大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|研究科紹介保健医療科学研究科|3つのポリシー

保健医療科学研究科

graduate-college_policy.gif

アドミッション・ポリシー


保健医療科学研究科では、保健医療分野における高度な専門職業人ならびに研究者の養成を目的としています。理学療法士・作業療法士・臨床検査技師などの有資格者に対して、先端医療科学の専門知識と、高度な専門的技術を教授するとともに、保健医療分野を科学的にとらえて、学術的・理論的に研究しようとするものです。

具体的には、チーム医療に貢献できる医療技術の管理職・リーダー職の養成および保健医療分野の研究者の養成を行っていきます。従って、医療現場や福祉現場などで活躍されている、理学療法士・作業療法士・臨床検査技師の免許取得者の方が、本研究科の入学対象となります。

大学新卒者(ストレートマスター)の場合は、原則これらの国家試験に合格することを入学の条件としています。

また、関連分野として薬剤師・臨床工学技士・スポーツトレーナーなどの有資格者で、保健医療科学の研究に興味を持つ方も受け入れていきます。



ディプロマ・ポリシー


本研究科修了の要件は、「チーム医療に貢献できる医療技術の管理職・リーダー職の候補者」および「医療技術研究者の候補者」となる能力を習得することです。本学の「理論と実務の両面からの教育」という方針と、教員の「きめ細かい指導」の実践のもとに、修了生が以下の知識や能力を獲得することをディプロマ・ポリシーとしています。

(1)保健医療分野における質の高い、高度な専門知識

(2)「理学療法士」・「作業療法士」・「臨床検査技師」・「スポーツトレーナー」等として問題を早期に発見し、解決する能力

(3)災害、パンデミック等の緊急時およびその後の経過時に必要となる病気の予防・診断、あるいは身体的および精神的コンディショニング等に適切かつ柔軟に対処できる能力

(4)将来、医療各専門分野における研究者として活躍するための基盤となる知識および責任をもって研究を推進する技能・態度


カリキュラム・ポリシー


本研究科では、保健医療分野における高度専門職、特に理学療法士・作業療法士・臨床検査技師に求められる高度な実践能力の育成を中心にして教育課程を構成しています。

また、将来研究者への進路を希望する学生に対しては、実学的な教育のみではなく、科学的根拠に基づいて行う研究の手法および必要な知識と高度な技術を教授することも念頭に入れています。

ここでのカリキュラムは、理論と実践を融合した極めて具体的な研究を行え、理学療法士・作業療法士・臨床検査技師に求められる、倫理的・専門的判断・指導力を発揮するために、病院を含む地域社会に関する幅広い視野に立つ調整能力と研究能力などを育成するための教育課程となっています。




修士課程修了までの流れ

修士課程修了までの流れ 保健医療科学研究科 大学院.gif