文京学院大学大学院 人間学研究科要覧2021
76/120

  2 修士論文の審査は、指導教員を含め研究科委員会で選定する3名以上の教員(原則として、主査1名、副査2名)が行うものとする。但し、必要があるときは、他の大学院所属の教員等の意見を聞くことができる。  3 修士論文の執筆は、別に定める人間学研究科「修士論文執筆要領」によるものとする。  4 修士論文審査依頼の様式は、別表様式4「修士論文審査依頼書」によるものとする。  5 最終試験は、修士論文を中心として、これに関連ある領域について、口述により行うものとする。  6 修士課程在籍期間1年で修了を認められた者は、学則で定めた特別研究指導費を納入しなければならない。(課題研究の提出、審査および最終試験について)第19条 課題研究の提出、審査および最終試験については、前条に準ずるものとする。(成績発表)第20条 成績発表は、本人にのみ実施する。学生は、指定された日時に、成績通知表を受領するものとする。(成績証明書の発行)第21条 単位を修得した学生には、所定の様式により、成績証明書を発行する。(庶 務)第22条 履修等の諸事務については、人間学研究科教務グループが行う。(改 正)第23条 本規程の改正は、研究科委員会及び大学運営会議の議を経て理事会が決定するものとする。 附 則1 この規程は、平成24年4月1日から施行する。2 この規程は、平成26年4月1日から施行する。3 この規程は、平成27年4月1日から施行する。4 この規程は、平成28年4月1日から施行する。5 この規程は、平成29年4月1日から施行する。6 この規程は、平成30年4月1日から施行する。7 この規程は、平成31年4月1日から施行する。8 この規程は、令和2年4月1日から施行する。68

元のページ  ../index.html#76

このブックを見る