大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|大学院紹介お知らせ|すべてのトピックス一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのトピックス一覧

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9

『朝日新聞デジタル』の社会人のための大学院・専門職大学院特集の「社会人インタビュー」のコーナーVol.47で、大学院外国語学研究科の院生東本裕子さんのインタビュー記事が掲載されました。

【朝日新聞デジタル ライフ「社会人のための大学院・専門職大学院特集 社会人インタビュー!Vol.47」】

 

朝日新聞デジタルのトップページ

asahidigitallogo120x50.png

12月17日(土)経営学研究科「大学院説明会」参加者申込受付中!
 
<大学院説明会の開催にあたって>
今年度も、文京学院大学大学院経営学研究科では、大学院説明会・相談会を開催します。
 
本研究科では、従来から入学希望者の皆様に対して、大学院の教育や研究内容等をより詳細に理解していただくために、教員との個別面談や実際の授業への体験聴講を行ってまいりました。
 
しかし、最近では入学希望者の人数が増大するにつれ、共通する質問事項なども多くなるとともに、面談や聴講を一度に受けたいとの要望も出されるようになりました。
 
そこで、本研究科の教育方針や教育内容等に関する理解を深めていただくための情報を提供するとともに、皆様方がお持ちになる疑問点を解消していただくために、入学希望者向けの大学院説明会・相談会を開催いたします。
 
本研究科には、現在、ビジネス・マネジメントコース、コンテンツ・マネジメントコース、および税務マネジメントコースの3つのコースが設置されており、説明会・相談会当日は、コースごとに説明会・相談会が開催されます。
 
なお、説明会や相談会を開催しても、従来から実施してきました個別面談や体験聴講を取りやめることはありません。今後も継続して個別面談や授業への体験聴講には応じてまいりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
 
大学院説明会・相談会を十分に活用して大学院進学のための検討にお役立てください。
 
文京学院大学 大学院経営学研究科
研究科委員長 金井繁雅
 
 
 
 
 
 
<大学院説明会の概要>
    ビジネス・マネジネントコース
  コンテンツ・マネジメントコース
  税務マネジメントコース
 
●参 加 費  無料
 
●日時・会場  2016年12月17日(土)10:30~・文京学院大学本郷キャンパス
 
        ビジネス・マネジネントコースおよびコンテンツ・マネジメントコースの実施日はお申込みの際に
                        ご連絡いたします。
 
●申込方法  開催会場の設定および当日配布資料印刷の関係上、事前申込制とさせていただきます。
         
 下記「WEB申込みフォーム」よりインターネットでお申込みいただくか、「参加申込書(FAX用)」を印刷し
   FAX送信にてお申込みください。
 
 
 
<税務マネジメントコースの説明会をご希望の方>
税務マネジメントコース希望の方は、別途説明会プログラムと担当教員からのメッセージがあります。ご一読ください。
 
 
<大学院説明会お申込み>
下記のWEB申込フォームもしくは参加申込書(FAX用)をクリックしてお申し込み下さい。
●申込締切日   2016年12月16日(金)
 
  WEB申込フォーム
 
 
<お問合先> 〒113-8668 東京都文京区向丘1-19-1
文京学院大学 大学院教務「大学院説明会」
TEL:03-5684-4832 FAX:03-5684-4834
E-Mail:h-bgs@bgu.ac.jp
 

第11回 日本臨床検査学教育学会学術大会(8月31日~9月2日、兵庫県神戸市)において、本学大学院保健医療科学研究科の古谷信彦研究室に所属する鈴木周朔さん(微生物研究室)が「優秀発表賞」を受賞しました。

 

受賞演題 「in vitro でのマクロライド系薬剤長期暴露による緑膿菌への経時的影響」

重症化する緑膿菌呼吸器感染症の治療法「マクロライド系薬剤少量長期療法」の効果を解明するため、緑膿菌を長期間薬剤に暴露し、病原性の変化について検討を行いました。緑膿菌の運動能に抑制が確認されたことから、病原性低下の可能性を示唆する研究発表を行いました。

