大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|研究科紹介すべてのお知らせ一覧

お知らせ

文京学院/EVENT RSS

すべてのお知らせ一覧

<前へ4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

08月

23日

2014

8月23日(土)に経営学研究科の入学説明会を実施いたしました。当日は本学経営学研究科への入学を検討されている方々が熱心に教員の説明に耳を傾けていました。次回は12月に実施の予定です。なお、今回参加されなかった方で担当教員との面談を希望される方は随時受付しておりますので、下記迄ご連絡いただけますようお願いいたします。

 

(写真は経営学研究科税務マネジメントコースの説明会の様子)

 

(連絡先)

社会教育グループ

MAIL  h-bgs@bgu.ac.jp

TEL  03-5684-4832

FAX  03-5684-4834

 

経営学研究科では下記の通り特別講演会を実施いたします。

 

日時:8月22日(金) 19:00-20:30(予定)

 

場所:文京学院大学本郷キャンパス S-504教室

 

講師: 安東泰志氏 ニューホライズンキャピタル代表取締役会長兼社長

 

講演題目:事業再生ファンドが成長戦略に果たす役割について

 

申込方法:メール又はFAX(定員になり次第締め切りますので、ご了承ください)

申込先:社会教育グループ大学院教務宛

         *ご氏名、連絡先、所属先を明記のうえ、下記までお申込みください。

           (MAIL:h-bgs@bgu.ac.jp FAX:03-5684-4834)

※参加費は無料

 安東泰志氏は、独立系のプライベート・エクイティファンドであるニュー・ホライズンキャピタルを創設され、現在、様々な企業の事業再生に深く関わっておられました。近著「V字回復を実現するハゲタカファンドの事業再生」は、独立系の事業再生ファンドの果たす役割をコンパクトにまとめられており、大きな反響を呼んでいます。

 

この講演では、独立系の事業再生ファンドが果たす役割を中心に、コーポレート・ガバナンスや年金改革などの問題にも、自由にコメントをしていただきます。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「三本の矢」が内容を伴ったものとなり日本経済が成長軌道にのるためには、様々な分野でこれまでの枠組みには入りきらない思い切った規制緩和が必要と考えられます。文京学院大学経営学研究科では、これまでの専門領域毎の学びを越えて、横断的な学びを目指して様々な試みを展開中であり、このような動きをフォローしたいと考えています。

人間学研究科 平成26年度 修士論文中間発表会

2014年7月30日(水)、人間学研究科 2年生による

平成26年度 修士論文中間発表会が、

ふじみ野キャンパスにて開催されました。

当日は、指導教員や1年生、学部生などが多数参加をし、

熱心な質疑応答が行われました。

 

 

 

ホームページに、平成27年度学生募集要項がアップされましたので、ぜひご確認ください。

学生募集要項はこちら

人間学研究科 夏のオープンキャンパス(個別相談会)を開催!

8月2日(土)10:00~16:00

 

8月2日(土)ふじみ野キャンパスにて、人間学研究科のオープンキャンパス(個別相談会)を開催します。

大学院進学や科目等履修生制度など、あなたの疑問や不安にお答えします。

〈事前予約不要・入退室自由〉 10:00-16:00

当日は、教員や院生が個別相談ブースにて対応をさせていただきます。

授業のこと、進路のことなど直接質問することができます。

また、修了生の修士論文閲覧や、過去問題の閲覧なども可能となっています。

是非ご参加ください。(事前にご予約をいただければ、キャンパス内をご案内いたします。)

 

 

人間の発達に関わる4つのコースを設置

人間学研究科 2専攻 4コース

人間学専攻 保育学コース 社会福祉学コース

心理学専攻 心理学コース 臨床心理学コース

平日昼間開講/男女共学

Ⅰ期試験:平成26年10月4日

Ⅱ期試験:平成27年2月14日

社会人入試あり

 

 

《お問い合わせ》

〒356-8533

埼玉県ふじみ野市亀久保1196

文京学院大学大学院 人間学研究科 大学院教務グループ

TEL:049-266-0253

 

 

下村弘治・大学院保健医療科学研究科教授(保健医療技術学部臨床検査学科長)が「第33回福見秀雄賞」を受賞しました。

 

