大学院|大学院

時代のニーズに対応した

高度専門職業人養成と研究者の育成

文京学院大学トップページ大学院|研究科紹介外国語学研究科|3つのポリシー

外国語学研究科

graduate-college_policy.gif

アドミッション・ポリシー


外国語学研究科は、高度の英語力および専攻分野に関する専門知識をあわせもち、それを基礎に新たな知を創造し、その知から新たな価値を生み出してグローバルに活躍できる人材の育成を目的として、幅広い分野の研究科目によってカリキュラムが編成されています。具体的には、以下の人材育成を念頭に置いています。


① 国際関係機関や国際協力団体、さらには国際的な活動を行っている企業など、様々な場所で活躍できる実践的な英語力とコミュニケーションについての理解、国際的な教養を有する人材。

② 英米の政治や文化の動きについて情報を収集し、仕事に活用するのに必要な実践的英語力と国際的教養を有する人材。

③ 英語教育の現場でICT等を活用した高度かつ効果的な英語学習モデルを構築できる英語力や英語教育力、および英語という言語についての理解、さらに国際的な教養を有する人材。


したがって、本研究科の入学者としては、実際に国際関係機関・協力団体・企業の現場で活躍しておられる方、英語教育の現場で活躍しておられる教員の方、あるいは英語圏の政治や文化について高い関心を有しておられる方を想定しています。

大学新卒者(ストレートマスター)の場合には、上記①、②あるいは③の人材を目標としている方々を想定しています。



ディプロマ・ポリシー


外国語学研究科は、高度の英語力および専攻分野に関する専門知識をあわせもち、それを基礎に新たな知を創造し、その知から新たな価値を生み出してグローバルに活躍できる人材を育成するため、次のような到達目標を掲げます。


① 英語で専門的な知識や情報を得て、英語で自らの考えを発信することができる。

② 修士論文の作成又は課題研究の遂行のための先行研究及び参考文献・資料の収集、データベースの作成、各資料の検証および論述、さらに研究成果のプレゼンテーションができる。

③ <国際協力>、<国際ビジネスコミュ二ケーション>、<英米文化理解>、<英語教育・英語学>の四つのカテゴリーのいずれかについて専門的な研究ができる。





カリキュラム・ポリシー


外国語学研究科は、先行研究や文献、参考資料の解読などのリサーチの目的にかなう高度の英語力および専攻分野に関する専門知識をあわせもち、それを基礎に新たな知を創造し、その知から新たな価値を生み出してグローバルに活躍できる人材を育成するため、国際通用性のあるカリキュラムを編成しています。


① 英語によるコミュニケーション能力ならびにアカデミック・ライティング能力を研磨するため、英語のネイティブ教員が担当する科目の履修を推奨しています。

② <国際協力>、<国際ビジネスコミュニケーション>、<英米文化理解>、<英語教育・英語学>の四つの領域から専門科目を選択できるように設置しています。また異なる専門領域から科目を選択し、それらを横断的かつ体系的に学ぶことができます。

③ 修士論文の作成あるいは課題研究の遂行のための指導を行う「特別研究」を2年間必修としています。論文あるいは課題研究の審査を複数教員で行うだけでなく、研究指導の段階から、特別研究を担当する教員以外の複数の教員による指導体制を行っています。

④ 社会人によって学びやすい環境を整備すべく、講義を原則として夜間開講としています。また在学期間を1~3年と柔軟に設定し、入学者のスケジュールにあわせた、履修ペースを可能にしています。さらに各科目とも担当者と履修者の間でe-learning などのシステムを取り入れ、遠隔指導を併用することを可能にしています。



修士課程修了までの流れ


修士課程修了までの流れ 外国語学研究科 大学院.gif