へいち早くお渡しできます。

入試日程をこのタイミングでチェックできます。

人間学研究科には、保育学コース、社会福祉学コース、心理学コース、臨床心理学コースの4コースがあります。

修了生の修士論文題目なども閲覧が可能となっていますので、ぜひ参考に見てください。

 

当日は、学部のオープンキャンパス開催と言うこともあり、

ふじみ野キャンパスではいろいろなプログラムが用意されています。

 

★参加費       : 無料

 

★日時・会場      :8月6日(土)・7日(日)・20日 11:00~16:00 ふじみ野キャンパス

             駅前から出ている、スクールバスをご利用ください。

 

★申し込み方法        :下記お問い合わせE-Mail宛に送ってください。

  

★申し込み締め切り :当日参加でも問題ありません。

              事前申し込みをいただけたほうが、ご希望に添ったプログラムを提案させていただけますが、

              当日参加でも問題ありませんので、ご参加ください。

 

《お問い合わせ》

〒356-8533

埼玉県ふじみ野市亀久保1196

文京学院大学大学院 人間学研究科 教務グループ「大学院説明会」係

TEL:049-266-0253  FAX:049-264-1150

E-Mail : f-hum-kyoum@m.bgu.ac.jp

 

 

人間学研究科 人間学専攻 保育学コース 中間発表会開催

 

7月22日(水)人間学研究科 人間学専攻 保育学コースにおいて、修士課程2年による、

修士論文の中間発表会がふじみ野キャンパスにて開催されました。

当日は、指導教諭のほか、保育学コース教員、修士課程1年、修了生も同席し、

緊張した空気の中、活発な質疑応答も行われました。

 

 

27年度の大学院説明会は、9月12日(土)、12月19日(土)に開催決定しました。 

詳細(お申込み方法他)は後日UPいたします。

なお、授業の聴講、研究計画書についてのお問い合わせ、教員との個別面談は随時受付ております。

大学院教務 Mail:h-bgs@bgu.ac.jp   電話(直通)03-5684-4832

02月

13日

2015

大学院外国語学研究科ではⅢ期入試の出願を受け付けております。

Ⅲ期入試スケジュール

試験日

会場

出願期間(消印有効)

合格発表日

2015年2月28日(土)

本郷

2015年2月12日(木)~2月19日(木)

窓口受付2月20日(金)

2015年3月6日(金)

 

詳細につきましては募集要項を参照してください。

http://info.bgu.ac.jp/examination/pdf/gaikokugogakubu.pdf

平成26年度 人間学研究科 修士論文口頭試問(修士2年) 開催

 

2015年2月5日(木) 人間学研究科 修士論文口頭試問(修士2年)が、

ふじみ野キャンパスにて開催されました。

当日は、雪が降る寒い日となりましたが、修士1年や修了生も会場に集まり、

緊張の中大学院2年を締めくくる、修士論文口頭試問が行われました。

平成26年度 人間学研究科 

修士論文研究計画発表会 開催(修士1年)

 

2015年2月4日(水) 修士1年生による、

修士論文研究計画発表会がふじみ野キャンパスにて開催されました。

当日は、修士2年生や修了生も参加をし、熱心な質疑応答が行われました。

 

 

2014年10月24日から25日に横浜市において第65回日本電気泳動学会総会が開催されました。本会にて本学院 学生の御園生圭太さんは優秀ポスター賞を受賞致しました。

演題タイトルは「対角線電気泳動法を用いた健常人尿中Tamm Horsfall protein 解析」です。

si20141220.jpgsi201412202.jpg

経営学研究科では下記の通り特別講演会を実施いたします。

 

日  時: 12月20日(土) 16:00-17:30

場  所: 文京学院大学本郷キャンパス S-504教室

講  師: 税理士中村慈美氏 中村慈美税理士事務所所長

               ※平成27年度より本学経営学研究科教授に就任予定

講演題目: 事業再生の税務処理の基本

次  第: 開会のご挨拶  

        中村氏のご紹介 内野正昭教授

        講演      中村慈美氏

        質疑応答    会場参加者等

        閉会

申込方法: メール又はFAX

申  込  先: 社会教育グループ大学院教務宛

申込方法: 氏名、連絡先、所属先を明記のうえ、「特別講演会申込」として

下記までお申込みください。

Email  : h-bgs@bgu.ac.jp

FAX    :  03-5684-4834

参加費  :   無料

 

