大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|研究科紹介税務マネジメントコース在学生の声

『資格取得と論文執筆との両立が可能なカリキュラム』        M・Y

 

私は、現在、専門学校で税理士試験の勉強をしながら、大学院へ通っています。私が、文京学院大学大学院を選んだ決め手は、カリキュラムにあります。文京のカリキュラムでは、一年次は、金曜夜と土曜一日、二年次は、隔週土曜のみです。それでいて、講義内容は、非常に質が高く、税法の知識はもとより、税理士になるうえで必要なスキルも学べます。そのため、講義の時には頭をフル回転させることになりますが、それ以外の時間は、税理士試験の勉強に使えます。

私は、一日も早く税理士になり、社会貢献したいと考えています。そんな私には、この文京学院大学大学院は、最適でした。

 

『文京学院の魅力』   A・K

 

私が文京学院大学大学院を選んだ理由は、充実したカリキュラムに魅力を感じたからです。授業では、税法に関する知識は勿論のこと、問題解決能力や論理的思考など、税理士として必要とされる能力を身に付けることができると思います。

私は、大学卒業後すぐに大学院に進学したため、実務経験もなく、知識も乏しい状況で不安もありましたが、先生方の熱心なご指導や、同じ志を持つ周囲の人から良い刺激を受け、税理士という目標に向かい、日々勉学に励んでいます。

 

『大学院生になってみて』               N・N

 

私は、3回目の税理士試験を終えた後、今後のことを考え始めました。できるだけ早く税理士になる方法を考えたとき、大学院という選択肢があることを知りました。

私が文京学院大学院を選んだ理由の1つ目は、税法科目のみで卒業に必要な単位が取れること、そして2つ目の理由は、将来に役立つ論理的思考を学ぶことが出来るということです。

また、入学してみて特に良かったと感じたことは、様々なキャリアを持った多くの人たちと交流ができる点です。ゼミの仲間や先輩たちなど、職場とは全く違う人間関係を築けることは大きな魅力と言えます。

最初は講義についていくことも大変でしたが、個人のレベルに合わせて指導してくださる教授たちのおかげで、無事に単位を取ることが出来ました。私は、文京学院大学大学院に入学して本当に良かったと思っています。

 

『アットホームな雰囲気』                     M・K

 

大学院への入学を考えた時、一番不安だったのは、会計事務所の仕事と両立できるのだろうか?ということでした。説明会で卒業生の方が、1年目の授業は金・土の週2日、2年目は隔週の土曜日だけなので大丈夫というのを聞いて、それなら何とかなるかも、と決断しました。

税理士科目免除のためには修士論文を書かなければいけませんが、修士論文が8単位、それ以外にも24単位の取得が必要です。文京学院の場合は、取得単位すべて税法科目です。消費税、所得税、法人税、相続税、国際課税。条文や判例に基づいて学ぶ税法は実務で役に立つものばかりです。

また、論文に関しても教授が生徒一人一人に懇切丁寧に指導をして下さいます。懇親会も多く、2年生や他のゼミ生との交流を通して情報交換がたくさんできます。和気藹々とした雰囲気はどうやらこの大学院の伝統のようですが、今は毎週末が楽しみでなりません。

 

『ある社会人大学院生の一日』               Y・S

 

午前7時、目覚まし時計の音と妻の「行ってきます」の声で目を覚ます。今日は午前10時に麻布十番のクラインアントに直行だ。午後は1時30分に千歳烏山のクライアントに移動し、夜は6時40分から大学院の授業だ。今日は私が発表する順番なので少し早めに院生控室に入りたい。

午前9時に家を出る。移動中はもっぱらメール処理と翌週のミニテストと論文のネタ探しだ。9月から始まった国税徴収法の授業は楽しいが、毎週あるテストは大変だ。移動中、午前中のクライアントは、決算後の初回打合せなのでどんな質問があるのかと考えていた。

そう言えば、大学院入学前は、社長の言葉をそのまま受け取って返答していたが、大学院入学後は毎週金曜日の租税法の授業で「社長を観察するように」との指導を受けているので、その実践を心掛けている。何でも先生曰く「明日の仕事に即役立つ技術」だそうだ。だとしたら一石二鳥だけど、そんなに簡単に身に付くのかなと思っていたその技術は、金曜日の授業と論文作成を通じて徐々に身に付きつつある。例えば、今日は決算後の初回打合せなので社長は○○という質問をしてくるはずだ、だが本心では××というところまで聞いてみたいはずなので、さらにそこを飛び越えて△△みたいな回答をしたら社長はどう反応するだろうか、などと考えることが習慣になってきた。はっきり言ってこの「観察する」技術は一生モノだと思う。この大学院以外で意識して「観察する」技術を習得させてくれる大学院はないだろう。官報合格を目指す人からすれば、大学院に入るなんて、片道切符の島流し、みたいに思われるかもしれないが、ここの大学院だけは違うと断言できる。

午前9時50分、都営大江戸線麻布十番駅の改札を出てクライアントに到着する。駅から徒歩1分の好立地なので移動に便利だ。「ピンポーン、おはようございます・・」今日も忙しい一日が始まる。

 

『大学院で学べること』               T・O

 

私が文京学院大学大学院に入学して良かったことは、授業やゼミを通じて様々なことを吸収できるチャンスが与えられていることです。

税法の知識や修士論文の書き方だけでなく、実生活や会社において次の日から使えるような論理的思考を学ぶことができます。いろんな経歴をお持ちの先生方がおられ、本には載っていないような実務テクニックや裏話を教えていただくこともあります。また、1年次から自分が勉強した事について授業やゼミで発表する機会があるなど大勢の人前で話すことについてのいい勉強になります。

税理士を目指される方にとって文京学院大学大学院での二年間は自分を磨ける魅力的な学校だと思います。

 

『文京学院大学大学院に入学して』          K・S

 

私は税理士事務所に勤務していますが、大学院受験を考えたときに、仕事と両立することができるだろうかという不安がありました。しかし、入学前に先生や卒業生の方からお話を聞いて、2年間がんばってみたいという気持ちになりました。実際に通ってみると、仕事との両立は決して楽ではありませんが、毎回講義に出席して、課題もこなせています。

大学院では、実務とは違った視点で考えることも多く、毎回新たな発見があって新鮮です。仕事との両立を考えている方にも是非おすすめです。