大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|研究科紹介看護学研究科|委員長ごあいさつ


看護学研究科

 

graduate-college_greeting.gif

yokota.jpg

看護学研究科委員長
横田 素美

あらゆる生活や価値観への深い理解と敬意を基盤に、教育的な支援が展開できる看護専門職を目指しましょう。


 少子高齢化が進む日本では、健全な次世代の育成や、現役世代から始める健康づくり、介護を必要とする人の生活の質の向上など、健康教育の重要性が高まっています。一方、医療の現場では、入院日数が短縮化し疾病構造が複雑化する中で、短期間で個々の状況を判断し、患者やその家族に適切な助言ができる看護職者が必要とされています。特に「がん看護」「終末期看護」「在宅看護」においては、対象者が自分らしい療養生活のあり方を実現できるよう支援していける看護の実践力が求められています。また、多職種連携が進展する中、患者と家族のよりよい意思決定を支え、多様な医療専門職に対し意思を伝える力を育成することも、今後ますます看護師に期待される役割になります。

 このような背景のもと、文京学院大学大学院看護学研究科(修士課程)では、人々が自らの健康生活や療養生活を望ましい方向に進めていけるよう、教育的な支援ができる高度な看護の実践家を育成することに主眼を置いています。看護職者は、あらゆる健康レベルやライフサイクルにおいて、健康課題を抱える人々へのヘルスプロモーションを展開しなければなりません。そのためには知識や技術に留まらず、人々の健康生活や療養生活に対する深い理解や、様々な価値観への敬意と尊重の念が欠かせません。本研究科では、そうした基盤を築くため、「自立と共生」の理念のもと、人間の尊厳を守る高い倫理観をもって思考し、行動できる看護実践専門職業人の養成に取り組んでいきたいと考えています。