これは、栄研化学株式会社(黒住忠夫取締役会長)の支援のもと、公益財団法人 黒住医学研究振興財団(中谷林太郎理事長)が、毎年「臨床検査ならびに衛生検査領域に半生を捧げ、技術の開発・向上に努力し、後進の指導・育成に貢献した方々」を表彰する歴史ある賞です。今年度は15名の推薦があり、2月21日の選考委員会・理事会における審議の結果、下村教授はじめ5名の受賞者が決定しました。

5月30日、東京會舘で行われた贈呈式に、同賞受賞者と、「第49回小島三郎記念技術賞」を受賞した5名(臨床検査ならびに衛生検査領域において、検査技術の普及・発展に功績のあった方々)が出席。同財団の河合忠副理事長より、個々に賞状・盾・目録が贈呈されました。下村教授は、和子夫人と共に栄えある式に臨みました。

下村教授は「福見秀雄賞」受賞者を代表して、「名誉ある賞をいただき、身に余る光栄と感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝。さらに、「臨床検査技術の発達の過程で、多くの方々と共に仕事をし、学べたことは大きな幸せです。現在は、臨床検査技師がチーム医療に参画する時代のため、さらに専門的知識と活躍が求められています。これからもさらなる臨床検査領域の発達を願い、後進の育成に努めていきます」と抱負を述べました。

 

2014年3月1日から2日に三重県鈴鹿市において第24回生物試料分析科学会年次学術集会が開催されました。一般演題が50演題発表された中から本学院生の橋本佳祐君が優秀発表賞を受賞致しました。演題タイトルは「蛋白存在下における微酸性電解水の短時間殺菌能(消毒効果)の検討」です。

2014年3月1日から2日に三重県鈴鹿市において第24回生物試料分析科学会年次学術集会が開催されました。一般演題が50演題発表された中から本学院生の橋本佳祐君が優秀発表賞を受賞致しました。演題タイトルは「蛋白存在下における微酸性電解水の短時間殺菌能(消毒効果)の検討」です。

20140313.jpg

 

DSC01008.JPGのサムネール画像

2月4日(火)ふじみ野キャンパスにて

人間学研究科研究科1年生による「修士論文 計画発表会」が開催されました。  

DSC01049.JPGのサムネール画像2月5日(水)ふじみ野キャンパスにて

人間学研究科研究科2年生による「修士論文 口頭試問(最終試験)」が開催されました。  

 

大学院経営学研究科のⅢ期入試の出願期間等は下記の通りとなっております。

Ⅲ期入試スケジュール

試験日

会場

出願期間(消印有効)

合格発表日

2014年3月1日(土)

本郷

2014年2月12日(水)~2月19日(水)

窓口受付2月20日(木)

2014年3月7日(金)

 

詳細につきましては募集要項を参照してください。

http://info.bgu.ac.jp/examination/pdf/keieigakubu.pdf

目的:

高等学校新学習指導要領「外国語」に示された「授業は英語で行うことを基本とする」という新方針に対応した授業のためのスキルアップ。

 

概要:

(1) 今後の授業を進めていくうえで必要とする教授方法、理論の講義を含めた演習

(2) (1)を実践するための演習

 

対象:

中学・高等学校英語教員。セミナーは公開で、外部からの参加も大歓迎。

 

費用: ショートセミナーおよび情報交換会とも無料

 

開催日時・場所:

平成26年1月31日(金)17:30~19:00

文京学院大学 本郷キャンパス B-410教室

ショートセミナーに引き続き情報交換会を予定

 

内容:(  )は主たる担当者

              挨拶(櫻山外国語学研究科委員長)

              言語習得の観点から:英語での授業することの効用(大島)

              クラスルーム・イングリッシュ,Small Talkの活用(隅田:以下Activityも同様)

 

受講者が生徒役となり、講師が教師役として活動をリードし、英語での授業を実践する。Activity数および内容については検討し、設定時間に収まる内容とする。

              Interactive Activity 1

              Interactive Activity 2                     

              Interactive Activity 3     

(受講者が生徒役となり、講師が教師役として活動をリードし、英語での授業を実践する。Activity数および内容については検討し、設定時間に収まる内容とする。)               

              Q&A

              英語力向上のためのヒント(鵜浦)

              終了

 

お問い合わせ:社会教育グループ(担当:筒井)

電話:03-5684-4832

MAIL:h-bgs@bgu.ac.jp

 

<前へ4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14