  人間学研究科 心理学専攻 臨床心理学コースは、平成27年度臨床心理士資格認定協会の第1種養成大学院実地視察を受けました。その結果、審査で総合評価「A」を取得しました。

 

 評価されたこととして、専任教員における専門領域のバランスが取れていることに加え、特に、次の4点が挙げられています。

 

(1)講義面でも実習面でも多様な学修が可能となっている。

(2)学内実習施設である臨床心理相談センターには、専任教員に加え、常勤のカウンセラーが勤務し、並行面接や事前事後指導を通し、細やかなケース対応、スーパーヴィジョンの受け方、カンファレンスへの参加の仕方などを学ぶ事ができている。

(3)修士課程修了後の卒後教育としての研修生制度があり、臨床心理士を育てていく上で非常に優れたシステムである。

(4)シラバスに記載された授業以外にも、学外の講師によるグループスーパーヴィジョンや講義を複数開講しており、安定した個人スーパーヴィジョンシステムもあり、大学院生が様々な考えに触れながら臨床観を育んでいくことが可能となっている。

 

 本学としては、この評価に甘んじることなく、多様なニーズに沿った教育が可能となるよう、さらなる努力を積み重ねて参ります。

文京学院大学大学院保健医療科学研究科の古谷信彦研究室に所属する大学院生の大谷彩恵さん、鈴木光一さんは、6 月16 日(木)~20 日(月)、米国・ボストンで行われる微生物学と抗菌薬および化学療法に関する国際学会「asm microbe 2016(asm 2016 / ICAAC 2016)」のスライドセッションにおいて演題が採択され、学会での発表が決定しました。
 
古谷研究室では、微生物学や感染学を専門分野とする古谷信彦教授のもと、9 名の学生が研究に取り組んでいます。

文京学院大学大学院保健医療科学研究科に所属する大学院生の小林弘幸さんは、5 月18 日(水)から20 日(金)に韓国・済州で行われた国際肩肘関節学会・セラピスト学会にて、「最優秀ポスター賞」を受賞しました。
 
今回の学会では小林さんは、心臓・血管および各種平滑筋の生理・薬理学を専門とする石田行知教授を共同演者として、「肩関節屈曲動作の肩甲骨の左右特性」と題し、胸郭には非対称性がパターン化されており、肩甲骨も胸郭に依存した運動が生じることを報告しました。

《7月27日(水) 修士論文中間発表会が行なわれました》

 

ふじみ野キャンパスにて、人間学研究科 人間学専攻、心理学専攻 修士2年生による、

修士論文中間発表会が行なわれました。

学部生や修士1年生も参加をする中、厳粛に進められました。

 

 

《修士論文 研究計画発表会》

 

2月4日(木)、人間学研究科 人間学専攻、心理学専攻

修士1年生による、修士論文研究計画発表会が

ふじみ野キャンパスにて実施されました。

当日は、修士2年生や学部生も参加をし、活気ある発表会となりました。

平成27年9月4日~5日に、東京工科大学で開催された、第66回日本電気泳動学会総会にて、保健医療科学研究科の増川陽大さんが優秀ポスター賞を受賞しました。優秀ポスター賞は、全22演題の中から、理事・評議員の投票によって3名が選出されました。

 

受賞演題『多発性骨髄腫の病態解明のためのエクソソーム糖鎖解析』

多発性骨髄腫 (Multiple myeloma:MM) は、形質細胞が腫瘍性に増加し、単クローン性の免疫グロブリンであるMタンパクを産生するほか、腫瘤形成や骨融解などの全身症状を引き起こします。MM細胞から分泌されるエクソソームと呼ばれる小胞の表面には、MM細胞に由来する糖鎖が発現しており、MMで引き起こされる全身症状や合併症を誘発する可能性が考えられています。本研究では、MM細胞由来エクソソームに発現する糖鎖構造に着目し、付加糖鎖を同定し、また、糖鎖の有無による作用変化について検討しました。今後、糖鎖構造の変化がMM病態の進行の指標となることが期待されます。

<前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9