 中村慈美氏は、国税庁での豊富な課税実務を経験された後、税理士として独立され、現在、中村慈美税理士事務所所長として活躍されております。

 業務内容は多岐にわたっておられますが、とりわけ合併、事業譲渡、会社分割を初めとする組織再編(M&A)に関する税務および会社の清算、会社更生法、民事再生法等の手続きにおける不良債権処理、事業再生に関する税務の領域については造詣が深く、一般の法人のみならず、弁護士・公認会計士・税理士等の専門家に対しても相談業務を行うほか、幅広く講演や執筆を手掛けられております。

 今回の特別講演会においても、法人課税の領域における興味深い内容の講演が行われ、税理士等の実務家、税理士を目指す学生等、それぞれの立場で大変参考になると思います。

 中村氏のプロフィールおよび最近の著書については、以下のとおりです。

 

<中村慈美氏のプロフィール> (中村慈美税理士事務所HPより転載)

昭和30年10月生まれ

昭和54年3月  中央大学商学部経営学科卒業

平成10年7月  国税庁を退官 平成10年8月税理士登録

平成12年4月  西村総合法律事務所(現:西村あさひ法律事務所)顧問

平成14年3月  事業再生研究機構 理事

平成15年4月  事業再生実務家協会 常務理事

平成17年3月  公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団監事

    4月 中央大学専門職大学院特任教授(平成20年3月退任)

平成18年1月  経済産業省 産業構造審議会臨時委員(平成19年1月退任)

平成20年5月  全国事業再生税理士ネットワーク 代表幹事

平成22年4月  中央大学大学院戦略経営研究科 一橋大学法科大学院 講師

         公益社団法人日本租税研究協会 法人税研究会(通達等検討分科会)専門家委員

平成23年10月 一般社団法人個人版私的整理ガイドライン運営委員会 運営協議会委員

平成24年7月  整理回収機構 企業再生検討委員会委員

    11月 一般社団法人全国サービサー協会 コンプライアンス委員会兼苦情処理委員会委員

平成25年1月  中小企業庁・金融庁共催 中小企業における個人保証等の在り方研究会委員

     6月  公益財団法人日本税務研究センター 共同研究会(企業支援税制)研究員

     8月  日本商工会議所・一般社団法人全国銀行協会共催 経営者保証に関するガイドライン研究会委員

 

<中村慈美氏の最近の著書> (中村慈美税理士事務所HPより一部を転載)

単著『図解グループ法人課税 平成26年版』大蔵財務協会、平成26年7月14日発行

監修『金融監督指針対応コンサル事業強化 事業再生に強くなる講座3』きんざい、平成26年5月発行

共著『平成26年度税制改正早わかり』大蔵財務協会、平成26年3月31日発行

全国事業再生税理士ネットワーク編 共著『認定支援機関・事業再生専門家のための事業再生税務必携』大蔵財務協会、平成26年3月17日発行

単著『図解組織再編税制』大蔵財務協会、平成26年1月15日発行

10月

11日

2014

本郷キャンパス大学院生各位

 

10月13日(月)授業実施日、14日(火)にかけて関東地方にも台風接近による影響が予想されます。この場合の休講措置については1~6限につきましては学部に準じますが、7・8限については午後4時の時点で「特別警報」「大雨警報」「洪水警報」「暴風警報」が発令されているときは、休講といたします。(下記のとおり)

 

1.午前7時の時点で、東京地方(23区東部・23区西部・多摩北部)に「特別警報」「大雨警報」「暴風警報」が発令されているときときは、1,2時限を」休講とする。

 

2.午前9時の時点で、前項の警報が解除されないときは、全授業を休講とする。ただし、大学院(経営・外国語・保健医療科学)の7,8時限の授業については、午後4時の時点で警報が発令されているときは、休講とする。

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8